スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

やっぱり、つくばに行ってみます

 2008-11-29
2週間前に始めてのフルを走ったばかりで、

「まだ体は戻っていないよ」とアドバイスも頂いていましたが、

やはり、明日のつくばマラソンに行ってこようと思います。


そもそも、秋の季節にフルを経験してみたい、

でも雨や仕事で参加できなかったときのために、予備として申し込みをしておいた。


フルマラソンのダメージは想像以上にきつかったが、翌々日には普通に生活できていた。

ちょっと、今日の仕事が体力的にも疲れ、熱っぽい気もするが、

とにかく無理せず行ってこようと思う。


炭水化物はたくさん摂れていないが、私独自の栄養の蓄え方で乗り切ってみようと思う。


故障につながらないよう、無理しないで走ろうと思います。
スポンサーサイト

靴の交代-新しいシューズ

 2008-11-28
1週間前になるが、新しいシューズを買おうと思いショップへ行った。

本音は、靴を変えるのが怖かった。

なので、今までと同じ靴を買おう、そう思っていた。

ショップで同じ靴を探したが、モデル名も控えておらず、

2007年モデルなどはもうとっくに無くなっている。

無理も無い。

ならば同じような靴を買おう!と思っていた。

店員さんから、トレーニングの内容やレースのタイムなどの質問があり、

その上で店員さんが言ったことをまとめると

「今のレベルで初心者用の靴をはくのは、勿体無い。
中級者向け以上の靴を強くお薦めします。」

と言う内容でした。

私としては、足の故障などを作らないためにも、クッション性重視の
初心者向けシューズで充分と、考えていました。

店員さんの話から、シューズを比較すると


初心者向けシューズ
・クッション性重視
・着地から蹴り出しまでの曲がり方が硬い
・シューズとしては重くなる
・1kmを6分以上かけてのジョギングには良いでしょう。


中級者向け以上のシューズ
・クッション性は重視されていない(足も鍛えられているので)
・着地から蹴り出し間での曲がり方が柔らかい
・着地している時間が短い
・シューズは軽い
・自然な走りが出来る


と言うものだった。

これだけ聞いた私も、ならばと思い、お薦めをフィッティングして買ったのが、
DSCF4517.jpg
asicsのゲルフェザー®GS-ワイド

ワイドとは、このシューズだと、私の足は幅がワイドタイプが適しているとのこと。
このタイプは、色が黄色のみ。
(ワイドではない標準タイプは、赤色のみだそうです)

中級者向けのスタンダードなシューズだそうである。


家に帰って走ってみた感想は

「自然な感覚」

今までの靴とは大違いである。

軽く軟らかく、靴を履いている感覚が少ない。

今まで慣れている前のシューズからすると、もの足りない気もするが。

加えて、かかとが余りついてこない感覚があるが、

これはシューズが軽く柔らかいので大して気にならないことと

後日、靴の履き方を調べて解消することになる。

スピードを出して道路を走るには良い。

山では別の靴を用意すべきなのであろう。


しばらくはこの靴と共に、

そんな決意と期待を持っている。

靴の交代-傷み方の観察

 2008-11-23
そろそろ、靴を交代しようかと思う。

そこで、古くなった靴をじっくり眺めて、

その摩耗や痛み方を分析してみようと思った。
(これまでの感謝の想いも込めて)

私は春にジョギングを始めた時に、1足のジョギングシューズを買った。

私がこれまで履いてきたた靴は、この1足だけである。
DSCF4520.jpg
まず、この靴を交代させようと思ったのは、
右足側のつま先の親指の上側の部分がほころび、
穴が開いてしまった。
加えて、恥ずかしいが洗ってもニオイが取れない。

とにかくこの靴には感謝である。

今までの全てのジョギング、レースに履いてきた。
4月-201km
5月-360km
6月-308km
7月-304km
8月-225km
9月-301km
10月-175km
11月ここまで-220km

この靴で 合計 2094km 走った!

感謝、感謝、感謝!

ここまで付き合ってくれたこの靴に感謝。


さて、この靴の傷み方を見ておきたい。

なぜかかかとの部分が両足、同じように削れている。
DSCF4522.jpg
これは理由がわからないが不思議。

そして問題の靴裏
DSCF4521.jpg
やはりかかとの裏、それも外側が摩耗している。

これはやはり、着地がかかとの外側からになり、
疲れたりすると、擦り気味に着地してくることもあるので、
一般的なのかと思う。

角度を変えると
DSCF4523.jpg

それなりに摩耗していて、もともとの状態が比較できるものが無いが、
黒い部分の厚みはギリギリと言うくらいになっている。

クッション性はそれなりに低下しているはずだろうが、
それに慣れているので気になることは無い。

他に擦れているところを探すと、やはり蹴りだす時に擦れると思われる
親指付け根の裏の一番体重がかかる部分が減っている。
これも使用してきた証であろう。

スペシャリストが見れば、私の走りの特徴が靴の傷み方に
表れていることをん分析できるのだろうが、やはり私にはわからない。


とにかくこの靴には感謝である。

湘南国際マラソンの報告

 2008-11-19
しまった、30分寝過ごしてしまった!

家を出る時間が40分近く遅くなってしまったが、

それでもスタート30分前には到着予定なので、

気持ちを焦らせないようにしながら会場へ向かう。


他の参加者のブログなどでは、「駅で改札を出るのに15分かかった」

など大混雑の話がたくさんありますが、私は、

乗り継ぎが悪いのが逆に良かったようです。

1つ手前の駅が終点の電車から、乗り継ぎで始発だったためか、

ランナーはまばらでした。


しかし、スタート50分前。

駅前の路線バスにはある程度のランナーが乗ろうとしている。

大会は会場まで歩くことを勧めていることや、
昨日大渋滞を見ているので、会場までの約4kmを
アップをかねてのランニング。

ほとんどランナーは歩いていませんでした。

結果、路線バスより少し速かったのか。


会場へ着くと、恐ろしいほど大勢のランナーが
スタート地点へ向かっていました。
DSCF4415.jpg


なんとなく、悪い予感が・・・
(寝過ごしてしまった時点で、今日のレースに負けたことを悟る)

雨も降ったりしている中、荷物を預けたらスタートに間に合わない
と判断し、広場の脇に荷物を置き、急いで準備。

トイレへ行きスタートに向かうものの、スタート地点まで10分、
既に大渋滞の中を歩く。

スタートに向かうと、これ以上は前へ進めないところが、
5分40秒ペースの看板辺り。

恐ろしいことに、既にここで身動きが取れない
(じっとしていても、前後左右が誰かと触れている)状況。

「あーあ、こんな後ろになっちゃった・・・でも大きい大会で
初心者の自分が前に並ぶのは筋が違うよなぁ・・・」
そんな気分



スタート:自分の時計で9時。

 でも、号砲も何も聴こえない。

 ちょっとしてから、前方から、歓声がウェーブのように伝わり、
 スタートしたことを悟る。

 その後、ちょっとずつ前へ進むが、走ることは出来ず、
 小幅の歩き。

スタートライン通過 6’05
 ここまでがこんなにかかるとは・・・
 しかし、小走りで抜かせるような状況ではない

5km 表示は見えなかった

10km 57’30 (10kmを51’25)
 10kmまでは抜かすこともろくに出来ず、
 自分の目標タイムに諦めをつける

15km 1:20 (5kmを23’20)
 この辺りから、やっと左右に飛び出さなくとも抜かせるようになる

 折り返しは19.2kmで、ここまでで1:40

20km 標識を確認できず
 実はここまで、パワージェルを握って走っていた。
 それを走りながら、補給。
 あわせて、尿意があったのでトイレへ立ち寄る

25km 2:06 (10kmを46’05)

30km 2:30 (5kmを23’15)
 足に痛みを感じ始める

35km 2:53 (5kmを23’00)
 足の痛みがかなり強まり、走るのが辛い
 何度も歩こうかと考えたが、それより少しペースを落とすことに
 頭の中は、足の痛みしか考えられない

40km 標識はあったのか?
 上半身の苦しさはさほど無いがとにかく足が痛く、
 何度も「歩いちゃえ」と気持ちがささやく

 気持ちが痛みに向かないよういろいろなことを考えてみました。
 美味しいものを食べに行くこと、仕事の悩み、エッチなこと???
 
 しかし、何を考えても、もう足が痛いことしか考えられない!
 その度にペースを落とすことを代案として、自分を納得させ紛らわす。
 
 ラスト1km位で、やっと周囲と自分のペースが合った
 ここまで、とにかく抜きまくった。
 しかしゴール直前で、2人に抜かされる(私にとっては初体験)
 この頃には足の痛みで、闘争心など消え
 自分との戦いだった

ゴール 3:27 (35km以降は34分、5km換算で23分35秒)
DSCF4417.jpg

呼吸は荒くないが、とにかく足が痛く、
この痛みが後々の故障になるのではないかと気がかりだった。
痛むのは、左足首と、両股関節。

少し痛みを堪え、立ってじっとしていたら、今度は寒さに襲われたが、
足が痛くて、荷物のところまで行くのにかなりの時間を要する。

途中で雨も降ったりで路面も濡れ、靴の中まで濡れていたため、
足裏の皮がふやけ、まめが出来てもいた。
ディクトンスポーツを塗ったが、やはり乳首から出血。
乳首も痛い!



完走しゴール出来て・・・・・嬉しい。

完走してこみ上げるもの・・・・・・・???

ブログなどで応援してくださる方々の顔は浮かび
早く報告したい気持ちでした。
(顔は知らないけれど)

でも、大会運営には随所に疑問を感じた。
マンモス大会は、こういうものなのかな。


とりあえず、タイムには納得していませんが
(今後への闘志が燃えています)
歩かず完走したことには、応援いただいた多くの方のおかげです。

本当に、ありがとうございます。

タイムは縮めますので、今後も、よろしくお願いします。
DSCF4416.jpg

マラソンのダメージ

 2008-11-17
マラソンを終え、駅まで歩くつもりが、足が痛くそれどころではないため

大会が唯一手配してくれた、復路のみの大磯駅までのバスに乗り、

何とか帰宅。

その後は、なんとpm8時に就寝。9時間眠り続けた。

起きたら回復しているだろうと期待していた足だが、

痛みが酷くなり、まともに歩けなくなってしまった。

左足首と、両股関節が痛むため、パンツを立ったままではく事が出来なかった。

また、車の乗り降りも、自分の足を手で持ち上げないと出来ない状況。

あまりの痛みに、鎮痛剤を処方してもらいに病院へ行こうかと本気で考えた。

正直、故障を作るようなことになるなら、今後は控えようかと感じている。


今日は、もともと子どもの学校も振替で休みということもあり、仕事も空けておいた。

家族で、富士の裾野へ出掛けた。
DSCF4504.jpg
サファリパークと御殿場のアウトレットモールへ。
DSCF4513.jpg

レースの詳細は明日。

マラソン参加者は、毎回こんな痛みを経験しているのだろうか?

明日は、足が少しは回復してくれるだろうか・・・

湘南国際の速報

 2008-11-16
天気は降ったり止んだりで、寒い1日でした。

結果は、

歩かずに完走しました。
タイムは予想通りの

3時間半には間に合いました。

でも、

いやいや、「でも」や「たら」「れば」という言葉は使ってはいけませんね。

ラストは足が痛くてそれどころではなく、闘争心が全く無くなりました。
詳しくは後日。

完走出来たことを、応援してくれた皆様に感謝です。

いよいよ明日

 2008-11-15
今日は、よく走ったー・・・

昼過ぎまで仕事。
もうここでも早く終わらせるために、スタコラサッサ

2時頃に会場での前日受付に出掛けたものの、誘導がスムースでなく、
時間がかなりかかってしまった。ちょっと工夫すればスムースなのに・・・
帰ってから7時までのスポーツショップに行きたかったので、
会場から大磯駅まで走りました。

帰ってから、急いで走ってスポーツショップ閉店10分前に到着。
買ったのは
DSCF4413.jpg未経験だが頼ってみようと思う。

先日、乳首が痛いことに、これを使ったら良いのではと、
安く入手してくれた方がいて、明日はこれを使ってみようと思う。
DSCF4414.jpg
(ガムテープはいらないかな。)

朝食はグレープフルーツのみ。
珍しく昼食は、オイルたっぷりのペペロンチーノ。
夕食は、秋刀魚を食べました。
DSCF4293.jpg食べ終わった後は猫が泣くといわれます。
(日本人として魚は綺麗に食べよう、ご飯粒は残さず食べよう、がポリシー)


天気が、ちょっと心配。
降水確率50%
まぁ、自分の努力で何とかなるものでもなく、いまさらどうしようも出来ないので、
深くは考えません。


明日、完走(歩かずに走り通す)できるようにするためには、

「集中することが大切」 と思っています。

苦しさに意識が向き出すと、もうダメ。
そう考えると、初心者は、悩みか考え事を持ちながら走ると、
あっという間に終わってしまうのだろうか・・・


さぁ、そろそろ寝ます。


皆さん、いろいろなアドバイスをありがとうございます。

予想より、落ち着いた前夜を迎えることが出来ました。
どんな結果でも、経験として可愛く思ってください。

あと1日、予想タイム

 2008-11-14
もう直前になっちゃったな、
本当は、何度も40km以上を走ってから挑戦するのが
当たり前なんだろうけど、まぁ、このくらいで自分の
練習不足を思い知るのも良いだろうし・・・・

などと、緊張する自分を落ち着かせるような言葉を
自分自身に投げかけている。


ここで、自分の予想を立てておこうと思う。

完走はするだろうが(歩くことが混ざるかも)、かなり足が痛み、
ゆっくりのゴールになると思われるので、

予想タイム 3時間30分

まだ私の考えが甘いかな?

頂くアドバイスが、「とにかく前半は走らないくらいのつもりで・・」

そんなに、大変なのか・・でも想像がつかない。


明日は、午前中の仕事を終えたら、会場まで受付を済ませに行ってきます。


今日
朝食は、グレープフルーツ、柿、りんご
夕食は、自分で作るうどん(ランニング姿)
DSCF4407.jpg
食べ方は、ぶっ掛け、釜玉、野菜のアツアツ鍋でと3種類
DSCF4409.jpg

体重は、朝食後、66.5kg
夜のジョギング後(夕食前)64.0kg

ジョギング
公園まで 8’40
1周目 10’55 温かい
2周目 10’35 昨日までよりは足が楽な感覚
3周目 9’55 調子に乗って、おまけにもう1周
自宅まで 8’40

あと2日、&あつぎの反省

 2008-11-13
今夜は満月で、空気が冷たく澄んでいる分、月のきれいな空を時折見上げて走ってきた。

3週間前の初めてのハーフ、あつぎマラソンについて、自分なりのまとめを。

結果としては、自分でも思いっきり目いっぱいの走りが出来たように感じ、
納得の行く結果だった。
つまり、これ以上は走れないという感じで全力を出しきれた。

その要因としては、
・ちょっと投げやり気味の気分で、気負いが無かった
・そのため最初からかなり飛ばして突っ込んだが、ハーフは体が持ち堪えてくれた
・コースが変化に富んでいるため、飽きずに集中できた。

などが挙げられる。

しかし、今度のフルマラソンでは、最初から飛ばしたら、体は持ち堪えないと思う。
さらにコースは単調のようなので、“集中して走れるか”は大きなポイント。

とにかく、スピードを抑えながら走ることが重要のようだ。



昨日
朝食が グレープフルーツと柿
夕食が、スパゲッティと野菜スープ
DSCF4405.jpg
(私としてはまだ炭水化物は控えたかったが、帰ったらそれが作ってあったので)
朝の体重は65.8kg

ジョギングは、駒沢公園を計らずに4周
総距離 11.6km


今日
朝食が グレープフルーツと柿
夕食が、うどんちょっと、野菜の鍋、柿、りんご
DSCF4406.jpg
写真左下にある鎌田醤油のダシ醤油は、冷たいうどんのかけ醤油としては絶品。
おススメです。
朝の体重は66.5kg(いくらなんでもちょっと増え過ぎ)

ジョギングは 駒沢公園を3周
公園まで 8’00
1周目 11’05
2周目 9’30 ゆっくりの予定が、また背後からランナーが・・・
3周目 9’40 そのランナーが途中でストップ。ラストスパートだったようだ。
自宅まで 計測忘れ
総距離 9.4km

ちょっと食べ方(時間)が乱れたのか、口内炎が出来てしまった。

息子の散髪

 2008-11-11
湘南国際まで、あと4日。

今日は、走りに出る前に、前々から言われていた
次男(3歳の裸族)の髪を切ることになった。

(この次男は、子ども専用の床屋でビデオを見せられても、
髪を切られることに激しく抵抗し、切れないことが何度もあったので、私が)

普段許していないパソコンでオンラインゲームを見せると、
別人のように大人しくなるので、その隙に後ろから、ゴミ袋をかけて。
DSCF4401.jpg

実は、私自身、20代前半に5年近く、自分で髪を切っていたことがあった。
理由は、引っ越して初めてのサロンで、上手じゃないお店だなと思いつつ
私から「ここの厚みが・・」などと何度も指摘していたら、
「頭の形がいびつだからしょうがないですね」と
半分キレ気味に言われて、もう二度と行くもんか!
と思ったことがきっかけでした。

誰でもやれば“それなりに”出来上がるものです。
DSCF4403.jpg
子どもの床屋も、かなりの値段ですし。


その後走りに出掛けましたが、
ちょっと疲れが足に溜まっているように感じました。
とにかく、軽快な走りが出来ない。
油断すると、擦っているような靴音が混ざりだす始末。

公園まで 9’40 寒くて体が一向に温まらない
1周目 11’30 まだウォーミングアップのつもりで
2周目 10’45 今日はビルドアップに変更
3周目 10’15
4周目 10’00
5周目 9’30
自宅まで 11’00
総距離 13.7km


頂いたアドバイスの中に、休養の大切さを教えてくださった方がいて、
私も頷いてしまった。
これまで、速さで自己ベストを出した時も、一番大きな要因は
「休養した後だったか」の違いだったように思える。
先日のあつぎマラソンも、2週間前から忙しくてろくに走れないまま
直前にちょっと走っただけだった。

とにかく、大会前は、休養が大切と言うことのようである。


今日の食事は
朝 グレープフルーツと、パン1枚
珍しく昼、焼き芋1本
夕食 数日振りにちょっとだけご飯も食べたが、
DSCF4404.jpgこんな感じ。
このあと、もの足りなくて、冷蔵庫からレタスを見つけ、一人でサラダも。

体重は、相変わらず66.1kgくらい。
太った感じは無いのに・・・不思議。

初フルマラソンまで、あと5日

 2008-11-10
私にとって初のフルマラソンとなる湘南国際までカウントダウン。

とにかく不安だらけです。

アドバイスを下さった方もいて、とても嬉しいです。
でもこの不安は経験して乗り越えるしかない。


今は、炭水化物を抑え気味な食事を心掛ける時期。
朝はグレープフルーツと野菜サラダと鍋の残り
夜は野菜中心の残り物。
DSCF4392.jpg
今日はあまり食欲が湧かなかった。


体重は66kg(朝食後) あれぇーーッ??
体重は、走り始めた頃よりも5kg程増えてしまった。
走るためには食べなくてはならず、いつしか・・・トホホ
これじゃ、体が重くて軽快な走りではなくなってしまうかな。


8日  まだ疲れが残っている感覚
公園まで 8’25
1周目 11’30
2周目 11’10
3周目 11’05
4周目 10’50
自宅まで 9’35
総距離 11.6km


9日は雨で走らず

10日
公園まで 8’30
1周目 10’35
2周目 10’30
3周目 10’35
4周目 9’50 後ろから追いついてきたランナーが、
5周目 9’40 抜かさずに後ろを走ったのでついペースアップ
6周目 10’00 後ろのランナーは結局途中で終了した様子。
7周目 9’55
自宅まで 8’00
総距離 18.0km

大会前の走りこみ

 2008-11-07
初のフルマラソンまでもう1週間ちょっと。
忙しく、余裕が無いながらも、ふと瞬間にフルマラソンのことを考えている。

かなり不安


酷く後悔することにならないだろうか・・
走ることがイヤになってしまうことにはならないだろうか・・・

暗いことばかり考えても仕方ないとは思いながらも。



不安な時にはついつい、リキんでしまう。

そのため、ちょっと無理して走って失敗してしまった。
4日連続の走りで、かなり疲れが溜まって、
気持ちのバランスも崩しかけていたかも。
足首も痛み出してしまった。

普通に走っているつもりでも、公園1周のタイムが大きく落ちている。

4日前 約 10’00
3日前 約 10’30
2日前 約 11’00
1日前 約 12’00

同じ体感負荷でも、1周当たりのタイムがどんどん遅くなっている。

もっと積極的に休養しなくては。



練習メモ
6日
公園まで 10’25
1周目 12’00 疲れでフラフラしている
2周目 11’50
3周目 12’40 足首が痛んでのそりのそりと
自宅まで 10’30
総距離 9.4km

5日
公園まで8’20
1周目 11’00
2周目 計測せず
3周目 計測せず
4周目 13’30
5周目 11’0
6周目 11’10
7周目 10’55
8周目 11’05
9周目 11’10
10周目 11’10
自宅まで 11’25
総距離 24.5km

同じ体感負荷でも、タイムが違う?

 2008-11-04
走る時に半袖では、ちょっと寒くてもの足りない感じがするようになった。

今日は、乳首にガムテープを貼って走った。
おかげで痛みは感じずに済んだ。


ところで、昨日は久々であったが、1周10’00前後で走ったが、

今日、同じくらいの体感負荷で走ったものの、タイムは10’30前後になってしまった。


この違いは何から来るのだろう???


・疲れ?
・気力や精神状態?
・栄養?
・体重の増減?

他にもいろいろ考えられるが、一番の影響があるのは、『疲れ』かと思う。

昨日久々の走りで疲れは無かったが、今日は昨日の疲れが足に残っている。
きっとこの違いではないだろうか。

大会直前の調整も、疲れを残さずに臨めるようにしなくては。

湘南が近付き、なんとなく、気持ちが高ぶりつつある。


練習メモ
昨日
公園まで 7’50
1周目 10’05
2周目 10’00
3周目 10’05
4周目 10’10
5周目 10’00
6周目 10’10
7周目 10’00
8周目 9’55
9周目 9’55
自宅まで 8’35
総距離 22.3km


今日
公園まで 8’10
1周目 10’40
2周目 10’30
3周目 10’10
4周目 10'10
5周目 10’05
6周目 9’45
7周目 9’45
自宅まで 8’40
総距離 18.0km
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。