スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

湘南国際マラソンの報告

 2008-11-19
しまった、30分寝過ごしてしまった!

家を出る時間が40分近く遅くなってしまったが、

それでもスタート30分前には到着予定なので、

気持ちを焦らせないようにしながら会場へ向かう。


他の参加者のブログなどでは、「駅で改札を出るのに15分かかった」

など大混雑の話がたくさんありますが、私は、

乗り継ぎが悪いのが逆に良かったようです。

1つ手前の駅が終点の電車から、乗り継ぎで始発だったためか、

ランナーはまばらでした。


しかし、スタート50分前。

駅前の路線バスにはある程度のランナーが乗ろうとしている。

大会は会場まで歩くことを勧めていることや、
昨日大渋滞を見ているので、会場までの約4kmを
アップをかねてのランニング。

ほとんどランナーは歩いていませんでした。

結果、路線バスより少し速かったのか。


会場へ着くと、恐ろしいほど大勢のランナーが
スタート地点へ向かっていました。
DSCF4415.jpg


なんとなく、悪い予感が・・・
(寝過ごしてしまった時点で、今日のレースに負けたことを悟る)

雨も降ったりしている中、荷物を預けたらスタートに間に合わない
と判断し、広場の脇に荷物を置き、急いで準備。

トイレへ行きスタートに向かうものの、スタート地点まで10分、
既に大渋滞の中を歩く。

スタートに向かうと、これ以上は前へ進めないところが、
5分40秒ペースの看板辺り。

恐ろしいことに、既にここで身動きが取れない
(じっとしていても、前後左右が誰かと触れている)状況。

「あーあ、こんな後ろになっちゃった・・・でも大きい大会で
初心者の自分が前に並ぶのは筋が違うよなぁ・・・」
そんな気分



スタート:自分の時計で9時。

 でも、号砲も何も聴こえない。

 ちょっとしてから、前方から、歓声がウェーブのように伝わり、
 スタートしたことを悟る。

 その後、ちょっとずつ前へ進むが、走ることは出来ず、
 小幅の歩き。

スタートライン通過 6’05
 ここまでがこんなにかかるとは・・・
 しかし、小走りで抜かせるような状況ではない

5km 表示は見えなかった

10km 57’30 (10kmを51’25)
 10kmまでは抜かすこともろくに出来ず、
 自分の目標タイムに諦めをつける

15km 1:20 (5kmを23’20)
 この辺りから、やっと左右に飛び出さなくとも抜かせるようになる

 折り返しは19.2kmで、ここまでで1:40

20km 標識を確認できず
 実はここまで、パワージェルを握って走っていた。
 それを走りながら、補給。
 あわせて、尿意があったのでトイレへ立ち寄る

25km 2:06 (10kmを46’05)

30km 2:30 (5kmを23’15)
 足に痛みを感じ始める

35km 2:53 (5kmを23’00)
 足の痛みがかなり強まり、走るのが辛い
 何度も歩こうかと考えたが、それより少しペースを落とすことに
 頭の中は、足の痛みしか考えられない

40km 標識はあったのか?
 上半身の苦しさはさほど無いがとにかく足が痛く、
 何度も「歩いちゃえ」と気持ちがささやく

 気持ちが痛みに向かないよういろいろなことを考えてみました。
 美味しいものを食べに行くこと、仕事の悩み、エッチなこと???
 
 しかし、何を考えても、もう足が痛いことしか考えられない!
 その度にペースを落とすことを代案として、自分を納得させ紛らわす。
 
 ラスト1km位で、やっと周囲と自分のペースが合った
 ここまで、とにかく抜きまくった。
 しかしゴール直前で、2人に抜かされる(私にとっては初体験)
 この頃には足の痛みで、闘争心など消え
 自分との戦いだった

ゴール 3:27 (35km以降は34分、5km換算で23分35秒)
DSCF4417.jpg

呼吸は荒くないが、とにかく足が痛く、
この痛みが後々の故障になるのではないかと気がかりだった。
痛むのは、左足首と、両股関節。

少し痛みを堪え、立ってじっとしていたら、今度は寒さに襲われたが、
足が痛くて、荷物のところまで行くのにかなりの時間を要する。

途中で雨も降ったりで路面も濡れ、靴の中まで濡れていたため、
足裏の皮がふやけ、まめが出来てもいた。
ディクトンスポーツを塗ったが、やはり乳首から出血。
乳首も痛い!



完走しゴール出来て・・・・・嬉しい。

完走してこみ上げるもの・・・・・・・???

ブログなどで応援してくださる方々の顔は浮かび
早く報告したい気持ちでした。
(顔は知らないけれど)

でも、大会運営には随所に疑問を感じた。
マンモス大会は、こういうものなのかな。


とりあえず、タイムには納得していませんが
(今後への闘志が燃えています)
歩かず完走したことには、応援いただいた多くの方のおかげです。

本当に、ありがとうございます。

タイムは縮めますので、今後も、よろしくお願いします。
DSCF4416.jpg
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。