スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

私の好みのパン

 2014-10-13
最近は、砂糖を使わないパンを食べています。

具体的には、フランスパン。

因みに、パンに砂糖が大量に使われています。
(知ったら驚くことは間違いないほど、入っています。)

目的は、甘くするためでなく、

しっとりした生地にするためと日持ちがするためです。

でも、

私は、最近、糖質には常習性があるように感じています。

麻薬のようなレベルでないにしろ、満足していても欲しくなる、

そう「別腹」がまさに象徴的かもしれません。

糖質とは、単純な砂糖だけを言うのではなく、炭水化物にでんぷんなど、いくつかの形で含まれるもの。


かなりのパン好き(フランスパンマニア&ベーグル)になってしまったので、

自分の住んでいる近くのパン屋をまとめてみました。

別のブログを用意して、私のパン知識をまとめてみようかとも思っています。

スポンサーサイト

久々のパン教室

 2012-02-27
昨年の東日本大震災3.11は、私はパン教室(最終回授業が始まる直前)にいた。

もちろん教室は中止となり、以来一年近くそのままになっていた。



先生が、補講として声を掛けてくださったのが、

昨日だった。(東京マラソンにも参加しないので、都合が合った)


実は時々家で作るものの、ここ3回は大きな失敗をして、

まともなパンにならず失敗続きだったこともあり、

新鮮な気持ちで、熱中して参加してきました。

DSCF8312.jpg
メインで作ったのは、山食パン。

窯伸びもよく、やはり教室で作ると上手に作れる。

ただ、家でカットしてみると、底部の目詰まりがまだまだ大きく、

クラムの均等さもいまひとつ。

でも、このパン教室の特徴は、小麦の上手さがとても良く引き出されるので、

そのまま食べても味が良く飽きない。


加えてプチパンも。
DSCF8313.jpg

家に持ち帰り、プチパンはオリーブのみじん切りに添えて食べました。
DSCF8316.jpg

私はこういったシンプルな食べ物や食べ方が大好き。

油脂分や砂糖を大量に加えることでしっとり感を出すパンより、

バター無しのフランスパンなどの方が味が楽しめ、

パンにバターは塗らず、オリーブオイルをつけながら食べます。


「パンに寝返ったのか?」と言われることも有りますが、

いえいえ、相変わらずうどんはもちろん、米も大好きです。




最近食べることに関して思う事は、

脳が習慣などから欲する食べ物ではなく、

体が欲する食べ物を摂って行きたいと思っている。

お酒やお菓子などは、まさに脳が欲している代表例ではないかと思う。

もちろん、時には食を楽しむと言う観点から、お酒も飲酒も素晴らしいことで、

私も時々頂く。

ただ、体と対話できる感覚は研ぎ澄ませたいと思う。

想いがあふれる、サンドイッチ専門店

 2011-11-26
このブログは、マラソン中心のブログなので、

グルメ的な要素は書かないつもりでいたのですが、

ここ最近、また行きたいと思える素敵なお店と何軒か出会い、

どうしても紹介したくなり、数回だけ書こうと思う。



そもそも、

私は外食をあまりしない。

食べることを大切にしたいからだと思う。

私が、食育などに感心があるのもそのためと思う。



大胆な発言かもしれないが、


私にとって「食事」とは、

「作ってくれた人との『対話』」であると思う。

(本好きな人が、筆者との対話であると表現するのと同じ)

カロリー摂取だけが目的の「エサ」になるのは悲しい。



そのお店に行って感じること、

口にして感じること、

様々ある。

料理は手間がかかる。でも、

食べる人のために手間を惜しんでくれる母親がそうであるように、

作り手から、頂く側への想いが感じられる、

それが人を幸せにし、人を育てるのだと思う。

そんなお店が、私がまた訪れたいと思う店の基準です。


それに対して、想いを感じた時には、最低限一言だけでも、

笑顔で「美味しかったです」と、感想を伝えたい。

値段が安いから、と言うだけでは心は動かされません。



さて、今朝は午前中の仕事がキャンセルになり時間が空いたので、

朝7時オープンの目黒のサンドイッチ専門店「シャポードパイユ」へ、

ジョギングを兼ねて、買いに行きました。
NEC_0169.jpg


サンドイッチに適したフランスパンを毎朝焼き、

ハムも無添加で手作り、オーナーシェフの経歴にも注目して欲しい。


今日買ったのは、

フランス産ブリーチーズとレタス
自家製ハムとエメンタールチーズ
自家製ハムとアボカド・トマト
自家製ベーコンとレタスとトマト
そして、フレンチ・トースト
P1020894.jpg

ちょうど他の客がいなかったので、お話を伺い、

とても誠実な真摯な方で、それだけでも味への期待が高まる。


帰って食べるのが楽しみで、誰かと分かち合いたくなり、

途中、知人がヘア&ネイルサロンをやっているので、顔を出し、

一つだけだがプレゼントしてきた。


食べた感想は、まず、パンそのものの、食感も考え抜いてあるように感じ、

とても香りの良いバゲットである。

また、どれも、あっという間に食べてしまうほど、

それぞれの素材の味もはっきりしていながらバランスがよく、

月並みだが、美味しい。

体も欲する、というか、喜んでいるように感じる。


こういったお店は、貴重であり尊敬に値する。

これからもファンでいたい。

パン作り体験教室

 2010-10-12
最近、パン作りをしている中でみつけた、

パン作り体験教室に参加してきました。


半年前にもいろいろパン教室を探したものの、

自分が参加したい内容に限って男性お断りでした。

独学で学ぼうと思っていて、買った書籍のひとつが

自分の目指す方向にぴったり合っていて、

その方の教室が近くにあり、体験の存在を知りました。


その教室は、小麦粉と塩と少しの砂糖とイーストだけで

とても美味しいパンが作れることを教えてくれる内容です。


作るパンは小さな食パンと丸いパン。

ラッキーにもmax8名の教室で参加者は4名。

男性は珍しいだろうと思ったものの、私ともう一人。

お互い趣味目的。(男性の趣味は、凝りだすと厄介ですから。)

本でいろいろ読み取るよりも、道具の工夫や要領の良さ、

そして何よりも加減がわかりとても勉強になりました。

教室のラストには焼きあがり。
DSCF7337.jpg

先生の言う通りに作ると、素晴らしい出来。

断面はこれまたすばらしい。
DSCF7338.jpg

試食ですが、これはビックリ。

いままで有名なパン屋でも、小麦の香りを強く感じることも少なく

ともすればイーストの香ばかりが感じられることもあるのですが、

香りは小麦の良い香りが強く出ています。

そして一口食べました。

「うまい!」

焼きたてと言うことが大きいのでしょうが、

こんなに上手いと感じるパンは初めて。

小麦の旨味というか、甘みが良く出ています。

なにも塗らずにこのままで食べたい、そう強く思えるパンです。

パンの味にこんなに感動したことは初めてです。


「パン本来のあるべき姿がこれだ!」と強く思いました。


先生もみていない自宅で再現する事は試行錯誤が必要ですが、

これから追求してみたくなりました。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。