スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ランナーの雨の日対策は?

 2008-05-31
一昨日は、仕事で遅くなり、それでも走るつもりだったものの、
気付けばパソコンデスクに突っ伏して寝ていました。

昨日は、月末処理などもありましたが、何とか時間を作りました。
でもその時間に雨が降り始めてしまったので、諦めました。

今日は一日仕事で、夜は長男の誕生日で久々に外で食事をしました。
前々から、普段走って一緒に遊ぶ時間が少ない息子と
ゆっくり過ごそうと決めていました。

二日連続で走らない日を作らないように決めていたものの、
今日で3日連続で走れていない。

もう、ちょっとした瞬間の隙間に、今夜の天気やどんな走りをしようかと
そればかり考えてしまっています。
やはり、走れていないことで、不安が大きくなっています。


いったい雨の日は、どうしたら良いのだろうか。


ネットで多くのランナーのトレーニングやランニングライフなどを見てきました。

雨の日は・・と言うことからも驚いた方が2人います。

1人は、1年中、休む日がない方です(継続中らいしい)。
この方は、雨であろうが、起伏のあるところを走ったり、しています。
それも20kmや40kmは平気で走れる方のようです。
つまり、スポーツクラブの室内ではなく、必ず屋外を走っているようです。
なおかつ、トップクラスの選手(一般社会人)で大会では優勝を続けているようです。
やはり月間走行距離が600kmくらいまでになるランナーは違うということか。

もう1人は、徳島県の讃岐富士と呼ばれる山に、一年間で1000回登頂されたそうです。
1年といえば、365日、その中で1000回と言うことは、雨や台風の日を考えると、
天気の日には何回登っているのか?
仕事もあるようですが、何がそこまで駆り立てる原動力なのか?????

私などはまだまだとつくづく思い知らされます。

これから梅雨が始まり、思うように走れない日が続きます。
・雨が降っていようが走るか
・スポーツジムに入会して通うか
・諦めて自宅で筋トレをするか

どうしたらよいか思案中です。
そう考えてるところ、今朝出勤中に、かなりの雨の中を走っているランナーを見かけました。
でも靴が濡れると皮膚がふやけ、靴下との摩擦が大きくなりまめが出来やすくなりました。
ちょっと、それも避けたいです。

スポーツジムのトレッドミルは、なんか練習になっていないようで。
(昔、仕事でトレッドミルは扱っていましたが、実際走るよりは楽のようで・・・)

自宅で筋トレも、求める筋肉が鍛えられるのか・・・


5月の走行距離 346.7km

あと10分経てば6月になろうという時間。
6月も志を高く維持してゆきたい。

どうやら私は脚力強化の必要性も高いことが見えてきた(後日書きます)。
6月は山走りなどを加えながら足をもっと鍛えようと思います。
スポンサーサイト

奇跡の花

 2008-05-29
昨日のビルドアップが気持ちよく、結果的には疲れが全く残らない事が不思議。
今日もビルドアップを試すことに。

密かにラストは1周9分をきりたい。

夜、仕事の電話をする必要もあり、仕事も溜まってしまっているので、
5周だけに決めて早く帰ってくることに。

1周目 計測せず ウォーミングアップはフォームを意識
2周目 11’30 焦りは禁物と思いゆっくり
3周目 10’50
4周目 9’15 まだギアが低すぎると思い、ペースの加速を意識
5周目 8’55 ラストスパート
急いで帰って、仕事の続きをしなくては。

遂に、1周9分をきることが出来た。でもたった5秒。
5秒はあっという間であり、まだ満足できるものではない。
計測誤差とも言えてしまう時間である。

でももし、1週間の練習で、1周あたり1秒の短縮を積み重ねることが出来たら・・・
1年後には1周8分?
そんな都合の良いものではないであろうことは、理解しているつもりだが、
それに少しでも近付く希望は持ち続けたい。

距離 10.7km 
終了時HR 156bpm(15秒で39拍) 今までで一番高い心拍数である。 


実は昨日、我が家のサボテンが花を咲かせた。
saboten

とてもきれいで、一年に一日だけこんなに美しい大きな(10cm以上)花を咲かせる。
名前も知らない。

我が家にとっては感慨深いもので、「奇跡の花」と呼んでいる思い出深い花である。
2,3日前から急に茎のようなものが伸びて、一晩で咲いて、一日で枯れてしまう。
それ以外には一年中何の変化も起こさないサボテンにとっては、かなりの負担だろう。
こんな小さな塊の中に、これほど大きな花を咲かせるエネルギーがあるなんて、
まさに生命の神秘です。

このサボテンは今から20年弱前に購入したものの、
今まで大きくなることも花を咲かせることもなく、
その形のまま何の変化も起こしませんでした。

ところが、今から5年前、初めてこの花を咲かせた。
この当時、我が家では家族が入院して回復の見込みがないまま絶望の中にいました。
そんな希望の光が全くない状態の落ち込んだ家の中で、突然として咲いた。
これには皆が驚き、この花を見てきっと良いことが起こる、希望を捨ててはいけない、
そう家族全員で思い直し、奇跡をまた信じようと言う気持ちになれた花です。


以来、毎年、そして今年も咲いてくれた。
サボテンも子を増やし今では複数咲くだろう。

この花を見ると、最初に咲いたときのことを思い出し、心が優しくなれる。
もしこれを見つけたミツバチがいたならば、喜ぶだろうな・・・・。

このサボテンには感謝である。(心の中で)合掌。

ビルドアップが体に合うみたい

 2008-05-28
いつもながら、走る時間を作ることはなかなか難しいものである。

前日の走りが、かなり疲れていることを感じたので、5周と決めて走ることに。

今日の走りは久しぶりにビルドアップを意識して。


自宅から 12’10 右足の甲の骨がちょっと痛む。覚えがない。
            靴紐が当たらないよう何度か調整
1周目 11’00 コースに入った直後に、大きなストライドの大柄なランナーが抜いていった
          まだ、ゆっくり走ってからと思い、のんびりと。
2周目 9’50 そろそろ本気になろう。
3周目 9’45 1周目で私を抜いたランナーが先に見え、徐々に間を詰めて行く
4周目 9’20 そのランナーを抜かそうとしたが、あと3mに迫ったところで、ペースを上げた。
         私の足音を意識している。でも上げたペースを維持するわけでもなく
         抜かされないようにしているだけのようにも。
         「おやっ?」この経験はつい最近あったぞ!と思ったら、思い出した。
         このまえ潰れてしまった時に、私の前を走っって抜かされないようにしていた
         ランナーである。なにぃ、今夜もかぁ!
         少なくとも、私よりは余裕がある走りである。
         いきなり私も面白くなってきた。でも私には余裕が無い。
         今夜の目的ビルドアップには好都合。
         この2人で、多くのランナーを抜いていった。
         結局は、この周を過ぎてからそのランナーはコースアウトした。
5周目 9’00 1周を9分以内で走れ無いだろうかと思い、ラストスパート。
         前回潰れてしまった時には、付いてゆく相手を失いペースダウンしてしまったが
         簡単な解決方法があることに今サラながら気付いた。
         それは、自分の20m位前を自分が走っているようにイメージし、
         それに付いてゆこうとすれば良いだけのことである。
         やはり、8分台は1周だけでも難しいものである。
自宅まで 8’50 クールダウンだが、なぜだろう?足が軽く体に疲れを感じない。不思議。


総距離 13.7km 
コース5周 10.7km 48’55  4’34/km
ラスト4週だけで計算すると 8.6km 37’55  4’24/km

今回不思議だったのは、走り終えたクールダウン中もその後もだが、疲れを感じないこと。
いままで、ラストスパートをかけるとぐったりすることが多かったが、それが全く無く、
自宅までのクールダウンも足が軽かった。

なぜだろう。

確かに、1周だけダッシュしても早い記録は出ず、疲れが足に溜まる感じだが、
ビルドアップをした時には、ラスト周では好タイムが出て、気持ちがよかった。

今言えることは、どうやら、私にはビルドアップが合っているようである。

心臓の鼓動が、必要なペースになる前に無酸素運動のような状態になると、
疲れもたまり、タイムとしても疲労の割には良くない。

この辺りがこれからの練習のヒントになるかもしれない。
いろいろ考えてみようと思う。

今後は、1周を8分台を維持しながら5周を実現させてみたい。

走らない日は、休息日とは違う!?

 2008-05-27
昨夜、19時頃に帰宅したものの、直後に雨が降り出した。

かなりしっかり降っていて、「今日は、走りに行くのは止めるよ」と家族に言った。

ところが・・・

雨は夕立のようで、子どもを風呂に入れたり、夕食の準備を手伝っていると
次第に降りが弱まり、この様子だと完全に止むと私には予想できた。
(昔、気象は我流だが学んだ経験がある)

そうなると、走りに行きたくなる。
でもさっき家族には、(雨だから)走らないと伝えた。


夕食の時に、汁物だけ口にして、ご飯は手をつけなかった。

妻「食べないの」

自分「後で食べる」


この瞬間に、妻の視線が軽蔑に変わったことを察知した。

妻は、ジョギングしていることに反対ではないのだが、
狂ったように走るのではなく、休むと一度決めたのならば、
家族との時間を大切にして欲しい、と言いたいのだろう。
(私の予想)
家族との時間は、ジョギングを始める前とそれほど変わっていないと思うのだが・・・

でも私の中では、走らない日は、休息日と似ているようで全く別と思っている。
休息日は積極的に体を休めたいと思うが、ただ走らないだけの日は、
身に付けた練習の成果が損なわれるようで恐い。

結局、この後の会話がないまま、食後の食器を洗い、走りに行った。

雨上がりで、気持ち良い様でもあるが、ひっかるものが大きい。

今日の目的は、スピードを出して一定速度で少なくとも5周は走ること

自宅から 9’20
1周目 10’10
2周目 9’50
3周目 9’55
4周目 10’05
5周目 9’55 かなり苦しい
自宅まで 8’50

総距離 13.7km 5周(10.7km)の時間 約50分 (4’40/km) 

大したこと無いスピード。
それに、このスピードがやけに苦しい。

やはり昨日の疲れが残っているのだろうか。
そこへ来ての心理的なひっかかり。
足も疲れているという感覚が蓄積されるばかりのような・・・

積極的な休息日へ向けての準備など、いろいろ考えるようにしたいと思う。
休息のための食事内容や、休息日の取り方など勉強したい。

距離を伸ばしたい

 2008-05-26
昨日は天気予報では終日雨の予報だったが、午後から雨が止み
仕事も、入っていなかったので走れる状況になった。

最近は、長い距離を走れるようになる練習を心がけたいと考えている。
一定速度を維持して走れる距離を伸ばしていくようにするよりも、
長い距離を走れるようになった後で、そのタイムを縮めてゆこうと考えた。

とは言え前日も20kmを超え、足も疲れが出ているようにも感じる。
様子を見ながら走ることに。

自宅から 10’10
1周目 10’15
2周目 10’20 湿度が高い所為か苦しい気分(言い訳でしかない)
3周目 10’25
4周目 10’20
5周目 10’35 途中で水を飲む
6周目 10’10
7周目 10’25
8周目 10’25 途中で水を飲む
9周目 10’05
10周目 10’00
11周目 9’55 血まめが酷くなる感触が出る。(フォームの乱れか・・・)
12周目 10’00 最後にダッシュを混ぜたつもりだが、前を走る人との距離は変わらず、
          心拍数を上げ足の筋肉に乳酸を貯めるだけになった気がした。
          つまり疲れた状態でスピードアップしても、結果が伴わず、
          マイナス要因が増えるだけのようである。
自宅まで 9’50 やはり足の疲労が大きい、まだまだである。

総距離 28.8km 総時間  2時間23分
コースでの12周(25.7km)では、 122’55 = 4’47/km(やはり遅い)

気温は高くなり、雨上がりで湿度が高かったためか、途中からシャツの汗が搾れた。

当面のの目標は
・4’30/kmを維持して20kmを走ること(最近このスピードが出せていない)
・40kmを走れる体力をつける
この2つを掲げておきたい。

かなり無謀な目標なのだろうか?

40kmに距離を伸ばすにはただ走り続ければ良いと思うが、
タイムを縮めるための練習は、具体的に何をすれば良いか解らない。
なのでやれることをやるしかない。

コーピングの存在を知った

 2008-05-25
うっかり忘れていたが、申し込みをした西湖ロードレースまで、
あと3週間しかないことに気付いた。と言うか忘れていた。

計画的な走りが全く出来ていない。
とは言え、心の中では、レースに慣れることが目的で、最終目的でもないので、
ただ参加してみようというだけの軽い気持ちであるが。

本番では、気持ちの高ぶりや周りにつられて、どれだけ飛ばして走ってしまうのかも、
自分で確かめたいという気持ちがある。


昨日のラジオで、ゲストに田中ウルヴェ京(みやこ)さんと言う方が出演していた。

私も存じ上げていなかったが、一言で言えばメンタルトレーナー。
「コーピング」(coping:はじめて聞いた言葉だった)の第一人者でもあり、
自身のオリンピック銅メダルの選手経験を分析し、更に深く勉強された方。

今日は雨なので、これから本を直ぐに買って読んでみたい。

ラジオの中で触れていて、特にランニングに関連することを忘れないうちに
書いておこうと思った。
著者の得意分野のひとつ「コーピング」とは、ストレス耐性能力といったような意味。
その解説の中の1つ。

まず「頑張らない」と言うことも大切と強調していることは驚きました。

目標に向かって努力をする時には、問題が起こったり辛くくじけそうになる。
誰もが強くなりたい、耐えられる能力を高めたいとも思うもの。
ストレス耐性を高めたいと願う人の中で、高めてゆける人の多くは、
ただ強くなりたいとか耐性を高めたいと願う人ではなく、
強くなることで(具体的に)こうなりたい、とか、耐えることでこうなりたい、
という目的がはっきりしている人だという話を聞いた。

「走りが速くなりたい」と誰でも思う。
ただ速くなりたい、と言う理由では辛い練習に耐える能力は高まらないようだ。
速く走れるようになることで、どうなりたいのか、何がしたいのか、
その目的がはっきりしている人のほうが、耐性が高まる傾向にあるようだと話していた。


この話を聞くと自分の走る理由を考えてしまう。
いったい自分は最終的に何がしたいのか、自分でも正直なところわかっていない。

他の速い選手や、トレーニング量の多い選手は、どんな理由があるのだろう。
自分もジョギングブームに乗っている1人だが、多くの人はどんな思いで走っているのだろう。

ジョギングだけではなく、仕事も、人生も・・・どんな思いがあって、どんなゴールを夢見て・・・

シューズと血まめ

 2008-05-24
昨日は、出張で上京してきた友人と飲みに行ったため走れなかった。
お互い立場などが似ており、年に数回会っている。
話が弾み帰ったのは26時を過ぎていた。

飲んだ朝はなぜか、早朝に目が覚める。
朝5時には起きてしまった。
昨日できなかった事務処理をしていて、結局9時頃から走りに行った。

最近思う距離を走れていないので、多めに走りたい。
だが午後には出掛ける予定がある。

自宅から
1周目 10’00
2周目 10’00
3周目 9’30
4周目 9’25
ここで、ショップの練習会(ストレッチ&腹筋など)に参加
6周目 
7周目 
8週目 
ここから残り時間を1人で
9周目 11’30
10周目 11’10
11周目 10’45
12周目 10’30
自宅まで

総距離 28.7km


駒沢公園のコース途中に、NIKE RUN CARAVANが開催されていた。
気になったので最後の周途中で立ち寄ってみた。
アミノ酸ドリンクの試飲と、シューズのアドバイスコーナーがある。

アミノ酸ドリンクは、運動とは関係なく世の中に発表された時から注目をしていた。
これからも効果的に利用したいと思っている。

初心者と言うことを盾に、愚問をしてみた

Q.ペットボトル1本は、どのくらいのランニング距離に相当する量なのか?
A.掻いた汗の量だけ摂取するのが理想です。
一概には言い難いです。

Q.摂取のお奨めのタイミングは?
A.一番のお奨めは、運動中の補給です。

とのことですが、実はNIKIの方と言うことが解ったので、質問はこのくらいにした。


シューズコーナでも聞いてみたい事があった。

私の両足人差し指先端の血まめのことを、専門家に聞いてみたかった。

まず私の足の血まめを見ていただいたところ、スタッフの方は驚いていた。
見たことが無いそうです。つまり、普通はならない。
直ぐ思いつくのは、シューズが小さいか、逆に大きくランニング中に靴内で前後に
動いてしまうことが指摘されたが、今の靴は適度な大きさのようである。

試走も出来るとの事だが、私の足は幅が広いらしくその幅に合ったシューズは
用意されていなかった。

血まめの原因は不明のままだったが、考えられることとして、
「始めて間もないにしては、結構走っているようなので無理が出ているのでは?」
と言うことを言われた。
確かに最近は、血まめもあまり酷くならずに徐々に少なくなってきている。

一時期、故障が出るかと心配だった、右足くるぶし内側の痛みも減っている。
いろいろ調べたところ、その痛みの症状名は

「後頚骨筋腱の腱鞘炎」という表現が正しいようである。

一般的な診断としては、原因はオーバートレーニングと考えられる。
対処方法は、トレーニング量を減らし(休んだりもし)ながら、徐々に再開。

最近痛みが無くなったのは、やっと体が付いて来れる様になったからだと思う。

ラインナップがいろいろあることも伺い、またシューズの購入時には
選択肢として考えてみようと思った。


午後から、富士吉田市の病院に入院した身内のお見舞いに行った。

富士吉田といえば、富士山の登山マラソンが直ぐに浮かぶ。
有る意味で聖地と言うことになるだろう。
せっかくここまで来たので、夕方の薄暗い雨の中を、登山口まで行ってみた。

とにかく市役所から登山口までの舗装道路が長いことに驚いた。

ただ私は、出場は出来ないと思う。
確かにネットで調べると、日本一過酷なレースで時間内完走が難しく、
日本各地のトップクラスの選手が出場する大会のようである。
育った環境もあって、山登りでの足腰には素人の中でも自信があったが、
以前、「やりたいなら、実業団クラスの実力になってから考えろ!」
と言われ、私が想像しているどころではないことを教えられた。
この年齢から、そこまでのレベルになるのは・・・

楽しみながら、自分のレベルに合ったレースを楽しむことが必要ということだろう。

家族への配慮

 2008-05-23
仕事で帰りが遅くなり、その上事務処理をしてから走ることに。
一日(休憩を除き計8時間)大勢の前で話し続けたため、かなり疲れていたものの、
次の日が走れない可能性があると思い、今日走っておきたかった。

家を出たのは、25:00前。
さすがに妻も「ムキになって常識を逸脱している」と水を差され、
ちょっと気分が折れ気味になってしまった。
当然かもしれない。

走り始めて、どうも走る元気が無くなってしまった気がした。
やはり明日はまた8時間話をする仕事がある(かなり体力も使う)ことが頭にあるし
気力を維持し続けるためにと、考えてみれば、昼に軽くサンドイッチを口にしただけ。

理由は、
昨日の仕事のように、筋力ではなく、かなりの気力を維持し続ける時には、
消化に要するエネルギーを抑えないと続かないので、食べることは極力抑えないと
乗り切れないことを、長年の経験で体が覚えた。
また頭の回転を冴えたものにするため、血液が濃くならないよう、水は日中で
2リットル以上は飲むことにもなる。
集中力を維持するために、甘いものを少し口にはするが。


そのため、お腹がすいているのだ。

自宅から 8’40
1周目 9’35 かなり飛ばしたつもりが、結果が伴っていない
2周目 9’35 お腹がすいていることも時間も気になり、やはりここまでに
自宅まで 7’50

総距離 4.3km

なかなかタイムを縮めるのは、簡単にはいかない。


空いている時間を走るトレーニングに使うことは、家族に配慮も必要。
私になりにはかなり家事や子育てにも参加しているつもりなのだが・・・
家族が求めているのは、そんなことではないことも解るが、
具体的にどうして良いかがわからない。

珍しく街中ラン

 2008-05-22
夜遅くなり帰宅。
仕事でお願いしている会計事務所に書類を届ける必要があった。
3月末締め決算の後、私が経理のまとめをして、そのまとめの提出をするのであるが、
今年は、こんな時期になってしまった。
そろそろ大慌ての頃である。
理由は、はっきりしている。
4月はじめにジョギングに目覚め、私の中での優先順位を、期末決算処理より、
ジョギングを上位にしたためである。
締め切りの余裕があるので可能であった。

その私がまとめた書類を、届ける(会計事務所のポストに投函)必要があった。

宅配便で構わないし、自転車であれば往復30分位であろうが、走って届けることに。
袋はビニールの外装にして、汗で濡れても大丈夫な状態に。


街中を走るのは、考えてみれば実はほとんど経験が無いのである。

片手で書類を持ちながらなので、腕が振れないのは残念だが、
信号待ちなどで止まることが多いので、気にするほどのことはない。

最近夜が涼しいので、あまり汗を掻かない。
自分としては、5分/kmくらいのつもりだった。
筋肉痛はほとんど経験無いのだが、昨日の走りが乳酸をたくさん作ったようで
足の筋肉が疲れている感じがした。つまり、足が重い。

往路 33分  地図で測って 5.6km  つまり 5’53/km

帰りには、寄り道で先日厄払いをした松陰神社に寄ってみようと思い立った。
ところがなかなか思うように辿り着けずかなり迷い、人にも道を聞いたが、
近くと思って聞いた地点は、まだかなりの距離が有ったらしく、
道順を私がゆがめて聞いてしまったようで、余計迷ってしまった。
グルグル廻りながらも、松陰神社に到着。
お参りしようと思ったところ、夜間は参道入り口でフェンスが立てられ、
入れない状態になっていた。残念。
仕方ないので、フェンス前で、二礼二拍一礼。
帰りは両手が空いて走りは楽だった。

復路 45分 7.2km つまり 6’15/km
そんなに遅かったのか・・・
総距離 12.8km 時間 78分

反省点が1つ。
全く何も持たずに(携帯すら持たず)走ったのだが、テレホンカードか電子マネーか
小銭くらいは持つべきだったか。
急に、なにかコンビニを使いたくなっったら・・と考えると、ちょっと無計画すぎたか。

近くに(片道1.5km)駒沢公園が有る私は恵まれている。
でも時には、街中を走り変化の有る走りも経験が必要だと思った。

いずれは、街中で50km100km走れるようになりたい。


昨日、ネットで1人でトレイルを楽しんでいる方の記録を拝見し、
たまたま、私が考えていたルート(奥多摩)を1人で走ってきた文章を読んだ。
メッセージも送ってみた。
1人でトレイルも、準備や計画を慎重にすれば大丈夫だろうと自信がついた。
早く実行してみたい。

潰れてしまった

 2008-05-21
帰りが遅くなってしまったが、最近しっかり走れていないので深夜に(昨夜)。

今日の目的は長く走ること。

靴が昨日濡れて乾いていないので、古いテニスシューズで、靴底が薄い。

走り出してみると、体が軽い感じではない。

自宅から 9’55
1周目 10’40 自分にちょうど良い10’30を維持しようと考える
2周目 10’35
3周目 10’35
4周目 10’30
5周目 10’25 
6周目 10’05 私が追い越した人が、風除けなのか背後にぴったり付いて
         気持ち悪く、離そうとしたが付いて来る
7周目 10’05 この周の途中で付いてきた人は帰ったようだが、
8周目 9’50 今度は追い越そうとした人が並んだ瞬間にペースを上げて、
         少し前へ出たり接近したりを繰り返す。
         前の周ペースが上がったのでこの調子で抜かそうとするが
         追い越しをさせてもらえない。
         この時点で、かなりのオーバーペースになっているが、走っている際中は
         夢中で何も考えなかった。
9周目 9’35 更に、両手を伸ばして大きなストライドで走る姿に、余裕があるのか
         私もムキになっていた。その人もペースをあげていたようだ。
10周目 10’35 前を走る人はラストスパートでもあったようだが、途中でコースアウトした。
          急に、気持ちを引っ張ってくれる人を失い、失速。
          すると、寒く感じた。気付けば汗が全く出ていない。
          夜気が冷たいとは言え、走っていて寒く感じるとは・・・。
          まだ回復していないのか・・・体温を下げられずに心臓が苦しいのか・・・
          これはまずい状態なのでは・・・と恐くなり途中で蛇口を探し給水。
11周目 11’05 失速どころか、急激に走れなくなってしまう。
          これが「潰れる」と言うことかと悟る。
          体が前へ出ない。
          本当は10周目だと勘違いしていた。
自宅まで 10’15 体も気持ちも、もう全く走れないような状態になってしまった。

総距離 26.6km 時間 2:14’10

前半は 4’55/km
6,7周目は、4’40/km
9周目は 4’27/km

今日の体調では、5分/kmがちょうど楽に走れたのであろう。

課題が多く残った。

・他のランナーにつられてしまうこと。
 ムキになり自分の走りが出来なくなる。

・ペースが、一定に維持できないこと。

今回つぶれを経験したことで、長距離は組み立て・計算が必要なことがわかった。
その計算自体はまだ自分には出来ないが。

他のランナーが、ラップを一定にすることにも努力している理由もわかってきた。

ついでに前も書いたが、今の私には長距離やマラソンなど、全く無理であること。


でもいつかフルを走れるような体力をつけてやるぞと、気持ちも高まった。

体調復活

 2008-05-19
朝起きた時には、まだ熱があったのかもしれないが、
仕事から帰ってきたら、気持ちがすっかり走りたいモードになっていた。
(体調不良の間には、辛さとの格闘だったが)

天気は下り坂なので急いで出発。
予報では夕方から本格的な雨。

もうすっかり体調はは良くなった。
ただ、休んでしまった分、落ちた体力などの影響がどれ程か・・・

自宅から 9’45 今日の目的は、10周以上走ること。
          病み上がりなのでスタートはゆっくりを意識して
1周目 10’40 走れることが嬉しいが、途中から急に雨が・・
2周目 10’25 かなり激しくなった。ペースを上げることに。
3周目 10’30 路面がピチャピチャ跳ねるようになり、靴の中も水溜りに・・トホホ
4周目 9’20 この周で諦めようと、一周だけ速く。
         こんな雨の中、自分だけかと思いきや、まだ走っている人が数人
自宅まで 8’25 体が疲れていないのでもの足りない。

総距離 11.6km 59’05

いつも、目の周りに掻く汗は時々手で拭っているが、今日は激しい雨。
不思議と目の辺りを拭おうとも思わなかった。

こんな雨の中を走ることは、(もちろん初めからだったらしないが、)
マラソンを長年続けているエキスパートの方々は、軽蔑するのだろうと思う。
いろいろな方のブログを読んでいると、無理をしてしまう愚かさや
自己管理が出来ていない証明のように言われてしまうのかな。

まだ当分、「初心者なので・・・」という言い訳が通用するかな。
言葉で聞いても(読んでも)解らないことは、自分でやってみないとわからないので。
ただ頑固になってはいけないとは当然思う。
得られるヒントは大いに吸収したい。


朝、腹筋200回がすんなり出来てしまい、自分でもビックリ。
でも、見た目のお腹は、田の字に割れるのではなく、
上下も左右もかなりいびつに割れている。
偏りがあるのか?

体調不良

 2008-05-18
一昨日は、走りたかったものの体が疲れているようで、仕事もあり
結局走りませんでした。
前日の疲れが残っているのかなと反省していました。

昨日こそは走らなければ!という強い覚悟と共に、午前中時間が取れたので、
走りに行きました。

ところが・・・

公園までの往復も走ったのですが、体が重い。
不思議なことに、体を動かすと、筋肉痛とは全く違う痛みが体中にある。
そんなに疲れが取れていないのか、それは何が原因か・・
など一生懸命考えながらも、体を引きずる様に走った。
公園では思い切ってウォーキングを2周してみた。
視点を変えて、話題のウォーキングで、フォームや左右バランスなどの
チェックをしようと考えた。
また走り出すと、結局、辛い。つらいのだ。

速く走ろうとさえも思いたくないほどだった。
今までのトレーニング方法の失敗の蓄積なのか・・・
など、マイナス志向の憶測がどんどん膨らんでいった。

結局、公園までの往復と3周(9.4km)走っただけである。


家に帰り、シャワーの後、仕事に出る前に、昨日から家の中で
私だけ寒がっていることに気付いた。
あれっ?と思い、体温を計ってみた。

なんと 38.5℃ あるではないか。

一昨日からの、疲れと思って悩んでいたことは、単純に熱があったからなのである。

原因がはっきりして気が楽になるのと同時に、急に辛さを意識してしまった。

でも、なぜ今回、熱が高いことに気付かなかったのか?
自分の視野が狭くなってしまっているのかもしれないことに気付いた。

夢中になりすぎで体と対話をしているつもりなのに・・・

今日も熱が下がっておらず、仕事だけは行って来た。
明日からは走りたい。

長距離のスタミナ不足

 2008-05-15
今日は早めに帰って来れたので、子どもを風呂に入れる時間のリミットまで
10周を目標に走ることに。

最近スピードを出すことを面白く感じているが、
早い記録が出せる理由がなんとなくわかった。

いつもなら自転車で20km以上は移動しているものの、ここ数日
雨などで移動を電車でしているため、疲労が少ない状態で
走っているからだと思う。
毎日のように走るとどうしても疲労が取りきれていないまま、
走っているのが今までだった。
疲労を取って回復する能力も、走りの能力の重要な要素だとわかった。

もっと積極的に、疲労の取り方やクールダウンの方法も調べようと思う。

自宅から 11’10 ウォーミングアップ
1周目 10’50 まだウォーミングアップ
2周目 9’35 このペースを維持しよう
3周目 9’30
4周目 9’45 中だるみ
5周目 9’30 気持ちを入れ直して
6周目 9’35
7周目 9’30
8周目 9’35 足の筋肉が張ってくる(電解質や水分の枯渇だろうか)
9周目 9’40 足が前へ出ない
10周目 9’50 気持ちは速いのだが・・
自宅まで 9’20 

総距離 24.4km 1:57’50 (4'49/km)
1~10周だけ 21.48km 1:37’20(4’31/km)
2次目標である、「20kmを90分で」には、少々及ばずである。

それにしても、20kmで終盤は筋肉が張り、足が出なくなる。
壁が襲ってくるにはちょっと早いのでは・・・
今の私にはフルマラソンなど到底無理の状況である。

何がいけないのだろうか?
給水だけの問題か?

練習会でスピードを出してみた

 2008-05-14
今日は、前週にから参加した、駒沢公園のショップの練習会。

20人くらい集まったようで、私には名前など覚える余裕が全く無い状況だった。

ショップの店長さんが、リードを執ってストレッチや筋トレを教えてくださる。

やはり、ストレッチをじっくりやることは、体が喜んでいるように感じる。


練習会で走った後で、昨日のタイムが嬉しくて、

またスピードを出してみたくなった。
でも、早く帰るようにメールが来たので、3周で帰ることをはじめから決めておいた。

1周目 タイムは計らずいろいろ試しながら
2周目 9’15
3周目 8’50 (短距離では有るが自己ベスト)

最後の周は、1周だけと言う限定ではあるが、4分06秒/km で

自分でも信じられない。(計測ミスでは・・・と思った)

少しずつ、スピードに慣らすよう心肺負荷もかけてゆきながら、更には、

長距離でも維持できるスタミナをつけてゆきたいと思う。

バカで行こうと思う

 2008-05-13
最近、天気が雨になることも多く、とにかく寒い。
体が硬くなってしまうので、走る前の準備運動はしっかりしなくてはと思う。

昨日は、天気は走れなくは無かったが、前日の足の痺れがまだ
起こりそうな感じがあったことと、仕事も切羽詰っていたこともあって
休んでしまった。

今日は、時間があまり無いので5周だけと決めて走り出した。
時間が無いのは、私が子どもをお風呂に入れる時間のリミットが
逆算してギリギリだからである。

せっかくなので、速く走ってみようと思った。
速くといえば、一次目標が、10kmを45分
つまり、5周を48分20秒  1周を9分40秒以下で走る必要がある。
挑戦してみようと思った。


自宅から 9’00 ウォーミングアップとして
1周目 9’40 ビルドアップにしようと考える
2周目 9’25 
3周目 9’25 タイムが同じと言うことはこれが目一杯なのか・・・
4週目 9’20 ちょっとだけ短縮
5周目 9’10 ラストスパート(ちょっと足が痺れてきた)
自宅まで 8’50 クールダウンとして

総距離 13.7km 総時間63分50秒

ジョギングコース5周のみ 距離 10.74km 47分

つまり、10km換算で 43分45秒 (4分22秒/km)

と言うことで、目先の目標だった10kmを45分以内 を達成したことになる。

ヤッターーーーという気分である。
もちろん嬉しい。

昨日休んだことも大きく影響しているだろうし、最近、かなり意識して
摂食していることも要因だろう。


ジョギングを始めて、ちょうど1ヶ月が過ぎた。

1ヶ月前の始めた時のタイムは、5周で53分50秒(5分/km)
10km換算で50分20秒だったので、

1ヶ月で、10km走った際に6分30秒近く短縮できたことになる。
このこともとても嬉しい。

自分でもこの1ヶ月、真剣に取り組んでみた。
ちょっとバカになりすぎかとも思うくらいだった。
ネットでも多くのランナーの練習や食生活、医学的な知識をどんどん調べ、
自分なりの計画を立て、自分で考えた練習方法も繰り返した。
時に、人から呆れられたり軽蔑されもした(かなりショックだった)。

でも、思い立った時に真剣に挑戦してみたいと思ったのだから
その気持ちを萎えさせたくは無かった。
情熱を次から次へと燃やして行きたいとも思う。
のんびり人生過ごせば・・・と言うより、やれることを集中して今やってしまいたい。
いつ出来なくなってしまうかもわからないから。
集中してやってみたことで得た答えは、後悔しないと思っているから。

仕事も目標を設定し、その実現のための計画を立て、実行しながら
日々の行動を修正してゆく。
ジョギングのタイムを計算していると、仕事とも似ているところは多いと思う。

今日はまだ、一次目標につま先が届いたくらいだと思う。
これを安定して走れるようにしながら、
次の目標は20kmを90分以内で走ることを目標に切り替えてゆこうと思っている。

6月のロードレースまでまだ1ヵ月もある。
もちろんそれまでは、もっとタイムを短縮して臨みたいと思う。

もう少しバカで行こうと思う。
なぜバカになれるか、
それは、その先に、求めている見えない何かがあると信じているから。

今日は自分に自信を得たジョギングだった。

最近、良平の気持ちを自分に重ねようとしてみたりする。
(近いうちに良平については書きます。わかる人もいるかな?)

雨が続くと、気持ちまでなまってしまいそうで

 2008-05-11
天気が悪く、昨日も走っていないので、今日も走らなければ
丸2日間走らないことになってしまう。
そのことに焦りを感じて、夜には雨が上がってくれないものだろうか
と考えていたところ、夕方から雨が上がってくれた。
走らない日が続くと、ここまで早くなったタイムが、
一気に元に戻ってしまうように恐れを感じている。

時間はかけたくないものの、10周は走りたい気分。

開始 19時

自宅から 11’00 ウォーミングアップ
1周目 10’35 様子を見ながら
2周目 10’30
3周目 10’30
4周目 10’35
5周目 10’40 左足指にまめが出来たかな?
6周目 10’30 ペースを維持ではなく短縮に変更
7周目 10’20 右足首も痛み出す
8周目 10’15 右下半身に違和感
9周目 10’10 右半身の痺れが強まる
自宅まで 9’45

距離 22.3km 

9周の時間 94’05(19.3km) 速度は4’52/km 

(4’30/kmには程遠い・・・トホホ)

8周辺りから、右下半身(腰から下の右足も)がしびれを強く感じて
今までに経験の無い感覚で自分でも恐くなってきた。
無理はいけないという言葉も良く聞くので、ここで止める事に。
走り終わったらしびれは治まったものの、ちょっと恐怖である。
いつもと変わったことといえば、腰の筋肉がかなり張っていたくらい。
なぜかは不明。
一生懸命、姿勢を意識して腰を曲げることの無い様にしたのだが。

家に帰ってみると、左足の血まめがつぶれていました。
でも中の血は、全部は出てくれないようです。
そのままにしておくことにしました。

足首も痛みが出てしまい、故障しないようにしなければ、と思う。
他の多くのランナーも故障とうまく、時には辛い思いで長期休養も
しながら付き合ってゆくしかないようである。

でも、丸二日走らない日が続かないよう、これからも習慣にしてゆこうと思う。

飲んで起きた朝に

 2008-05-10
前夜に飲み会にでてビールを少し飲んだ。
もともとアルコールには弱く、体内の水分バランスが大きく崩れることと、
消化負荷が高まるためか、翌日はぐったりしてしまうことが多い。

朝起きると、大して飲んでいないのに、体が重く疲労している感じである。

webで多くのランナーは、飲んで起きた朝には酒を抜くために走る人が多いようなので、
私も走ることに。
因みに、飲んで寝た朝にはかなり早く目が覚めるのがいつものこと。
これは皆同じだろうか。

今朝は、ビルドアップを試すことに。

開始5:30

1周目 11’00
2周目 10’25
3周目 10’00
4周目 10’00
5周目 9’05

合計 10.7km 50’30  (10kmを47’10相当)

起きて水を飲んできたが、汗があまり出ず辛い感覚があった。

最後は速く走ったつもりだが、結果を見ると自分の目標にはかなり遠い。

それと、私は立ち上がり(エンジンがかかりスピードに乗る)が遅いのかもしれない。


でも、昨日からいろいろ考えて、今の自分に優先的に必要なトレーニングが
なんとなくわかった気がした。
心肺負荷が必要に思う。
少し意識してトレーニングしてみようと思う。



朝の走りがもの足りなく思い夜も走った。
目的は高い心拍数を出す(計りはしなかった)

自宅から、 10’55
1周目 11’35
2周目 9’50 この辺りからスピードトレーニング
3周目 9’20
自宅まで 10’30

合計 9.4km

今まで、苦しくても私の心拍数はそれほど高くは無かった。

ここに私がタイムを縮めるヒントがあるように思う。


そう考えると、心拍数を計れる腕時計が欲しくなってきた。

どうしよう・・・

厄払い

 2008-05-09
突然の思い付きであるが、40歳は厄年であり、ここ最近思うように行かないことも多く
妻の一言で厄払いに行くことにした。
近くの神社といって名前が出てきたのが、世田谷の松陰神社。

今までお祓いなどしたことが無いので勝手がわからないが、
とりあえず、後でやっておけばよかったという気持ちになるくらいなら
やっておいてもいいだろうという程度の考えでもある。

でもいつも思うが、神社などへ行くと、時間の進み方が世の中とは違うように思う。
日頃の仕事などでささくれ立った気持ちが癒されるように感じる。
こういった場所には独特の雰囲気があり、結構好きである。

松陰神社は、幕末の志士「吉田松陰」を祀ったということであるが、
歴史には全く疎いため知識が全く無かったが、神社内の解説をあれこれ読んで
どういった人物かがやっとわかった。

私は普段お守りなど持たない人間だが、清らかな気持ちでお払いもし
吉田松陰なる人物のことも知って、筆跡を縫いこんだお守りに目が留まり、
持ち歩こうとおもい分けていただいた。
DSCF3685.jpg

走ることも含んでいるが、ビジネスでも自分に勝つことが必要だと感じていたので
その意識を忘れないようにしたい。
これから気持ちを入れ替え、仕事にも取り組みたいと思った。
走ることも、目標に合わせて苦しいトレーニングを積もうと思った。


帰りにラーメンを食べた。
私は胃腸が弱いため、消化の負荷が大きいラーメンは、体が拒否することが多い。
以前本格的なとんこつラーメンを食べた時、濃厚なスープが消化できなかったのであろうが、
一晩中、苦しみもだえ、恐ろしい思いをしたこともあった。
戻したり下したり出来ればよかったのだろうが、それも出来ずあぶら汗を流しながら
朝方まで出張先のホテルで苦しい思いをした。
なので、ラーメンはあっさりさっぱりというものでないと食べるのが恐い。
噂ではさっぱりしているという、環七の「ひるがお」に行って見た。
ここは夜になると暖簾を「せたが屋」にする有名店で、夜は濃厚らしいが
昼はラーメンもスタッフも違う面白う営業形態のようで、興味はあった。
20080508124642.jpg
ピンボケになってしまった。
食べた感想は、ちょっとしょっぱいが私にとってもかなり好印象のラーメンである。
正直、また食べたいと思う。

この日は、夜仕事の続きで飲んで帰りも遅くなり、走らなかった。

駒沢のランニングショップの練習会参加

 2008-05-08
駒澤公園のランニングコースにあるトレーニングセンター入り口に

ランニングショップ(N.A.Stadium)がある。

先日ちょっと必要なものを買った時に店長さんと話していたら、

「無料の練習会をやっているので、良かったらどうぞ」

と言ってくださり参加してみた。

水曜の19時からと、土曜の10時から行っているそうです。


集まったのは、10名ちょっとで、私以外にも若い夫婦一組も初参加でした。

気さくでベテラン(に感じる)の店長さんが指導してくださる。

内容は、ストレッチとその延長のような筋トレが中心でした。

ストレッチも、ネットで調べ見よう見まねでやっていたものの、

このようにしっかりとストレッチなどをしてみると、いつものストレッチが

全くなっていない物だったことがわかる。

やった後はなんとなく筋肉がほぐれたような、緊張が解けたような感覚で、

走ってみたくなった。

1時間半ほどの内容だったが、私にはとても充実した内容だった。

土曜は仕事のことが多いが、可能な範囲で参加したい。


その後は、習った筋トレなどを含んだ走りやスピードトレーニングなど、

いろいろな走り方をで負荷をかけながら全体としてはゆっくりと走ってみた。

合計10周 (タイムはあえて計らずに)

心肺負荷と筋肉負荷がバランスよく得られた気がした。

砂浜ジョグの効果は?

 2008-05-07
前々から、トレーニングとして効果が有るのか気になっている方法のひとつに

砂浜でのジョギングを考えていた。

学生の運動部が海で合宿すると必ず朝にやる、あれである。

ビーチバレーの選手などは、毎日のようにしているであろう。

たまたま仕事先での仕事が九十九里に近く、昼過ぎに終わるので、

準備しておいた靴とウェアに着替え、チャレンジしてみた。

後ろ足の蹴る力が鍛えられるのかと思うが、

気になるのは両足の血まめが酷くなるのではと・・・


天気も良く、行楽客が波打ち際で遊んでいるが、午後でとにかく暑い。

出来るだけ砂が乾いた足がとられやすいところを選んで走ってみた。


感想。

普通のジョグと比べ、足の筋肉への負荷は、あまり変わらないように感じた。

一言で言えば、使った体力の割りに距離が稼げないだけのようである。

血まめへの負担も時間が短いせいなのか全く感じなかった。

帰りの渋滞も考えると恐ろしいことになるので、1時間以内と思っていたので、

45分で7km 走ったが、疲れた割には、遅い走りになる。

もちろん膝への負担は少ないのだろうが、右足首の痛みがかなり出てしまった。

風が強かったこともあってか、汗はそれほどかかなかった。

帰りに自分の足跡がずっと続く上を走るのは面白く、帰りが歩幅は長かった。

いろいろと経験してみることは面白い。


さっさと帰り、夜、走ろうかとも思ったが、足首を休ませるため目先を変えて、

水泳300m、腹筋100回をして、ゴールデンウィークの締めにした。

写真をと思ったが、デジカメが壊れてしまったので写真無し。

でも携帯カメラがあることを帰りの車内で思いついた。時すでに遅し。

目先の目標は10kmを45分で

 2008-05-06
出掛ける予定があるため、その前にと思い、早朝、走ってきた。

今朝の目的は、スピードに慣らすこと。

最近、10kmを45分で走れないだろうかと考えている。

あわよくば、ハーフマラソンを1時間35分で走りたいと考えている。

そのためには、まず今朝の目標は、5周しか走れない時間なので、

1周を10分以下キープすること。

正直なところ、もっと速い人の走りと何が違うのかわからず

真似をしてみたい気持ちが強くなっている。


開始:5:30

自宅から 8’45
1周目 10’05
2周目 10’15
3周目 10’05
4周目 9’55 右足首が痛み出す
5周目 9’55
自宅まで 9’22

総距離 13.7km 

コース距離10.7km 5周合計タイム50分15秒 4分40秒/km

目標の1周10分以下は、ラップを見ながらも実現できなかった。

自分なりには、10kmでのペース配分などもつかめた感覚なので、

目一杯の走りではあるが、これを維持できる心肺機能に引き上げたいと思う。



ちょうど今の時期は仕事も算段が付けやすく、気候も練習に向いている。

そのうち仕事で練習時間の捻出が難しくなる時期がくると思うので、

今のうちに、走れるだけ走っておきたいので集中的に走りこんでおこう。

自分の実力を受け入れる

 2008-05-05
連休でも仕事があり、朝、3周だけと決めて走った。

昨日のLSDの疲れはあまり無いように感じる。

昨日はゆっくりだったので、今日の目的は速く走ってみること。

1周目 10’20
2周目 9’35
3周目 9’25

6.4km を 29分15秒  (4分35秒/km)  終了時HRは142bpm

自分としては、かなり目一杯の走りである。

これでハーフマラソンを通すことは、今の私には無理である。

これが現実である。

まずはこの自分のレベルを受け入れようと思う。

筋力と心肺機能のどちらに主眼を置いたらよいのか、走りながら考えてみようと思う。

練習がだれてきたかな?

 2008-05-04
もう連休で、世間ではレジャーなどに出掛けている家庭が多い。

私の仕事が土日祝日も仕事のことが多く、今日も仕事があった。

が、早く終わり夕方前から時間が空いたので、久々にLSDをしてみることに。

今日は、自宅から公園まで(1.5km)も往復で走ることにし、

息子が自転車で付いて来て、公園内のサイクリングコースを並走すると言い出した。
DSCF3681.jpg

開始15:30

公園まで 11’00
1周目 13’20 息子の自転車と併走
2周目 15’50 息子も走ると言い出し一緒に
3周目 12’45 息子がやめて帰ると言い出し1人で
4周目 12’10
5周目 12’20
6周目 12’35
7周目 12’35
8周目 12’05
9周目 12’10 この辺りから、足の痛みが始まる
10周目 12’20
11周目 12’15 この周以降、周回ごとに水の飲む
12周目 12’35
13周目 12’05
自宅まで 11’10

総距離 30.9km 総時間 3時間7分

途中、仕事の電話も来ることがあり、大き目のポーチに片腕を通した形で走った。

確かに2件&心配した息子からの電話があり、走りながら対応できる息だった。

今の私にはこれだけゆっくりと走っても、この距離はかなり足の筋肉が疲労する。

体を支えるだけの足の筋肉が、まだまだ弱いと言うことだと思う。

でも心肺負荷が少ないように感じて物足りなくなってしまう。

このままでは、フルをサブ4なんて、夢のまた夢である。

今の自分に最も効果がある練習は何かを、日々考えている。

でも近道は無さそうなので、コツコツ走るしか無さそうだ。

カップそうめん

 2008-05-04
私は、うどんとそうめんが大好きである。

夏はそうめん、冬はうどんを毎日食べていたいくらい。

独身の頃は、まさにその通りの生活をしていた頃もあった。

これは明らかに偏食である。

おそらく、私は胃が弱いように思う。

消化の良くないものを食べると、つらくなることが多い。


昨日の昼は、久しぶりにカップそうめんを食べた。
DSCF3670.jpg

これはかなりレアなもので、徳島のうどん諜報部員が発見し箱買いで送ってくれたものである。

小豆島で作っているもので、小豆島以外で売っている話はまだ聞いていない。

一口食べると、さすが!と思わせるさっぱりした薄味と大量のワカメの出汁が効いて、

満足の行くものである。日本ばかりでなく、海外でも通用すると思っている。


走ることと、うどんやそうめんは相性が良いのだろうか。

私が食べた後、走った感想は、ちょっと体が重くなるようにも感じた。

まだ実験は少ないが、悪い癖で大量に食べてしまうことがいけないかもしれない。

基本的には消化吸収が良い食べ物である。

食べ過ぎや偏りは、いずれにしてもいけないことである。

因みに夜は、あまり食欲が無くこんな感じであった。

走るには足りないが、体が欲しないのを毎回無理するのも・・・
DSCF3678.jpg
因みに右のオリーブオイルが、3日くらいで無くなってしまうくらい、

走り出してから体がオリーブオイルを飲みたがっているように感じる。



雨が降っていたので、走れなかったが、昨夜、雨上がりに時間を作って走った。

1周目 12’40
2周目 12’16

時間が無かったので2周だけ。
書くほどのことも無い走りだったか。

血まめの診断結果

 2008-05-03
最近悪化しているのではないかと心配だった血まめを診てもらいに行って来た。

これが現状。
血まめ2


女性の先生で、テンションが高く圧倒されてしまう雰囲気だった。

この色をみても、さすが皮膚科、驚くことも無かった。

まず先生が言ったのは、

「あなたの人差し指は、長いね。だから力がかかるのよ。」

また助手の看護師(女性)が、

「私もバレエやっていて、よくなるのよ」

とのこと。

人と比べたことは無いが、長いのだろうか(小指のつめは大きいと思ったことはあるが)


結果

「血まめは、中の血は出しちゃダメ。時間がかかるけど吸収されるのを待って!」

とのことでした。

結論としては上手く付き合ってゆくしかない。

これも上達のための通過点と言うことになるのだろう。




最近、トレイルランをしてみたくなった。

ただ初心者なので、誰かと一緒に、となると足手まといなのは確かなので、

覚えのある山を1人で走ってみようと思う。

万が一のことを考えると、本当は複数で入山するのが良いのだろうが、

仲間が見つかるのを待っていては、いつまで経っても走れないかもしれない。

連休明けの休みにでも決行しようと思う。

気持ちを入れ替えて

 2008-05-02
5月になり、周囲はゴールデンウィークで行楽へ出掛けている人が多い。

私は、自営業で休めなくも無いが、混んでいる料金の高い時に

行楽地へ行くのがあまり好きではないので、基本的には仕事をしている。


昨日、グレープフルーツを買った。大好きなので大人買いである。
グレープフルーツ

今回は超大玉で、いつも1箱15~17kgくらい。

もう待ちきれず、3つ食べてしまった。


昨日帰ってから走るつもりだったが、仕事の移動を自転車でしており、

深夜に帰り、疲れてしまった。

世田谷 - 目白 - 渋谷 - 羽田 -自宅

を自転車で走り、直線でも40kmある。

普段より、ちょっと距離があったかもしれない。

休んでしまったが、続ける工夫として、「無理しないこと」と多くのエキスパートの方が

ネット上で言っているのを見て、仕事の最低限の処理だけして寝てしまった。

(もちろんグレープフルーツは食べました)


なので、今朝、走ってきました。

開始 5:30

今日の目的は、昨日の疲れや毒を出すため、汗をかこうという目的でした。

1周目 11’45 
2周目 11’10 弱い雨が降り出す
3周目 10’55
4周目 11’05 いつもこの周あたりで体中の毛細血管が開くように思う
5周目 10’45 当初の目的はここまでだったが、心肺負荷をかけたくてもう1周
6周目 9’15 出来るだけ速く

12.8km  1:04’55

終了時HR 142bpm

ラストの周だけで計算すると、4分20秒/km でもこれはこの条件のラストスパートであり

今の私にこの速度を維持する体力は無い。

でも、少しずつ、この速さにも慣らしてゆきたいと思う。


進歩が感じられない焦りがあるので、自宅へ帰り

腹筋100回&腕立て50回(どちらも私の限界)を免罪符にした気分。

4月最後の走り

 2008-05-01
今月から始めたジョギング。

結構嵌ってしまった。(熱くなり易く冷め易い男なのかも。恋愛も?)

4月最後に、心肺負荷をかけてもう一度走りたかった。

開始21:00

心拍数が、今まで140を超えたことが無かったので、

今日の目標:ビルドアップ走で5周。ラストはHR140bpm以上になること。


1周目 12’30
2周目 11’10
3周目 10’50
4周目 10’15
5周目 9’20

結果 10.7km 54’05

終了時 HR 148bpm 

今日の目標達成した。

ラストは、かなり ハァハァ した息で、実際の走りはここまでになって

大丈夫なのか疑問だった。

amに診察してもらった右足くるぶしの痛みだが、痛くなりそうな違和感は

ずっとありながらも痛くならずじまいだった。

何が違うのだろう?

そこで疑問に思ったのが、足の運び方。


足跡をつけたときに、両足の中間に進行方向に引いた線があったとしたら、

 ・その線を両足が踏むようにした方が良いのか

 ・その線を踏まないように(少し足を左右に開いた感じ)したほうが良いのか

疑問が出てしまった。


マンツーマンのランニングクリニックのようなものが有ったら、是非とも、

今の私には必要だと思う。(webで探してみようっと。)

4月は、トータル200km走った。

エキスパートの方々から見たら、笑われる走りだと思う。

でも、来年にはフルマラソン完走&サブフォーを目指したい。

さらには、無謀と笑われても、数年後、登山マラソンにエントリーしたい。

そんな目標を口にするだけでも、おこがましいことかもしれない。

地道に続けてみようと、5月の時報を聞き心に刻んだ。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。