スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大晦日

 2008-12-31
あっという間に大晦日。

毎年のことだが、時間に追われて過ごしてしまう12月。

今日は毎年恒例だが、年越し用にと、うどんを作って

近所などに配っている。
DSCF4599.jpg
麺切台は、年に1度しか使わない道具。
(普段は子どもがいて危なく出しておけないし、セッティングを考えると大量に作る時だけ使用)


このブログの趣旨の走ることに関してまとめてみようと思う。

4月にふと思い立ってジョギングを始め、

1人では張り合いが無いと思いブログに記録を書き始め、

11月にマラソン大会に参加し、とりあえず記録が残った。

今もそうであるが、足の痛みを抱えながら、

何とかして解消する方法が無いものか試行錯誤しながら今に至っている。

ブログを通して、多くの方から助言やコメントをいただけたことは、

申し訳ないくらい、ありがたい思いでした。

正直、「こんな俺にも・・」と思っています。

やはり1人だけでは、なかなか上達しにくい点もあるだろうと感じています。


新しい出会いや発展などに、走り始めてよかったと思っています。

皆様も良い年をお迎えください。
スポンサーサイト

パソコンが壊された・・

 2008-12-29
今日、家に帰ったら、家内から

「パソコンがダメになっちゃった・・・」

どんな風になったかと言うと、
DSCF4577.jpg

画面の黒い●は、液晶が割れてしまった部分です。

ひ・ど・い・・・

画面ばかりでなく、キーボードも2つだけの被害で食い止めていたのに



上の写真のようなパソコンの作り方講座

・まず、写真のようにマウスをキーボードの上に置きます。

・そのまま、ディスプレイのフタを閉めるようにして、

・更にはその上に座ってしまうと出来上がりが早いです。


はぁーーーー。

今回の「容疑者C」
DSCF4598.jpgその座り方は、体が柔らかそうで羨ましい

まだ年賀状の印刷まで、終わりきっていないのに・・・・

(でもこれは、妻が使っているパソコン)


我が家では、子どもが1台ずつパソコンを壊してきました。

今回はちょっと目を放した隙に、テーブルに上って(それもすごいが)、

妻が見た時には、マウスで閉まらない画面の上に跨っていたそうです。

Vistaパソコンは買いたくないのに・・・ トホホ

駒沢から多摩川へ

 2008-12-27
駒沢公園のショップが無料で開催してくださっている
練習会に、いつもは水曜に参加しているのだが、
土曜でも珍しく昼過ぎまで空いていたので、
参加してみました。

この日は年内最後として、駒沢公園から多摩川まで行き、
多摩川を走ってから戻ってくるコースとして練習。

天気が良く日差しも温かく、ちょうど走りやすい日でした。
でも、走っているランナーはほとんど見かけませんでした。

もしかすると年賀状を書いたり年末の買い物や帰省で、
皆忙しいのかもしれませんね。

私もまだ年賀状を書いていないのですが、それを後回しにして
走りに行ったことを、後で家内から強く非難されてしまいました。
やはり建前だけでも優先順位をアピールすることも大切なのか・・・


やはり、多摩川の土の上は足への負担が少ないと感じます。
いつもの夜の公園の周回よりは、はるかに走ることが
気持ちよく楽しいものに感じられました。

なんとなく足も痛みが少ない感覚で、気持ちも良かったので、
この冬は山を少し走って練習してみようかと思いました。

残念ながら、カメラを持っていかず、写真はありません。
トータル(自宅からも含め)17.5km

我が家では・・

 2008-12-24
子供達が楽しみにしていたクリスマスがやってきた。
DSCF4576.jpg

小学4年生の長男は、サンタクロースの存在を信じているようで、

今夜も寝る前に、

「サンタさんは僕が寝ている場所が判るかな?」

などと昨年よりリアルな心配をいろいろしながら眠った。

そんな心配を口にするのも、今年あたりが最後かなと思うと、微笑ましい。

でも気になるのが、

「サンタさんにはこのプレゼントが欲しいってお願いしてるんだ」

と、欲しいプレゼントの話を、親がいるところで話す。


でも、願うだけでは、望むものが手に入らないことも覚えてもらわなくては。



この子供達が大人になっても、住みやすい世の中であって欲しいと思う。

さて、そろそろ、そりの用意を始めるとするか・・・

畑仕事:芝を束ねました

 2008-12-16
仕事が空いたので、実家で畑仕事をしてきました。

途中、秋川のファーマーズセンターに寄り、
かじりつきたくなるような大根やネギやいろいろ買い込んでしまった。
DSCF4560.jpg

また私のお気に入りの近藤醸造のめんつゆも買い込みました。
DSCF4558.jpg
バランスの良い飽きの来ない優れものです。

さて、今日の仕事は、以前に刈った芝を、束ねてまとめてきました。

完成はこんな感じ
DSCF4563.jpg母の手も借りて。
とても東京都とは思えない写真である

その際、とても不思議な光景に遭遇した。

周囲には、一昨日に降った雪が残っているというのに、

なんと、

蝶が飛んできた。

モンキチョウで、束ねた芝にとまったのである。

この時期にこんな蝶を目にするとは・・
DSCF4562.jpg証明にと撮影

この時、私とは母は黙ってみていたが、同じことを考えていた。
「他界した身内が逢いに来たのかな」と。


「生きている人も亡くなった人も、人に想われることはうれしいことだ」
と、昔に聞いた言葉を思い出す。

ホスピタリティ・マネジメント・セミナー

 2008-12-15
私は工業高校卒の学歴だが、大学で勉強できなかったためか、
勉強することは嫌いではない。

今日、そうなることが仕組まれていたかのように、
初体験であったが、ある大学の公開セミナーを聴講してきた。

内容は、

コーネル大学 ホテル経営学部長による

「ホスピタリティ・マネジメント」


ジョギングのブログで、いきなり何を???

と思われて当然である。


「ホスピタリティ・マネジメント」とは

簡単に言えば、「おもてなしの追求」
(その教育のスタンダードに近い大学がコーネル大学)


私としては、1対1の人間関係での気配りからが、
ホスピタリティマネジメントの始まりで、サービス業界と言わず、
個人レベルでも意識してよいことだと思っています。

そんな私は、サービスの研究が好きなんです。


たまたま、この日、仕事がその大学の近くであって、
仕事が済んだ後、通りかかった大学の門に
その宣伝があるのを目にして(それもスゴイ偶然)、
それが一般公開の講座であり年に1度だけのこと、
更に始まるまでにあと20分、
この後は、夕方まで時間が空いていて、
講師は最高権威のコーネル大学学部長
私は、サービスの研究が好き、


こんな偶然は仕組まれていたと思いたくなるほど。

英語がわからない私であるが、通訳の方がわかりやすい説明をしてくれた。


細かいことはマニアックすぎるので書きませんが、


人の笑顔を見るために労を惜しまない人=ホスピタリティマインド溢れる紳士淑女

そんな人が1人でも多く増えて、世の中がより良くなって欲しいと願います。

ジョギングで風邪をひかなくなった?

 2008-12-11
ここ数日、走っていなかったが、理由の一つは、

風邪をひきそうな感覚があったから。

と言うのも

子供達が、次々と交代するかのように、順番に風邪をひいた。
(インフルエンザではないのが救い)

我が家の恒例であるが、子どもの次は私にうつるのが常で

なんとなく鼻水も多く熱っぽさもちょっとあり・・と言う日だった。


しかし、

結局、大したことなく治った。

よかった。

(実は仕事上、風邪をひくわけにはいかないのでいつも苦労しています)

よくよく考えてみれば、ジョギングを始めてから風邪をひいていない

まだジョギングとの関係をはっきり言えないが、

例年であれば4月以降1度くらいは風邪に罹っていることが想像される。


このまま1年、風邪に罹らなければ、ジョギングとの関係がはっきりするだろう。


因みに私は、風邪をひきそうな時は、ショウガを摩り下ろして、

大量に摂取します。大量に。

最近、注目を集め始めた「ショウガ」、実は大好物

唐辛子の辛さは苦手でも、ショウガの辛さはファイトが沸いて

辛さと戦います。

ショウガで辛いカレーは大好きなんです。

食べた後、体が反応して発熱するのが、体が活性化する気がして。
(思考は単純なもので・・・)

今年の冬も、ショウガで温かく乗り切ってやる!

つくばのその後

 2008-12-07
2度目のフルマラソンであった、つくばマラソンから1週間。

いろいろな収穫や反省も見えてきたので、まとめておこうと思う。


●まず、マラソン後の足の痛み

初フルマラソンの翌日は、足が痛くて動けなかったし、痛みにもだえていた。
今回は、痛みはあるものの、足も上げられるし歩くことも出来た。
つまり、2度目だったためか、ダメージは少なかった。

しかし、左足全体の痺れと、左足首の痛みがまだ残っている。
この点は、様子を見てゆく必要がある。


●翌日のジョギング

初フルの翌日は足が痛くて(関節)、足を動かすどころではなかった。
しかし、つくばマラソンの帰りにお話を伺う事ができた入賞者(後日書きます)
から、体をほぐす意味で走ったほうが良いとのアドバイスを頂き実行。

結果は、確かに痛みの引きが早かったように思う。

ちょっと辛かったが、体の硬い私には特に効果があるようだ。


●間が2週間での連続フルマラソン

やはり休養が足りなかったように感じました。

言い訳ですね。

私はペースに疲れの度合いが出るように感じていますが、
今回は、だいたい4分30秒/kmペースになりました。

しかし、本当はもう少し速いペースの予定でいたため、
ペースアップしようとしたものの、足が前に出ませんでした。

この感覚こそが、足が疲れていると言うことなのだと思います。

年齢も上がってきましたので、休息もしっかりしないと・・・・

記録を狙うトップアスリートは、年に1,2回しかフルに出場しないとか・・・


●ラスト5kmでの足が止まったことについて

まだ経験が少ないのでわかりませんが、
おそらく、栄養の蓄えが足りなかったのだと思います。

レース前の1週間、食欲が湧かず、柿とグレープフルーツばかり食べていました。

レースには出ないでおこうかと考えていたので、当然の結果でもあるでしょう。

その延長だと思いますが、ゴール前辺りから、当日いっぱい、
頭痛が続きました。
たぶん血糖値が極端に下がってしまったのかもしれません。

気をつけなければ。


回数を経ると、いろいろ見えてくることがあります。

当分レースは予定がありませんが、地道にやっていこうと思っています。

つくばマラソンに参加してきました

 2008-12-01
直前まで迷いながらも、やはり参加してみたつくばマラソン。

朝6時に家を出発。
DSCF4527.jpg 頭の中はCASIOPEAの「Asayake」気分

手袋をして走るのが良いか悩みましたが、
会場に着くころには、心配に及ばず温かくなりました。
天気は、快晴、雲ひとつ無い空。

つくば駅から徒歩。人の波はあるが一向に着かない。
DSCF4528.jpg

1時間半以上前に駅に着いたものの大きな会場で、
受付、トイレ、着替えを済ませると、もう15分前。
慌てて荷物を預け、スタートラインに。
(乳首には絆創膏、股間にはディクトンスポーツを)

今回は、ゼッケンが予想タイム順になっているようで、
自分の番号の表示がある辺りへ。(でも回りはほとんど、もっと後ろの番号の選手ばかり)

今日の目標タイムは 3時間10分を切ること
でも、予想タイムは 3時間15分を切るくらいだろうか

体調で気になるのが、足が疲れた感じがあること。
(昨日も、自転車で30km走ることになってしまった疲れが、感触として残っている)

0’00(9:30) いざスタート

0km 1’45 スタートライン通過 (まぁ、こんなもんでしょう)

 やはり渋滞は仕方ない
 抜けないままで走る

5km 26’30(24’45) まだ渋滞が続く

10km 49’20(22’50) 設定コースも広くないため大集団が続き、抜かすのに苦労する

15km 1:12'00(22’50) この辺りから、自分のペースで走れる

  筑波山が見え、ハンググライダーやパラグライダーがテイクオフする頃なので
  見えないものか目を凝らすが、なぜか見えない。
  絶好のソアリング日和なはずなのに・・・みんな、どうした?
  そのことがとても気になる

20km 1:34'30(22’30) 既に足が痛み出す(症状が出るのが前回より早い)

  中間地点 1:39’14 (結果的にはほぼ半分)

25km 1:57'00(22’30) この辺りになると足が痛み「今日はやっぱりダメかな」と悪魔のささやき

  前回同様、ここまで握って走ってきたPowerGelを補給
  しかし後から考えれば遅かったのか・・・

30km 2:20'10(23’10) 周囲を抜かしてはいるが、足の痛みが気になる

35km 2:43'30(23’20) 頭までボーッとしてくる感じ。悪魔のささやきが強まる

  37km辺りから、急に、足が前に出なくなる
  湘南では、足は痛かったものの、こんなの初めて。これが足が止まるということか・・・
  左肺上部もかなり痛み出し、足も腕振りでなんとか前に出ている状態。
  急激なペースダウン
  もう周りの選手など意識になくなり、「歩いてしまうか、なんとか走り続けるか」
  その選択だけが頭の中で大議論

40km 3:07'50(24’20) 「次の看板まで走ったら、歩くかを考え直そう」の繰り返し

  何とか走らずここまできたが、もうダメーーー。
  実は最近、辛い事があったので、なんとなく惨めな気分で、余計歩きたくなってしまう
  が、「歩かず走り通したら、なんか良いことあるかも・・」と自分を説得
  ちょっと前で抜かした女性4名に、抜かし返されてしまったが、気力も枯渇。

ゴール 3時間19分台 必死に歩きたがる自分を、必死に説得しながら歩かずにゴール。

  既に頭痛と寒気が始まっていて、「早く横になりたい。どこだったら目立たず休めるだろう・・」
  と言うのが考えていたこと。
  かなり意識もボーっとしていたように思う。


その後、ブースを見たりうろうろすることも出来たのだろうが、
足の痛みと寒気に加えて、頭痛が激しくなったので、
「早く家に帰って寝たい」と余裕が無くなり帰路につきました。
DSCF4529.jpg来た証拠に写真だけは。

乳首も問題なし。
前回は、ランニングパンツが股間で擦れて痛かったが、今回は問題なし。

シューズは新しいものを履いたが、痛くなったりはしなかった。
早く走れたのか?楽に走れたのか????
それどころではなく、靴に意識が無かった。
それだけで充分なのだろう。


前回の湘南のスタートの渋滞やネットタイムを考えると、
ほとんど変わらないタイム。

現時点での自分の実力が、はっきりしました。

1年後には、3時間を切れるように努力をしてみようか・・

「でも3時間を切れる様になったら、何が俺の目標になるのかなぁ?」

とつまらない疑問を持ってしまった。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。