スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アキレス腱周囲炎

 2008-04-30
前から、走り出すと感じる右足くるぶし内側の痛みを、

昨日、診察してもらいました。

家の近くに、スポーツクリニックも開いている、割と有名なクリニックらしい。

ただ、私の中には、診察結果の予想があった。

それは、「とりあえず、しばらく休みなさい。湿布を出しておきますから」

どう考えてもそれしかない。

でもスポーツクリニックとは、何か違うアドバイスなどがあるのだろうか

と言う期待もあった。

クリニックは込んでいて、ほとんどが高齢者の毎日通っているように見える

方々ばかりで、新参者の気分で肩身が狭かった。

レントゲンも撮りました。

担当してくださったのは、院長先生。

でも、カルテに字を書くのも大変そうなほどの高齢で、私の足にも、

ちょっと指先で触っただけでした。

「ひねったか、くじいたことは無い?」  「ないです」

「じゃぁ、休ませれば大丈夫だろう。骨は問題無いから

アキレス腱周囲炎だ。湿布を貼って、まだ痛んだらまたおいで」

以上が診断でした。

やはり想像通りでした。

因みに、アキレス腱周囲炎とは場所が違うのに、よく診てくれてないのか・・


先生は「走るな」とは言わなかった。

やはり自分の体なので、自分が体と対話しながら、

コンディションを探る必要が有るだろう。

因みに大事なことを聞いた。

冷やすことは良くないので、温めなさい

とのこと。湿布は鎮痛成分が冷たく感じるだけで冷やしてはいないだそうだ。


私の症状は、普段は痛みは全く無い。

走り出すと少ししてから、痛み出すのだ。


まぁ、自分お体をうまく使いながら、やっていくことが大切なのだろうと思った。
スポンサーサイト

排便管理も必要?

 2008-04-30
最近、深夜に走ることばかりだったが、早く目が覚めたので走ることに。

今日の朝は、時間の制限もあるので、ビルドアップ走法をためすことに。

こういったトレーニングがあることもwebで学んだ。

やってみよう。

世間はゴールデンウィークで行楽に出掛けたりする人も多いが、

私は自営業で、土日祝日も仕事のことがほとんど。

そんな中で出られる大会も限られてくる。

でもいつかはフルマラソンに出たいと思っている。

そのためには、毎日走り続け来年頃には何とかなるかと考えている。

(甘いかな?)


開始 6:00(昨日) まだ体は眠っている感覚

始めから時間の都合で3周と決めて徐々にスピードアップ予定。

1周目 12分15秒 まずはウォーミングアップのゆっくりで

しかしここで異変が。

走ると腸が活発になるようで、良くあることなのだが、排便したくなってしまった。

それも我慢できなくなってきた。

仕方ないと思い、計測を中断しトイレへ(駒沢公園で良かった)

2周目 10分40秒
3周目 9分30秒 やはり足が痛い 血まめも全く治っておらず、当たって痛い

終了時 HRは134

結果 6.4km を 32分25秒

ラストの周回スピードは 4分25秒/km これが維持できれば良いのだが。


今日の疑問点は2つ。

簡単な疑問は、私のHRは苦しくても意外と上がってないこと。

単純な最大心拍数計算では 220-(年齢40)=180

今まで苦しくても140を越えたことは無い。

まだまだ、苦しみながら走り続け(ゼイゼイ言い顔が歪むほど)、

高い心拍数に慣れさせなければいけないのだろうか。

今の感覚では、、、、そんなの無理!

自分に甘いと言うことだろう。


もう1つの疑問は、排便コントロール。

レース前に2kmくらい走れば、そこで排便したくもなるだろうが、

そこで体力を使うのも・・・

でも、排便したくなったらトイレに行くしかないが、それではタイムが・・・

皆、どうしているのだろうか? 不思議だ。

浣腸なども考えていかなければいけないのかもしれない。

でもweb検索しても、情報が出てこない。

んーーん、疑問だ。


因みに、夜も2周走ったが、足も痛くなり、疲れて眠くなり、

最悪の走りになってしまい、2週でやめてしまった。

練習にも目的を

 2008-04-29
今日はゆっくりで、足の筋肉を使うよう、つまり足の筋肉を使って走るよう

意識して走ることにした。(心肺負荷は次回へ)

カロリー摂取もしているので、走らないと体内にどんどん溜まってゆく

気分になるので、走りたい気分。


よくよく周りのゆっくり走っている男性を見ていると、足を上げたり

飛び跳ねるように走っていることがわかるようになってきた。

つまり、LSDの効果を狙った走りをやっている人が

意外にも多いことがわかった。

やはり目的を持って練習することは大切なのだと思った。

つまりだらだら走るのは効果が少ないかもしれない。


開始21:00

1周目 12分35秒
2周目 12分40秒
3周目 12分50秒 なんとなく足が痛い
4周目 12分35秒
5周目 12分45秒 やはり足が痛いのでここで止める事に

結果 5周 1時間3分25秒

カロリー摂ったら、速く走れた!

 2008-04-28
いつも感じていたことだったが、走りながら体内の栄養が

無くなるのがわかる感覚があった。

普段から、自己管理のためもあって、摂取カロリーは少ない方だと思う。


もともと、肉類はあまり食べたいと思わず、果物や野菜中心の

ヘルシーを具現化したような食生活でした。


でも、前の晩から、肉類を含め、摂取カロリーを多くしてみた。

本来はもう少し休むべきなのかもしれないが(足の痛みや血まめ)、

摂ってしまったカロリーを消化しなくてはと言う罪悪感もあって、

無理を押して走ってしまった。


ところが、あーら不思議。タイムが速い。

開始:21:00

1周目 12分00秒 ウォーミングアップのゆっくりした走りを意識
2周目 11分20秒 なんとなく、楽に走れる
3周目 10分55秒 
4周目 10分45秒
5周目 10分35秒 足も痛いのでこれが走る前のラストと思っていたが
6周目 10分35秒 調子が良い気分なので、右足をかばいながら
7周目 10分35秒
8周目 11分00秒 足の痛みが強くなってきた。フォームもかばっている。
9周目 11分15秒 何とか、キリの良い10週を走りたくなってきた
10周目 11分25秒 我慢できず、2分ほど座って右足首をマッサージしてから

結果 21.4km を 1時間50分25秒

終了時HR 112bpm

  5分10秒/km  


これは何と言うことだろう、自分が一番ビックリしている。

カロリーを摂っただけでこんなに楽に走れるなんて。

足首の痛みが無ければもっと長く走れるのに・・・

終わった後の疲労感も、かなり少ない(尿酸の発生量が違うのか?)。

前は、その場で倒れて眠りそうだったのに。

スピードに乗るピークが、以前は2、3周目だったのに、

今回は5、6周目だった。

“たられば”はいけないことだが、足さえ痛くならなければ・・・


でもタイムを見てみると、これでもやはり遅くて情けない。


今回はとても重要なことを学んだ。

私には、栄養が足りなかったのである。

これからどんどん食べよう。

またもや腹痛

 2008-04-27
雨上がりを狙っていたら、夜になって雨が上がってくれた。

これは走りにいこうと思うが、ここ数日悩んでいることの1つが、

食事のタイミングである。

ランニング直前は当然、腹痛を発生させることが考えられる。

かと言って、時間が空けばよいかと言うと、空腹でいが引っ張られる

感覚で走れなくなることも経験。

他のエキスパートの方たちは、この点についてもかなりの経験を持って

ランニングに望んでいるのだと思う。

夕食は19:30から30分ほど。

走り始めは、23:30。

つまり3時間半、空いている。


でも、なんとなく腸も消化中で活発な気がする。


でもいざ開始。

1周目 11分30秒 まずは体を温めほぐすように
2周目 11分20秒 やはり、消化器辺りの違和感が。ラストは痛みが。
3周目 11分10秒 やはり、どうしてもお腹が痛くなってしまった。

結果は、ラストお腹を押さえながらだったが、

6.4kmを 34分で。

加えて、右足のくるぶしの内側の上がまた痛み出したこと、
両足の血まめが酷くなりそうな気がしたので、中断することに。

走りたい気持ちはあるものの、故障しないようにコントロールすことも

今の私は学ぶべきことかとも考えた。

ランナーとして上達するのは、ただ走っていれば良いというものでは無い様だ。


徐々に経験しながら、悩み考え、自分に合った答えを得てゆくことになるのだろう。

今のレベルを確認

 2008-04-26
大会にエントリーしたからにはと、メラメラ燃えてくるものがある。

もちろん、ビギナー1人で初めての大会参加なので、かなりの不安もある。

でも、まずはやってみなければ。


西湖のレースは20.7kmとあるので、今日は10周 約21.5kmを走り、

現在の私のレベルを確認しておこうと思った。


開始 昨夜21:30

1周目 11分35秒 直ぐに、胃が引っ張られる感覚に襲われる
2周目 11分15秒 
3周目 11分10秒
4周目 11分40秒 足音に靴を擦る音が入り始めたので、意識して足をあげるように
5周目 11分10秒 体が焼けるような感覚になる(エネルギーの枯渇と思われる)
6周目 11分30秒 これ以降はずっと「あと何周!あと何周!」コールで乗り切る
7周目 11分25秒
8周目 11分40秒
9周目 11分40秒
10周目 11分40秒 正直、今の自分のベストだと思う。疲れた。

結果 1時間54分45秒
終了時HRは 126bpm

今日は反省するところがたくさんある。

まずは摂食のタイミングのコントロールが出来ていない。

前回は、食後3時間で走ったところ、まだ消化が完了していないのか、

または腸の活発な消化活動の影響か、かなりお腹が張るように痛みが発生していました。

そこで、走りに行くのは食事前と決めていた。

この日は、朝が早かったこともあり、

朝食は、グレープフルーツと、野菜サラダ
昼は14時頃に、グレープフルーツ

因みに私はグレープフルーツが大好きで山のように買いだめしてある。
最近は、体が欲する食べ物ではっきり解るのが、オリーブオイル。
ここ2週間で、1リットルのオイルを、私1人で飲みきってしまった。

そのままよる走ったものだから、空腹で逆に胃が引っ張られるようになってしまい

違和感がずっとあることと、エネルギーがなくなってしまった感覚にまた襲われた。

スタミナ不足は確かであろう。

食べた後の走りも、腹痛の恐怖を感じるし、悩ましいことなので、

他の人の摂食タイミングをwebで調べようと思う。

もうひとつ、走り始めて感じ出したのが、先日の走りで足に負荷をかけたので、

筋肉痛ではなく足の筋肉の疲労が溜まっていることを感じた。

最近、がむしゃらなところが出てきているので、考えながら走らなくてはとも思った。

足を休ませなければ。


それにしてもタイムがあまりにも遅く、ガックリ!

これだとフルマラソン、完走できたとしても5時間は越えてしまいそう。

あー、情けない。

大会にエントリーしちゃった。

 2008-04-25
実は、何かしらの目標も欲しいと思いwebを見ていたところ、

日程で参加可能な大会があり、勢いで申し込みをしちゃいました。

6月15日 山梨のSAIKOロードレース。

それも無謀なのか、20kmの部。

ゆっくりでは有るが、20kmは最近走ったので、完走は出来るのでは

と思っています。

今の自分がどのくらいの記録なのか、大会の雰囲気や他の人の熱意などを

感じてみたいと言うこともあります。


申し込みを済ませると、無性に走りたくなり、24日の深夜の雨上がりに

また走ってきました。

雨上がり直後、道は濡れて、風が吹くと木の枝からかなり水滴が落ちてくる

そんな状況でした。

スタート:23:30
また飛び跳ねるように、特に足の筋肉を意識して使うようにしました。

1周目 12分20秒 
2周目 11分25秒
3周目 12分25秒
4周目 13分00秒
5周目 13分5秒


結果、5周 10.74kmを 1時間2分15秒で
終了時HRは 118bpm

終了時に感じたことは、足の筋肉への負荷を意識して走ったものの、

心肺負荷が少なく、118拍と言うのは、かなり楽なレベルで、

せっかくの練習、心肺も鍛えないともったいないと感じた。

次回は意識してみようと思った。

遅いのは承知

ハムストリングス

 2008-04-24
ラジオで聞いた言葉で、「ハムストリングス」という言葉があることを知った。

スポーツ選手は(特にサッカーなどでは)、このハムストリングスを鍛えることに

かなりエネルギーを注いでいるようである。

具体的には、足の裏側の筋肉と言う解釈で良いようだが、体全体の後ろ側の筋肉は、

背筋等も含めスポーツにはに非常に重要な筋肉で、鍛えにくいもののようである。


私はジョギング初心者なので、ベテランの方々がどのようにトレーニングや食生活、

大会への準備をしているかわからない。

そこで、ネットを使って、疑問に感じたことなどを解決してゆく。

先日も、LSDと言う言葉もネットで知った。


結論としては、とにかくハムストリングを鍛える必要があるように思う。

またどこかのカルチャースクール的なアドバイスをもらえる場に参加することも

そろそろ考えても良いかもしれないと思った。

今夜は、雨が降っているため、ここ数日、走れていないため気分がすっきりしない。

また、3段飛びのような走りで、ハムストリングスを鍛えようと思う。

どうしても走りたくて

 2008-04-23
両足の人差し指先端の血まめがあまり良い状態ではない。

前回の走りでは、右足首も痛みを感じている

休もうと思ったものの、走るのが楽しくなってしまい、どーしても走りたくなってしまった。

自分がここまで走ることに快感を覚えるなんて、想像もしていなかった。

駒沢公園は、走っている人がいるので、連帯感や張り合いがあるということは事実と思う。

それと、タイムを計っているので、自分のコンディションを知るのが楽しくもなっている。

そこで、目的を持って、短距離ではあるが、3周まででやめることを決めた上で、

遅くに帰宅したその後で走りに行って来た。

天候:晴れ(夜なのでどうでも良い)
開始時間:23時40分


今日の走りの目的は、ゆっくりで良いので、足の筋肉を使うようにしながら、

姿勢を正しく維持、ストライドを大きくするよう足の筋肉をわざと使うこと。

これをテーマにした。

1周目  11'55"  3段飛びをするように(走りとしては効率が悪い)、上体は腕を使わず
            足の筋肉と腹筋などを意識して使うように
2周目  12'10"  血まめも足首痛も無い。足の筋肉だけで走っている感じでかなり疲れる。
3周目  12'10"  辛くないので、2周で止めようかなと言う悪魔のささやきは全く無かった。

合計、6.4km 36分15秒

とりあえず、足の筋肉には、良い負荷がかかったように思う。

このストライドの走りが、スピードとリズムに乗れば良いのだが、そう簡単には
いかないのかもしれない。

最近はwebでいろいろな人の経験談などを読みながら、自分なりに
ランナーとしての知識を蓄えている。

いつか大会にも出てみたくなった。

特に、山岳トレイルラン競技。
山育ちの自分には、小さい頃からの体の作りが向いているように思えてしまう。
(何も知らない今のうちだけだろうが。)

こんな時間でも走る人はまぁまぁいるものです。

勝手に連帯感を感じながら走っています。

LSDがもの足りなくて、無理しちゃった

 2008-04-21
2日前の深夜に走ってから、体が走りたくてウズウズしてしまうのがわかる。

まだ血まめが治らないため、もう少し間を空けてからと思ったものの、
やはり我慢が出来ず、空いた午後の時間にLSDで走ることにした。

正直な気持ちとしては、LSDがもの足りなく感じて体力が余ってしまっているからかもしれない。

ゆっくり走れば血まめにも影響しないだろうと思った。

天候:曇り時々晴れ
開始時刻:14:30

景色

(私がスタート地点にしているポイントの風景:通称ブタ公園の前)


どうしても前回のもの足りなさがあったので、自分に効果的な負荷を探ろう、
それが今日のテーマです。

加えて、姿勢を意識して維持すること、ストライドを大きくすることもポイントにしました。

1周目  12'05"  ゆっくりとは思いながら、
2周目  11'35"  おしゃべりはちょっと難しいが、このペースなら長距離は走れそう
3周目  11'40"  
4周目  11'30"  右足首の痛みが再び始まる
5周目  11'20"  靴の中の血まめが気になってくる
6周目  11'10"  
7周目  11'00"  電話がかかってきたので、折り返し掛けるためにもここで終了

トータル1時間31分20秒
ゴール時のHR=132
総距離=15.03km
平均速度=6分05秒/km


しかし、足の血まめには、負担を掛けてしまったようで、左足が酷かったものの
右足もかなり酷くなってしまった。
さらに右足首がかなり痛むようになってしまった。

これらを考えると、気持ちは走りたいものの、完治するまでもう少し休むべきであったと思う。

残念だが、しばらく休まざるを得ない。


ただ、今日の走りで、自分のペースがこの速度で長く走れる自信がついたことは、

大きな収穫であった。

腕時計購入

 2008-04-20
今まで、周回のラップ計測は、ポケットに入れた短距離用のストップウォッチっを使っていた。
ラップ計測機能は、1ラップを表示するのみであった。
握った感触は良いもののジョギングには不便を感じていた。

持っている腕時計は、仕事で他の人に時間を見せるシーンも多いため、
シンプルなアナログタイプで革のバンドのものを利用していた。
(これもジョギングには不向き)

そこで、、買っちゃいました、腕時計。ラップ計測機能つき。
腕時計


ラップ数が多いことが1つの条件で、太陽光発電、バックライト、計算などの機能がある。

心拍数計測機能のタイプもあったが、それは自分で測れば良いだろうと諦めた。

一般のランナーがどんな腕時計を使っているのかは知らないので、
何でも良かったが、とりあえずオークションで5000円くらいで購入。
CASIOのPHYS (STR-210J-8JF)

結構軽い。かなり満足できそうである。


ジョギングは、ウェアや装備など、お金がそれほどかからず始められることがすばらしい。

私は以前、15年位前だが、競技志向で空を飛んでいた。

当時はサラリーマンだったが、収入も週末の時間もほとんどその趣味につぎ込んでいた。

それから比べれば雲泥の差である。

ただ、その時の思いは、冬眠しているだけであって、いつかまた
復活することを胸に誓い、翼をたたんだ。
まだ復活するには経済的にも時間的にも無理があるが、
50歳くらいまでには復活を考えている。


いずれにしてもジョギングは全てのスポーツの基礎にもなる。

最近走るのが楽しくなってきた感覚がある。

春の天気は3日の晴れ無しと言うほどで、確かに雨や曇りが多いここ数日である。

方針変更、LSD採用!

 2008-04-20
ジョギングには、LSDと言う有名な走り方があるそうです。

Long Slow Distance の略。

長い距離を、かなりゆっくり(おしゃべりが出来るくらい)の速度で、長い時間をかけて
走るトレーニング方法だそうです。
ネットで調べだしたら、たくさん出てきました。

先日、得意先のジョギングをしている人から、アドバイスを10分程いただきました。


私には、LSDが必要と言われました。

その人の診断内容は

今は、もともとの心肺機能の強さで走れているが、
それでは体全体のバランスが取れておらず、記録は伸びない。

例えば、ウエストが細いのは、余計な皮下脂肪や内臓脂肪が無いことで良いが、

長距離を走るには、筋肉が無いことを意味している。

因みに私のウエストは大体65cm
ウエスト


腹筋や背筋、お尻の筋肉もかなり必要。
私は腹筋なら50回くらいが1度の限度だが、そんなものでは長距離は走れないとの事。
その筋肉はどうすれば付けられるか?

LSDで走りながら、補うために腹筋もするのが良い。

駒沢1周だったら、15,6分くらいが良いだろう。

勢いで速く走れるものの、ゆっくり走る方が筋力は必要になる。


とのアドバイスでした。


アドバイスを頂き、目から鱗が落ちました。



と言うことで、今日からLSD実行してみることに。

やっと雨も上がりました。

血まめも少し良くなりましたが、LSDだったら負担が少ないと思われる。

昼間時間が無かったため、走り始めの時間が、

開始時刻:23:40

これから1時間や2時間、走るとなると退屈そうなので、
(携帯電話がイヤホンで音楽を聴けるので、)
イヤホンで音楽を聴きながら。

雨上がりの曇った深夜で風が強く、寒い。

1周目  13'15"
2周目  13'33"
3周目  13'40"
4周目  13'15"
5周目  13'40"
6周目  12'55"
7周目  13'00"
8週目  13'40" (妻からの心配のメールに走りながら返信を書いていた)
9周目  13'30" (妻からの心配のメールに走りながら返信を書いていた)
10周目 13'10"
11周目 13'25"

合計  23.6km を 2時間27分

速度は 6分15秒/km

走り終わったときのHR(心拍)は、128bpm(beats per minute)

感想としては、これで練習になるのかな?と思えてしまう。

おしゃべりはちょっと苦しいながらも通常通り出来るくらい。

逆にもっとゆっくりは、歩く競歩のようになり、難しい。

確かにこれであれば、まだまだいくらでも走れる。


今回2時間半で止めたのは、左足の血まめが酷くなりそうな感覚が8周辺りから始まったこと、

それをかばうように走ってしまい、左右の足のフォームが対称ではなくなり、

そのため、右足首が痛くなってしまったからである。

ついでに言うと、ボーっと走っていて眠くなったことも理由のひとつ。

血まめはもう少し休む必要がありそうだ。


筋肉痛などは、いつもと比べたらほとんど無く、やはり物足りない。

が、1つ気付いたことは、今まで走る中で、ほとんどのランナーが私を抜かすことなく、

LSDの走りを実践していたのだ。

おしゃべりしながら、音楽を聴きながら、競歩のような走り方であったり。


これは続けてみる必要はあるようだ。

でもこんな深夜のジョギングは、当然、女性にはおすすめできない。

血まめ

 2008-04-19
昨日の走りで、3周くらいから、左足の中指前端に、違和感があった。

そのまま走り続け、帰ってから確認したら、指の先端に血まめがが出来ていた。

血まめ


右足は、始めの頃出来てしまい、軽かったので気にしていなかったが、
左足は、かなり酷いようである。

なぜならば、爪が地まめの上にある状態のため取れてしまいそうで(ブヨブヨ)恐い。
爪が取れてしまったら、生えてこないと思う。

ちょうど昨日の昼から、雨が降っているので、3日位は休もうと思う。

その間に治るだろう。


こういったコンディション管理も上級者への道では必要になることである。
やけくそになってはいけない。


でも、なぜ血まめが出来るのか?

靴は足に合っているように感じている。


ネットで調べたところ、大半の意見が、靴のサイズが合っていないということだった。

でも私は今の靴で数回走って、今まで大丈夫で今回このようになってしまったので、
それが原因と思えなかった。

他にも調べたところ、【楽しく走る人のランニングガイド『ナイスラン』】と言うブログで、

「速くなる! ランニングシューズの履き方」という記事があり、

靴紐の絞め方の問題である記事を見つけ、これではないかと思った。


私の靴は、足首側でしっかりホールドして、靴の中は広くふんわり包まれている感覚であった。

足の甲をもう少し締める必要があるようである。


やはり、細かいところから、ベテランに教えていただくような場が有ると、

余計な失敗や遠回りが無くて済むのかと思った。

早速実践しようと思う。

落ち込んでいる時こそ走ろう

 2008-04-17
昼からは天気予報で雨になり数日降り続くらしい。

まだ降っていない今のうちに走っておこうと、朝走りに行く。

もう走り始めて数日経つが、進歩が感じられない。


走っている最中には、いろいろなことを考える。

普段は机の前で悶々としているが、走っているとまだ気が紛れる。

実は昨日、仕事のことでここ最近準備してきたものが、全く無駄になり
うまく行かない(また新しく他の得意先を探さなくてはならない)事が解った。

正直、結構、気持ちが落ち込んでいる。
出来ることなら数日間いじけて寝ていたくもなってしまう。
でも現実を受け入れ次へ進まなければいけないことは万国共通の確かなこと。

そのためにも、走りながら気持ちを整理することは効果が大きいと思う。

とりあえず、何も考えないようにするのではなく、次に気持ちが集中するよう
走ろうと思う。

天候:晴れ
開始:7:10

私の気持ちを映すかのように、空は今にも泣き出しそう。
男だって、落ち込む時はたくさんある。
それをブログで書くかどうかの違いである。
もちろん人と逢っている時には、そんな雰囲気は出しません。

1周目
   まずはゆっくりから始めようと思う。
   ↓ 11分30秒 
2周目
   気持ちの問題であるが、落ち込む時には徹底的に落ち込んだ方が良い気がして、
   走っていても仕方ない気もしてきて、この周で終わりにしてしまおうかと、
   心の中で葛藤が起こり始める。
   ↓ 11分20秒
3周目
   もうこの周で終わりにしたくなってきて、たまらない。
   ↓ 10分30秒
4周目
   でも自分に活を入れるには、この走ることが今は一番であるので、続けることに。
   ↓ 10分30秒
5周目
   やけくそでもいいから、体を動かそうと思う。
   ↓ 10分00秒

仕事へ出る時間も有るので、5周で終了。


ここ数回の走りで、体の中の栄養源が枯渇しているような感覚に襲われることがある。

確かにもともと、コレステロールなどは低過ぎて(総コレステロールが90~100)

食べたいものは、果物や野菜。

特にここ数日は、体がオリーブオイルを欲しているように感じ、

サラダを食べる時には、スープか?と言われる程のオリーブオイルを掛け

飲むように食べている。

今回も5周目辺りで、体全体が焼けるような感覚と、エネルギー不足を感じた。

この辺りは、研究の余地が大いに有りそうだ。
確かに走る前より体重が2kg弱、落ちている。


結果、5周 10.74kmを 53分50秒で。

6周に挑戦

 2008-04-16
昨夜は早く寝たので、その分、早く目が覚めた。

そこで、昨日失敗した分の挽回もしたかったので、早朝、走ってきた。


朝の水は、いつものような大量ではなく、コップ2杯だけにしておいた。


天候:晴れ
開始:5:40

まぁ、予想に反して、多くの人が走っているものです。

皆、それぞれ自分の走り方、ペース、楽しみ方で走っているように感じる。

音楽を聴きながら、複数の人とおしゃべりしながら、歩いている人、後ろ向きに走る人、

いろいろな人がいます。

1周目
   昨日は、最初からスピードを上げすぎたことに腹痛の原因があるように思ったので
   ウォーミングアップの走りを意識。
   しかし、また痛くなってしまうのではという恐怖があるのと、胃に違和感があった。
   空腹の胃だが、着地の振動で胃が引っぱられてしまう感覚で、胃下垂になるのでは
   とも思えてしまった。
   ↓ 10分40秒 
2周目
   徐々に、が功を奏したのか、腹痛も無くペースも上げられる感覚。
   ↓ 10分10秒
3周目
   ↓ 10分20秒
4周目
   ↓ 10分40秒
5周目
   もう一周してみようという気が起こる
   ↓ 10分50秒
6周目
   ペースダウンがちょっと気になる。
   足が前へ出なくなってしまったように思う。
   ↓ 11分00秒


結果、6周 12.8km を63分40秒

これでは、ハーフマラソンを目標にしても、まだまだ遠いなと感じた。

今日も失敗、何故だ!?

 2008-04-15
仕事が終わり、17時過ぎに家に着いた。

間が空いたが、今日は走ろうという意気込み満々で帰った。

すぐに走りに行こうと思ったが、珍しく小学生の息子が、

サッカーを一緒にしたいというので、家の前の道路(車は頻繁に通らない)で

キャッチボールやサッカーをひとしきりする。

そのうち、70m走の練習がしたいと言い出し、ストップウォッチを持っているので、

目測の50mを決めて、測ることにした。

結構、楽しい。

1度走ったところ、タイムは10秒30位。

そう言えば、10mのメジャーがあることを思い出し、家から用意し、

チョークで道路に70mのゴールラインを測って書き込んだ。

これだけでも立派な競技場になってしまった。

しかし、練習場を作ることに夢中なあまり、出来上がってしまうと走ることは

どうでも良くなってしまった感があり、息子も1度走って終わりにした。

多分、明日からは、近所の子たちと70m走の練習をするのかもしれない。
(一方通行で幅があり車があまり来ないので、安全が確保しやすいところです。)




その後から走りに行きました。

前回、腹痛で途中で終わっているので、今日は5周は少なくとも走りたい気分。


天候:晴れ
開始:18:30

1周目
   間が空いた分、気持ちが先走ってしまうのか、足も軽やかに感じ、
   釣られて走ってしまった感じ。
   ↓ 10分00秒 
   ちょっと早すぎかとも思うが、5周維持は難しくないように感じた。

2周目
   2周目を半分過ぎた頃、アクシデント発生。
   またもや脇腹が痛み出してしまった。
   食べてもないし、食べずにいてもなってしまう・・・
   インターネットで、ちょっと調べてみようと思う。
   歩きながら回復し、走っては痛んでの繰り返し。
   ↓ 13分00秒


これで帰るのは、ちょともったいないと、腕立て伏せなどをして、時間を過ごしたあと、

今からと思い走り出したが、やはり直ぐに腹痛が発生してしまい

仕方なく、今日は諦めることにしました。

スポーツジムの受付

 2008-04-14
今日は、仕事があり結局は走りませんでした。

ランニングで、気持ちがイキイキしてきた気分なので、他にも色々挑戦してみたくなりました。

そこで、自宅から一番近い、スポーツジムに話を聞きに行ってきました。

そもそも、スポーツジムとは、私の中でブルジョアな文化であり、

平民の自分などが行くところではない、ましてや駒沢公園近くなわけで、

私とは桁外れの年収を稼ぎ出している人達が多い中、ノコノコ出掛けるのもどうか

と昔から偏見を持っていました。

走るなら、いくらでも走るところはある。


ただ、トレッドミルで走る気も自分の体を観賞用にする気も無いが

水泳をしたくなってきたので、入会を検討しようと立ち寄ってみた。


受付には、スポーツジムはこれだ!と言わんばかりのユニフォームの女性が。

「すみません、カタログなんかいただけますか・・・・・」

と私としては、スポーツジムのカタログを人生で初めてもらいに来ると言う初体験なわけで

ソフトに、尻込みしている雰囲気も出しながら、「素人でーす」と言う演出で声を掛けてみた。


「はい、これを書いて提出してください。」



「・・・・・・・」



この後に言葉が無く、他の方の会員証を整理し始めたのである。


私としては、言葉通りの対応はしてもらったものの、本当の目的は達成できていない。

狙いは、こちらのやりたいことなどを聞き出してもらい、是非とも入会してみませんか?

そんな説明を聞きたかった。

でも、言葉通りの対応だった。外国では、これが当然のようにも思える。

受付の女性も、帰国子女で国際感覚がしっかりと身についているのかも知れない。




いろいろ考えさせられた。



結局スポーツジムは、カタログを見る気も失せて、ジョギングに専念しようと思った。

俺には似合っていないのかもしれない。

今日は失敗

 2008-04-13
今朝は昨日からの雨が降っていて、かなり寒い一日。

気分的には行動的になりにくい。

でもこういった日こそ、自分を奮い立たせる意味で、走ってみようと思った。

今日は日曜日。でも午前中、仕事があるので、帰ってきてから。


昨日から、食事がろくに出来ておらず、今朝も大好きなグレープフルーツ1個

(私にとっては主食に近い)を食べただけだった。

しかし、ここが大切なキモである。

経験した人はわかるだろうが、小食にし消化しやすい、特にフルーツなどを食べていると、

体はエネルギッシュになるのである。

これはいかに普段の食事で、消化吸収に体力を消耗しているかと言うことになる。


朝からこの状態だったため、力が溢れている気がするものの、食欲も旺盛となる。

そこで通りがかりのスーパーで目に入った、食べたいものを買ってきた。これが私の主食。

グレープフルーツ、レタス、大根、見切り品のメロン、
バナナ、苺
を購入。

一旦家に戻ると、どうしても、バナナを食べたくなり食べ、さらに残っていたレタスサラダを

漬けるほどの量のオリーブオイルをかけ、食べてしまった。

(ここ数日、オリーブオイルが無性に欲しくなり、1リットルがもうすぐなくなりそう)



しかし、これがいけなかったのだろう。


天候:曇り
気温:かなり寒く、じっとしていると震えがくる
開始:15:30

公園についてみると、今にも雨が降ってもおかしくなく路面も乾ききれない天気で
寒いにも係わらず、かなり大勢の人がコースに出ている。
さすが日曜日。
今まで私を抜かす人はいなかったが、準備体操中見ていると、
本格的な速い走りの人も大勢いる。

これは、後ろからフォームなどの確認できるぞと、ワクワクしてきた。


1周目
   準備体操を兼ね様子を見ながら走る。
   この日は、仕事の電話やメールが来る可能性が大きかったため、
   一般的なウエストバッグを肩から首辺りに掛けて走る。
   ↓ 10分30秒
2周目
   1周を終わったところで、急に、脇腹が痛くなってしまった。
   中学時代の体育の先生は、そうならないための方法を教えてくれなかった。
   つまりは、そうならないための確実な予防法は見つかっていなかったのだと思う。
   現代のマラソンの科学はは、その点について明らかに出来ているのだろうか?

   やはり、さっき食べたバナナとサラダがいけなかったのか・・と反省

   とにかく、痛くなってしまったものは、休んでも復活してしまう。
   ちょうどそこへ、くる予定だった顧客からの電話が入り、話し込む。

   休憩にもなったので、スタートラインへ戻り、再度スタートし直す。

   が、やはり、走るとすぐに痛み出し、しばらく歩いては、ちょっと走っての繰り返しで
   1周した。

   痛いところを手で触って探ると、便が詰まった腸なのかと思う内臓の感触があった。
   でも原因不明。
   タイムは意外にも16分30秒だった。


今日の反省、健康にいいものだからといって、走る直前は摂食に注意が必要なのだろう。


体重を量ってみたところ、
62.3kg  体脂肪率9.5% だった。

私は、この体脂肪率の意味が良くわかっていない。

私は体質なのか偏った食生活の影響か、総コレステロール値が低すぎる。
それとも関係が有るのかわからないが、低ければ良いと言うものではない様にに思う。

特に女性で低い人は病的に見えることが多い。
体内の脂肪が極端に少ない人は、持久力や健康に影響は無いのだろうか?

3回目

 2008-04-12
気分が乗ってきたので、昨日走ったばかりではあるが、翌朝早朝にもランニング。


昨日辺りから、不思議な変化に気付いた。

なんと、肌がすべすべになっているのである。



今日から、靴を新調したものに変えてランニング。

店頭へ行ったら、いくつかある中で、NIKEのものがすかさず目に入った。

フィッティングしていると、意外と、大きいサイズでないと足に合わず、かなりきつい。

店員さんのお奨めで、日本メーカのものを合わせたところ、足首周りでしっかりホールドして、

靴の中は優しく包まれた感触のものが気に入った。

値段はそれほど高くなかったのに。

とりあえず、今まで7年くらい履き古したボロボロのテニスシューズは、お疲れ様でした。
ニューシューズ



いつも、朝が早く目が覚めやすい体質なので、都合が良いことが多い。

(普通は、体力の温存のため、そんなことは反していると考えがちだが、
なんとなく力がみなぎって来る感覚が体にある。)

実はこの日の午後に、集中力を使う大切にしている仕事が入っているので、
自宅で資料の確認などを行うのが常だが、走りたくなる気分だった。

また朝の駒沢公園を、見てみたかった。


公園に来てみると、まぁ、人が多く走っていること。

歩いている人も多く、中には女性の集団で、井戸端会議ばりの雑談をしながら走る人もいるが、
どの人を見ても、走ることに意義を感じているように思う。
遅くても歩いてもいい、ただ人と比べて頑張っているような人はいないように見えた。
とても良いことだと思った。

徐々にタイムをあげてゆきたいと思うが、まだまだ、足がついていきいれていない気がする。
筋肉痛はもちろんあるのだが、足の肉付きが、筋肉中心になってきた気がする。
でも、パンツ類のモモのぶぶんがきついものもあったので、太くならないことを祈りたい。
(私の体型は、お尻まわりと太ももがやけに太い)

朝、水を1杯だけ飲んできた。
通常、代謝が良いタイプで、1日に少なくとも2リットリル、多い日には、
5リットルくらいの水を飲んでいる。
起き掛けにコップ5杯は完全な習慣になっている。
この日は、お腹が気になり、走る前には抑えておくことに。



早速今日の結果。

天候:晴れ
開始:7:00


1周目、
   今朝もすがすがしい気分。
   ↓ 11分05秒
2週目
   この日も、走り続けられる速度負荷を探ろうと思っていた。
   ↓ 10分35秒
3周目
   
   ↓ 10分30秒
4週目
   
   ↓ 11分00秒
5週目
   
   ↓ 10分30秒
   総時間 53分45秒。

平均時速。
昨日とほぼ同じ。


今日で3回目となるが、走りながら、非常に多くのことを考える。

この考える時間は、今までの生活の中で、なかなか作れない心境だった。

いつもは、深夜や早朝に、パソコンの前に座ったまま、今後の仕事の展開や、

自分の性格などについて悶々とする毎日だった。

もちろん、答えも見つからず、結果からすれば無駄な苦悩なのかもしれない。

でも走り始めてから、気持ちを前に向けられるようになった気がする。

これが、世界のエグゼクティブや経営者がジョギングを好む理由なのだろうか。

もっともっと頑張ってみたいと思った。

2回目、手で持っていたウエストバッグは無しで

 2008-04-11
仕事もあって1日間が空きました。

筋肉痛は、徐々に治まってきており、翌日のロボコップ歩きは、無くなったものの、
特に股関節を開こうとすると、かなりまだきつい。
ストレッチなどをしっかりとやるように、聞いたことがあったので、やったつもりではあるが、
足りないのだろうか、それとも、もともとの筋肉不足なのか。


私が続けてみたいと思った大きな理由は、

世界的なエグゼクティブや経営者は、皆(と言うくらいに)ジョギングや運動を欠かさない。

もちろん、私が知らないメリットがあるはず。

それを追求してみたい!

と言うのが理由。



今日の目標

とにかく、長く走れる体への負荷をキープしてみよう

早速今日の結果。

天候:晴れ
気温:18℃くらい
開始:9:30

他人の、様々な走り方をしているんだなと、人間観察をしているととても楽しい。

1周目、
   やはり、最初の周は体の各部分の動きを確認するよう様子を見ながら走る。
   ↓ 11分30秒 
2週目
   最初はこんなものかもしれないが、最初から無理はせず、長く走れる負荷を探すつもりで、
   またまた様子見。
   ↓ 11分20秒
3周目
   そろそろ本気になろうと思う。
   ↓ 10分30秒
4週目
   かなり足の筋肉も腰も辛さが感じられてきた。
   ↓ 10分30秒
5週目
   今日は午後から仕事があるため、これ以上は走られないので終了
   ↓ 10分00秒  ちょっと頑張りすぎかな。
   総時間 53分50秒 

終了直後の脈拍は、34拍/15秒 = 132bpm

平均時速は 5分00秒/km


この日は、走り初めが前日の雨の続きのうす曇だったものの、走っている4周目辺りで、
すっきりした青空になり、公園の新緑を通して見上げた空が、滅多に見れない
きれいな色同士の対比で最高だった。

やっぱり続けてみたいと、思うようになりました。

今日からジョギング開始

 2008-04-09
先日、市民ランナーの素敵な方と知り合った。

年齢は私より上だったが、イキイキとして全く年齢を感じさせないどころか、

人生経験の深みも包容力もあり、

「イキイキされていますね?」

と聞いたところ

「走ってるからかな」



単純ですが、今日からジョギングを始めてみようと思う。


家から少しのところに駒沢公園があり、

1周 2148mのジョギングコースがあるので、

走れる時に、タイムを取りながら、趣味にしてみようと思う。


私は40歳、172cm 63kg 
3サイズは B90 W65 H90
普段の生活で、活発に体を動かしているつもりなので、
今までジョギングなどで、体力消費をしようなどと考えたことが無かった。



早速今日の結果。

天候:晴れ
気温:15℃くらい
開始:13:00

走る前は、20周位して帰ろうと思っていた。

1周目、
   これから数時間走ることを考え、様子を探りながら走った、コースも間違えたけど。
   でもこの周で、20周はあまりに無謀で無理なことを悟る
   ↓ 15分00秒 (あちゃー、この半分くらいが一般市民ランナーなんだろうな、と反省)
2週目
   本気になってきたのかもしれないが、3周が目一杯かななどと思いながら
   ストップウォッチを観たところ、9分20秒 位で止まっていた。
   ウエストバッグを押さえていたからと思い、3周目から、再計測。
   でも今から考えると、取り出したときに止まったのかなとも・・・・
   ↓ ?
3周目
   そろそろ弱気になり、「初回なんだから、この周で終わりにしようか・・」
   などと考えながら。
   ↓ 9分50秒
4週目
   この周で終わりにしようかな、と思うものの、前方を走るランナーの後姿と、
   蹴り上げたシューズの裏面をイメージしながら、何とか頑張る。
   もう一周はしておこうと、次の周へ。
   ↓ 10分20秒
5週目
   このあたりでトラブル発生。
   初回から、昼に食べた玉ねぎのサラダの残物感が胃にあったが、
   お腹の調子が悪くなり、トイレへいきたくなってしまう
   周の途中で止めたくはないし、どうしよう、と変な形相だったと思う。
   「でもこの周で、終わりにしよう、もう無理だ」
   とお尻も引き締めながらスタート地点にトイレがあったので、
   なんとかそのままトイレへ ゴーーーール!!
   ↓ 10分50秒


立てた目標と、実行できた結果の差に自分でも情けなくなり、
反省してその場で、腕立て伏せ30回、腹筋50回をして、自宅に帰る。

はっきりわかるのは、ラスト3周 6.4km を、31分00秒 で走ったこと。

後で見返して、何と不安定なラップであることか。

平均速度: 4分50秒/km


夕方から、筋肉痛が始まり(30歳前半の頃は、翌々日などに筋肉痛になることがあったが、
最近は反応が短くなったように思う)、山登りで、筋肉痛になることはほとんど無いのに、
やはり、山登りよりはかなり大変な運動であることを悟る。

今度、ウェアと簡単なシューズを買おうと決めた。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。