スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

明日は神奈川マラソン(ハーフ)

 2009-01-31
今月も今日で終わりで、明日から2月。

いよいよ、照準を合わせてきた神奈川マラソンが明日となった。

今月は自分なりに結構走りこんでみた。

だが、直前になってフォームの問題に気付いて

無理して改善をしようとしたことがたたって、今日は筋肉痛や

あちこちの関節が今までにない痛みを発している。

ラストの調整にちょっとばかり失敗したかも。

まぁそれは言っても仕方ないことである。


天気は、まずまずのようである。

前回のレースのつくばでは、かなり無理して走って

その後1ヶ月、足首の痛みに悩まされることになってしまった。

集中力を維持しながら、故障にならないように気をつけて、

自己ベストを狙いたいと思っています。
スポンサーサイト

ヨガ、2回目

 2009-01-30
天気は朝からしっかりと雨が降っている。

普通だったら走らないけれど、今月は後2日で350kmジョギングを

達成したいと思ってい。

そこで、夕方のヨガ教室まで、


片手に傘、片手にヨガマットを持ち、ジョギングをした。

靴が濡れてしまうことは問題だが、結構走れるものです。


さて、ヨガですが、まだヨガがどんものなのかすらわかりません。

かなり汗をかき、苦しいポーズなども多く、筋肉プルプルさせながら

ポーズをとっています。


今日先生から、面白いアドバイスを頂きました。

「立った時の姿勢が、腰が少し前へ出やすい」

今までそれほど考えたことが無かったので、意外。

自分で楽な姿勢がそうなっているということは、

腰かお腹の筋肉が弱っていると言うことに思えてならない。

そこまでの原因ははっきりしないまでも、今後、ふとしたときに意識し、

立っているときのポーズも、サマになっているようになりたいものです。


パワーヨガは、終わった時に、疲れたー、という感覚はあるものの、

結構ハードなことに驚いています。


まだ昨夜の筋肉痛が消えない。

今夜は自分でスパゲッティを作って食べておいた。

明後日のレースは大丈夫だろうか。

大会前に、ビルドアップ走

 2009-01-29
もうあと3日で大会だと言うのに、

どうしても、新しいフォームで速い走りをしておきたかった。

というのも、まだ定着していない新しいフォームを

徐々に速くしながら少しで乱れを少なく確かめておきたいというのが狙い。

(本来ならば、もう休養に入るべき時期)

自宅から 計らずウォーミングアップを兼ねて
1周目 11’30 何も考えず走るとこのペース
2周目 11’10
3周目 11’00
4周目 10’30
5周目 9’55
6周目 9’20
7周目 8’50 新しいフォームで目一杯
8周目 計らずにリラックス
自宅まで クールダウンのつもり

駒沢公園も1周の距離が、コース修正で2140mになったようである)

走り始めは 5分20秒/kmペース
最終周には 4分10秒/kmペース

まだまだ、オーバーアクションがたくさんあるように思う。
定着や使い分けには、まだ当分かかると思う。

でも、使い慣れていない筋肉を使うので、足がかなり疲れている。
こんなんで、日曜の神奈川マラソン、大丈夫かな?

大会には、また私秘伝のカロリー貯蔵作戦で行ってみようと思う。

効果が高かったら、発表のつもりだが・・・・

ランニングフォームを変更

 2009-01-28
ランニングにとって、フォームは大切だと、走り始めから感じていました。

しかし、これと言う正しいフォームがわからず、いろいろな意見が聞かれる中、

使われる表現の解釈もままならず、今日まできました。

フォームを直してくれるような教室も、そうたくさんあるわけではないため、

結局は行けていません。


でも、自分なりに、走る他の方のフォームをじっくり見たり、

ネットなどからの情報収集をしたりしながら過ごしてきました。



実は一昨日、ダラダラ走っている最中に、ふと、その

皆が伝えようとしているフォームが、もしかしてこれでは?

と気付きました。


実は、足の痛みが起こる原因を考えていたところ、

原因は私の走りにもあったのではないかと気付きました。

つまり、怪我の功名です。

昨日のジョギングは、新しいフォームで通したのですが、

使う筋肉も使い方も違うため、今日になってかなり足がだるくなってしまいました。

でもこれは、慣れの問題だと思います。

細かい違いは、追々私なりに書いてみようと思いますが、

一言で言えば、


旧フォームは、トレイルや上り坂、短距離用の筋肉での走り

新フォームは、フラットコースでかつ長距離向けの省エネ的な走り


今週末の大会では、新フォームで通すことに専念してみようかとも思う。

まだ現時点で、私の新しいフォームが、正しいかはわかりません。

また、どこからがオーバーアクションなのかもわからず、

意識して動かしているため、リラックスしきれていない。

課題は多く寄道や遠回りかもしれないが、

フルマラソンの記録更新につながることを期待して、

このまま追求してみようと思う。

メンタルは鍛えられたのか?

 2009-01-26
ここ数ヶ月、仕事や色々なことで意にそぐわない結果になることや、

悩ましいことが急に増えたように思う。

最近ちょと落ち込んでいると言うか、精神的に疲れているのかもしれない。


そんな気分もあり、仕事で近くへ行ったついでに浅草の浅草寺へ行った。
20090126114748.jpg
私は1度来たことがあるだけの慣れていない場所。
平日であっても大勢の人がいて、日本語以外の言葉もたくさん交わされている。
人ごみの流れにボーっと身を任せ歩いてみるのも、逆に気持ちの切り替えになったような。
ご安心を、帰りは靴音をカツカツ言わせながら背筋をピリッとビジネスモードに変身しましたので。


しかし、ジョギングは便利だと思う。

そんなグチャグチャな頭の中を、走っている最中に鎮めて、

落ち着いて向き合うことが出来るような気がする。

(とは言っても、その後に対処すら出来ないのですが)

ヨガも同じ効果があるのではと思い始めたが、

まだその段階には程遠い。


走ることで、メンタル面は鍛えられたのだろうか?

いつも「もうやめたいな、歩きたいな」と葛藤しながらも、

なんとか自分を騙し騙し、ジョギングしているが、

まだまだ心は鍛えられていないように思う。


走り始めた頃にどこかで、

「走ることは、心の抑制と解放のバランスが取れるようになる」

と聞いたような気がして、崇高なスポーツなんだと以来思っています。

まだまだ自分の弱さを痛感する、今日、この頃。

つまりそんな簡単には、精神は鍛えられないと言うことだろう。

もう結構人生、生きてきたと思うのに。


走ることも頑張って、

いつか、成長した自分に気付く日があるといいな。

最近のジョギング

 2009-01-25
最近、ブログの更新が、完全な気まぐれ状態になってしまい、

それでも読んでくださっている方にはとても申し訳ないと思っています。


1週間後には、神奈川マラソン(ハーフ)が控えている。

今年も、頻繁にレースに出られそうも無いので、

1回ごと、目的を持って走ろうと考えている。

神奈川マラソンでの目標は、自己ベスト更新。

しかし、最近、更新できるペースではまったく走れていない。

そこで、ひたすら走行距離を稼いでいる。

何もしないよりは良いだろうと思うが・・・・

「今月は、よく走った」と思える月になりそうだが、

それでも300kmを超えるくらいで、400kmには程遠い。

やはり、努力している速いランナーは、違うと痛感。

ヨガ、初体験

 2009-01-18
いままで、興味があったもののやっていなかったヨガ。

いくつかのブログなども見ていたのですが、

遂に、ヨガ教室に申し込みをし、参加してきました。

コースは「パワーヨガ」

地元で驚くほど安い参加費で運営している団体があったので、

これから2週間に1度、夜の教室に参加することにしました。


背中を押したのは、

ジョギングをしていてもっと上達するために、体と対話してみようと考えたこと、

それから、体が硬いこともあるのか軽い故障もしているので、

故障しにくい体にすること。


でも、

ヨガ教室に参加する男性は少ないイメージで、

「女性がほとんどの中で、一人だけ参加する男って、下心見え見えじゃん」

と思われてしまいそうなことがしゃくにも思えていました。

(義理の従妹は女性限定のホットヨガ教室の主宰をしているのですが無理ですし)


ただ、私が参加した教室は、15名くらい、ほとんど女性ですが、

唯一の男性が主催者で、「一緒にやりましょう」と言って下さりホッとしました。

(先生は、若くキレイな女性でした、ウヒヒ!


初体験なので、後ろでこっそり・・・と思っていたら、

先生から「周りの人を見ながらポーズをとることになるので、四方が見えるここが良いのよ」

と中央の前に陣取ることになってしまった。


私は体が硬い。

ジョギングのストレッチを1年近く続けても、軟らかくなる気配が無い。


部屋は、アジアンテイストの落ち着く良い香り。お香ではないがなんだろう・・

予想以上に速い動きの変化で、私だけワンテンポ遅い動きで、

体が硬くぎこちないままでした。

まるで、「Mr.Boo」 の踊りに見えるのではないかと思いました。

ちょっと汗ばんでもきました。


初回だったので、言われることを夢中でこなして、

最後は、仰向けで寝そべり、瞑想的な落ち着く呼吸でした。


体のあちこちの血行が良くなった感じがしました。

第一回目の感想は、「よくわからない」、

でも、世の中でこれだけ流行っていると言うことは、

きっと素晴らしい何かがあるはず、最低でもそれがわかるまでは、

続けたいと思います。


体のあちこちが温まったので、その後駒沢公園へ行って

ジョギング4周しました。

足首の痛みは、腱鞘炎

 2009-01-16
長い間抱えている、左足首の内側くるぶしの後方辺りの痛み。
走る距離が長くなると、痛みが出てくる。
医者に行っていないが、湿布を出されて休むよう言われことが想像される。

私は、仕事の時間が空いてしまった時間つぶしに、よく
「ブックオフ」に行き、250円で売っているCDの中に、名盤が無いかを探す。
一昨日にはその時、スポーツ系の本のコーナーへ行き、
ランニング関係の本が無いかをみていたところ、古い雑誌の特集に
私の症状を解説している記事を発見した。


診断としては『後脛骨筋腱の腱鞘炎』
kkurubushi3.jpg

腱鞘とは、腱(筋肉の末端のヒモ状になった部分)がずれないよう
 骨から出ている固定のためのヒモ(鞘状にホールドしている)のこと。

腱鞘炎は、腱と腱鞘との摩擦による炎症


なぜ、腱鞘炎になるか?

それは、急激にトレーニングが増えたり強くなったことが原因。

もう少しわかりやすく分析すると、持っている筋力よりも
それを上回る使い方をしたため。

私の場合、スピードを上げるために、足首の返しをグイグイ利かせて走ります。

その意識が有ったのは、昨年のあつぎハーフマラソン。
自分でもこれ以上速くは走れない、と思うほど
グイグイと筋力で走った意識がありました。

右足首に症状が無いのは、たまたまでしょう。


どうやって治してゆくか?

1、練習を止める、または練習量を減らす

2、アイシング(湿布も有効)

*湿布の消炎効果が目的で、鎮痛効果は原因の解消にはなっていない。
  鎮痛効果で痛みがなくなったからといって、練習を繰り返せば、更に悪化する。

*個人的意見で、行ったことも無く意見するのはよくありませんが、
  整体院は行ってみたと思うのですが、鍼灸院はちょっと目的が違うのかと・・
 

予防するには?

1、その部位のストレッチ
  後脛骨筋があるふくらはぎを良く延ばす

2、その部位の筋力トレーニング

3、オーバープロネーションに注意
  オーバープロネーションに考慮したシューズを履くこと。
  外側のソールが磨り減ったシューズはNG


リンクフリーの詳しいサイトがありました。
とてもわかりやすく参考になると思います。
腱鞘炎にかかったら~症状から治療まで~

ちょっとおとなし目に走ることにするか。

私と同じように悩む方の参考になれば嬉しいです。


腱鞘炎のことが解ったら、次は、
早く走るために、今の私は筋力でスピードアップしているが、
他のランナーは、そうではないらしいことを、追求たい。

最近の主食(果物の大人買い)

 2009-01-12
また、大人買いをしてしまった。

最近食べたい気持ちが強くなり、買ってしまったのが

りんご。
DSCF4667.jpg

たくさん買うと送料が割安になるので、近所に配ろうと、

60個も買ってしまいました。

でもりんごは食べやすく便利、ここ数日、朝ごはんはりんご1個です。
今年のりんごはとても美味しいと感じます。

食べすぎは体に負担がかかりそうですが、
その時々に食べたいと感じるものを、食べたいだけ食べています。

ここ数年、野菜や果物をたくさん食べてきました。

果物で言えば、グレープフルーツ、スイカ、柿、桃・・・
野菜で言えば、大根、レタス、玉ねぎ、小松菜、水菜・・・
炭水化物では、うどん、お米・・・

私が何かを食べている様は、見ていて惚れ惚れする
と褒めていただいた(?)ことが何度もあります。
もし餌付けしたい方がいましたら、お待ちしています。


やっぱり走らないと、体型が変わって、
洋服代までかかることになりそうなので、

走りまーす。

皇居を走ってきました

 2009-01-11
駒沢公園のランニングショップが企画した皇居でのジョギングに
誘っていただき、仕事も空いていたので行ってきました。

私は今までちゃんと皇居を走ったことはありませんでした。

噂にはよく耳にする皇居でのジョギング。
ついに私もデビュー。

東京で生活している人にとっては、それほど新鮮味は無いと思いますが、
東京以外の方や外国の方からすると、憧れのジョギングコースなのだろう。
それに、女性にとっては、皇宮警察が常にいて
深夜でも安全に走れる、貴重なコースでもあるのだろう。
1周5kmらしい(4.95km)

そんなことを考えながら、ありがたい気持ちで走りました。

今日は、快晴かつ空気も澄んで、とてもスッキリした天気。
DSCF4672.jpg

1周目は、ウォーミングアップも兼ね、ゆっくりと 30’30
2周目は、ちょっとペースを上げ、24’10
3周目は、真剣に走る集団に勝手に着いてゆき 23’30
4周目は、集団がばらけたものの真剣に 21’50
5周目は、足の痛みが出始めたので、ペースを落とし 24’00
気持ちはまだ走れたのですが、足首が痛み出したので、ここまでとしました。

初めてのコースで、周囲にはランナーがたくさんいた事もあって
あっという間の5周でした。
DSCF4673.jpgここが桜田門。
正面の門を通れば1周が4.95km、ここを右に行っても合流します。

特に、3,4周目で、速いペースで走っていた集団がいて、
勝手に後を付いて行ったこともあり、励みになりました
(気障りだったかもしれませんが)。

でも、それをあっという間に抜かしてゆくもっと速い
小柄な女性ランナーがいてビックリ。
外国の方も走っていて国際的な雰囲気もあり、確かに、
他ではなかなか無いコースと言うことがわかります。


今回は、荷物を見ていてくださる方がいたので、身軽に走れました。
そうでない時には、銭湯や専用のロッカーシステムなどを利用するようですが、
混雑もかなりなもののようで、ちょっと気軽に走りに行くには、覚悟が
必要なのかもしれません。

とにかく気持ちよく走れました。

新しいシューズが仲間入り

 2009-01-10
前々から問題になっていた、足の痛みを解消したいと、あれこれ考えていましたが、

シューズに関しては満足していないのが本音でした。

1足目は、asicsの 初心者向け
2000km以上履きこなし、山もレースも何でも走ってきたが、
クッション性重視のためか軟らかく、足の痛みにつながったのかとも考えました。

2足目は 昨年11月に購入、asicsの GEL FEATHER
このシューズは、履いたときの感触が『自然』です。
足を守ってはいるものの、軽くフィットし、靴を履いていることを
忘れてしまいそうなくらい。
しかし、プロネーションに対してもう少し考慮されてるものが良いのかも・・

そして今回、駒沢のランニングショップの店長さんといろいろ話し、
履いて出た答えのシューズがこれ
DS_TRANER.jpg asicsのGEL-DS TRAINER

2足目よりは、やや練習寄りの位置づけになるのかもしれないが、
レースでも充分対応できると思っている。

持ってみて曲げたりすると、明らかにゲルフェザーとは別物(目的が違う)の
シューズであることがわかる。

重さは、こちらの方が重い。
特徴的なのは、プロネーションに関係する、土踏まずの部分の硬さ。

土踏まずの部分のバネも強くなっていて、つま先と踵のねじれにも強く作られている。
着地時の体重の沈み込みが、自然にバネで前進力に変換されやすい構造である。
DSCF4670.jpg

いろいろ履いてみたものの、私にの足にはasicsが合っているように感じる。
ちょっと驚いたのは、同じメーカながら、
GEL_FEATHER(WIDE)では27.0cmだったのに、
GEL_DS_TRAINERは27.5cmが適していた。
不思議なものである。


明日は、これを履いて、ちょっと長めに走ってみようと思う。
DSCF4669.jpg

足の痛みの原因、いまだ解決せず

 2009-01-08
ここ半年ほど、左足の内側のくるぶしの周辺が、

走り出して10kmくらいすると痛み出す故障を抱えている。


この痛みがなぜ発生するのか、いろいろ自分なりに考えているが、

いまだに答えは出ていない。


医者に行ったかといえば、行っていない。

その理由は、勝手な予測だが

私が求めている原因の解明には至らないと思うからです。

決め付けばかりもいけないとは思うが、

「とりあえず湿布を出しておきましょう。」
「走り出して起こる痛みですから、治らない時には走ることを休んでください」

そう言われるのがお決まりだと思えてしまう。
医者の役割は痛みがなくなることなので。
痛み出した始めの頃に、スポーツクリニック併設の整形外科に見てもらったが、
確かにこんな回答のみだった。


自分なりに原因を考えて試行錯誤してみたが、まだ解決には至っていない。


左足だけが痛むという事は、その部分だけに過負荷がかかっていることになる。

なぜ?


オーバープロネーションが関係しているようには思っています。

オーバープロネーションが少なくなるように、道路のセンターラインの上で
線をまたぎ踏まない様に足を開き気味で走ってみました。

→ 痛みが和らぐ印象 無し


フォームが悪く(左右差があって)、左足首に過負荷がかかるのか?

駒沢公園のランニングショップの店長さんにアドバイスを頂いているのですが、

「フォームが悪くて・・・と言うことじゃないように思うな」、とコメントも頂いています。


先日、山を走ってきました(鷹ノ巣山-雲取山)。

この時は距離があったものの、痛みが全く出ませんでした。

という事は、シューズのクッションが足りないのか?

→ クッションの強さの関連は、まだわかりませんが、右足は大丈夫という事は

単純にシューズの衝撃吸収が原因とも言えないような・・・


とりあえず、アキレス腱を伸ばすストレッチで、後ろに伸ばした足の

踵を外側にずらし、内側のくるぶしが良く伸びるようにしています。


それと、アドバイスを下さっている、駒沢公園のランニングショップの店長さんと
シューズを変えてみる相談をしています。

少なくとも、これまで履いてきたビギナー向けジョギングシューズは、
スピードを出して走る際にはやめたほうが良いようです。

asicsのGELフェザーを履いてもいますが、私の走り方には
別のシューズが合っている提案を頂きました。


また変化があったら報告したいと思います。


練習メモ
駒沢公園を7周(1周 11分からビルドアップで9分40秒まで) 

私にとってジョギングは依存の一つ?

 2009-01-07
ジョギングの習慣が身についてから、

自分に起こった変化の一つに、

音楽を聴く量が減ったことが挙げられる。


それまで、私はかなり音楽を聴く時間が長かった。

実際は「ながら」で、家にいる時には、音楽を聴きながら何かをしていた。

自分の気持ちや季節に合わせて、聴く音楽の選択肢があったりした。

まさに、「No life, No music」であった。

特にJazzやFusionなどのインストゥルメンタルが中心。


ところが、ジョギングを始めてから、無音で何かをしていることが多くなった。

自分自身でも、不思議に感じ、どうしてか考えたが、

私は、依存傾向が強いのかもしれない。

以前は音楽に依存し、今はジョギングに依存している。

お酒を飲むことが好きな人が、飲みに行くのと同じで、

それがお金がそれほどかからず健康に良いだけのこと。


「依存がある人は精神的に弱い」、と今まで思っていたが、

自分自身がそうであったことに気付くと、不思議な気分である。


ジョギングが依存の対象から卒業できるようにならなくては、

まだまだ、人間としてもランナーとしても未熟と思えてきた。



ジョギングは、坐禅のような意味合いも私にはあるのかもしれない、

このことに気付いたのだから。



練習メモ

一昨日は、公園3周と、100mを5本で、10.4km
昨日は休息として
今日は公園6周 15.8km

私の身近なジョギングブーム

 2009-01-04
この季節は、親戚など久しぶりに顔を合わせる人が多いもの。

元旦には、妻の祖母のもとに、子・孫・曾孫が全員集まる恒例行事がある。

私も結婚してから参加しているが、話が盛り上がりあっという間のひと時である。

そんな中、妻が私のジョギングをネタに出したところ、

意外な返事が返ってきたらしい。

「実は私も走っているの!」

成人は20名近いが、驚くことに約4名も走り始めていた。

更には走りたいと考えている人も数人いる。

私もビックリ。


そもそも、私自身がジョギングブームの真っ只中で走り始めた1人である。

これまでこの親戚の中でジョギングの話が出たことなど一度も無かったらしいが、

この人数でいきなりジョギング人口が増えていることは、

まさにブームの到来である。


ほとんどの人が月に数回程度で、タイムなどは気にしていないようだが、

それぞれに楽しんでいるようである。


ブームがきっかけになることは良いことだと思う。

後は、「流行に流されただけでしょう」と言われないためにも、

ジョギングのメリットが得られるよう、継続してゆきたいと思う。


やはり、バランスも大事なのかな。

仕事とジョギングと父親と・・・・・・・何角形になるのかな?



練習メモ

今日は昨日の山走りで、下りの際の踏ん張りからちょっと筋肉痛。

無意識に走って、1周11分15秒

(このタイムは、私の中で結構疲れているということ)

駒沢公園4周のあとで、100m加速して、100m歩く程度の速度で、

を7本繰り返してみた。 

合計13km

走り初めに雲取山へ

 2009-01-03
今年の走り初めに、東京の奥の山を走りたかった。
(とは言っても、元旦にジョギングしたが。更に1月2日にも
今日紹介するコースを走ろうとしたが、家族の強い反対に遭ってしまった)

朝、7時過ぎ、奥多摩の峰谷に車を置いて、目指したのは鷹ノ巣山。

DSCF4626.jpg
今日は非常に天気が良く、上空に冷たい寒気も入ったため、空気が澄んでいた。
とても気持ちよい景色であるが、とにかく寒い。
ここまで約1時間30分

DSCF4627.jpg
因みに、海が見えた。
写真中央上で光っているのが湘南地区で、江ノ島や三浦半島がお分かりになるでしょうか。

今日は箱根駅伝の復路の日。
箱根辺りも見え、東京まで目をやると、かなりの距離であるように感じました。


さてこれから目指すは、雲取山。
DSCF4619.jpg
写真の右の木の枝の先辺りで最も高いところが雲取山の山頂である。

1月3日とは言え天気の良い土曜なので、登山者もたくさんいた。
DSCF4629.jpg
途中の七ツ石山の山頂から雲取山を望む。

水平移動に近いランニングが出来るので、雲取山頂まで約1時間30分で到着。

DSCF4631.jpg
とにかく惚れ惚れする富士山の雄姿。

ここまで来た記念に。
DSCF4633.jpg
この時点で、ちょっとへばってきました。
と言うのも、家族には反対されているジョギングなので、
家族を起こさないように家を出ました。
加えて、昨日まで親戚の顔合わせなどで食べ過ぎだったので、
朝食を摂らずに走り始め、バッグに入れてきたのは、年始挨拶のどら焼き1個。
それをここで食べて、いざ帰路へ。


因みに、途中の鷹ノ巣山はこの写真の左側の山。
ここから1時間30分であった。
DSCF4638.jpg

帰りは、千本つつじまで1時間弱で戻り、40分下って峰谷まで。
結局、蓄えたエネルギーがかなりあったようで、元気に駆け続けられました。

冷たい風が強かったが、雲ひとつ無い真っ青な快晴で、とても気持ちが良かった。
今度は春に来ようと思う。

今年のジョギングの計画を思い描きながら、気持ちよく走れた。

今日にランニング距離 30km

あけましておめでとうございます

 2009-01-01
あけましておめでとうございます。

いろいろなことに興味を示すものの、長続きする趣味が少ない私ですが、

知らない方々からの励ましなども頂き9ヶ月を過ぎました。

年が明けて、今年の抱負などそれぞれが胸に秘める時ですが、

今年も走り続けようと思っています。


今年の目標は、フルマラソンのサブスリーかな。

走りに関しての一番の目標は・・・まだ伏せておきます。

今年もよろしくお願いいたします。


更に今年やってみたいものが、ヨガ、合気道、座禅、写経、ダンス・・・


今日は、デパートでくじ引きに参加するためにジョギングしてきました。

今年初めての運試し。
5千円の参加費を払うと、外れても5千円の商品券がついてきて、
当たりは、豪華商品が数本入っていると言うもの。
開店40分前に行ってみると、既に長蛇の列。
私の後ろの家族も、子どもまで含め、皆すごい意気込み。
その家族のお母さんが子どもに言ったせりふは
「あんたの右脳教育に数百万かかったんだから、
こういう時にこそ成果を発揮してね」
子どもは子どもで、
「テレビ(大型)は当たってもいらないなー。
Wiiだったら僕用のにするからそれがいいな。」

なんともすごい会話。


抽選の結果は、 ハズレ でした。

いつも思うのですが、こんなところで運を使わなくて良かった、
そう思うようにしています。これでよかったのだ。

今年も皆さん頑張りましょう、よろしくお願いいたします。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。