スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

東京マラソン・・その3、中盤

 2009-03-31
10kmの日比谷を過ぎて、南下し品川を目指し走っている。
まだ辛さなどはそれほどでもない。
ただ10kmを通過時には、28分の表示を見た。
スタートのロスを考えても、ちょっとかかり過ぎかな・・・でも挽回は難しいなぁ・・


先の右に見えるのは芝公園(御成門駅を過ぎた辺り)
折り返しコースに車が来た
DSCF4833.jpg

折り返してきたトップランナーとすれ違う。白バイ先導。
DSCF4834.jpg

トップランナー選手。心の中では「スッゲー!」と見ているだけで圧倒される。
賞金もかかっているので気迫も違うように感じる。
DSCF4835.jpg

トップは大集団(手ブレでゴメン)
DSCF4836.jpg

増上寺周辺は応援の人も多く盛り上がっている。
DSCF4837.jpg

緑の多かった芝公園も終わり
DSCF4838.jpg

田町近くを過ぎて
DSCF4839.jpg

泉岳寺駅。自分より速い折り返したランナーを観察しながら。
早く折り返しが見えないかぁ・・・
DSCF4840.jpg

いよいよ品川駅が見える頃。
それにしても、コップは他のランナーや片付けてくれる人のことを考えて捨てて欲しいなぁ。
DSCF4841.jpg

バス2台で道がふさがれている。
ヤッター、いよいよ折り返しだ。
DSCF4842.jpg

折り返して日比谷まで北上
給水があるが、どこも長いテーブルを用意してくれているので、
とりそこなうどころか、何度も取っては飲めるほど。ありがたい。
DSCF4843.jpg

増上寺の辺り
DSCF4844.jpg

やっと日比谷公園手前まで戻ってきた。
DSCF4845.jpg
この写真を撮った後で、給水にいるボランティアで、存在感のある見覚えのある女性を発見。
このブログを始めた頃から、時折声をかけてくださっているかおちんである。
こんなところで生かおちんを初めて見るなんて・・・咄嗟のことで、
名前を呼んで、ありがとう、といったものの、立ち止まらず、過ぎてしまった。
初めて会ったのに、名前を名乗らなかったことがこの後に走りながら悔やまれる。

日比谷を右折し、すれ違いではなくなる。この先に銀座があると思うとワクワク。
DSCF4846.jpg

銀座4丁目の交差点までもう少し
DSCF4847.jpg

銀座4丁目の交差点を左折。
どんな景色なのか楽しみでもあった場所のひとつ。
沿道は人でいっぱい。
こんなにたくさんの人に見守られる中を走ると、自分が注目を浴びる存在かのような
錯覚を起こす。まぁ、こういう時だけ錯覚を味わうのも、ユルシテ。
DSCF4848.jpg

こんな景色、見たこと無い。
浅草からの帰りのランナーはまだみたい。
間に合ってよかった。
ここに戻ってくるぞと気合を入れ直す。
DSCF4849.jpg

アップルストアー前。
DSCF4850.jpg

おっ、折り返しの選手。
DSCF4851.jpg

銀座一丁目辺り。
先頭集団はばらけ、数人に絞られたみたい。
DSCF4852.jpg

京橋のイメージはビジネス街。住人と呼ばれるような生活をしている人が一番いないところに思える。
DSCF4853.jpg

これが東京駅の前あたりになる。
こんなあたりを車を止めて走れるなんて贅沢そのもの。
DSCF4854.jpg

DSCF4855.jpg

日本橋浜町の明治座前。
DSCF4856.jpg

浅草橋の南側
DSCF4857.jpg

いよいよ折り返しの浅草が正面に見える。
DSCF4858.jpg

雷門が見えてきた。
DSCF4859.jpg

驚くほど密集した人ごみがコースを空けてくれている。
Uターンではないようだ。
DSCF4860.jpg

DSCF4861.jpg

雷門を右折して、ビールのビルだ。
DSCF4862.jpg

すぐにもと来た道に出て、これから銀座まで南下。
でも、銀座からここまでが、長かったなぁ。
DSCF4863.jpg

DSCF4864.jpg

DSCF4865.jpg

うぉー、銀座に戻ってきた。
でもここで急に雨が激しくなってきた。
私は濡れて構わないが、応援している人達は大変だろうな、
とそっちに気が行く。
DSCF4866.jpg

実はここでビックリなことが。
私の家族は私のマラソンは無視なのですが、
妻の両親は興味があるようで、見学に来ていて、何と私を見つけ
名前を呼んでくれたので、沿道まで駆け寄って握手をしてきました。
全くの予想外の出来事でビックリ。
もうかなり辛くなってきて、ヘロヘロ走っていたのでカッコ良くなかっただろうな。
実は既に両親もマラソンに向けて動き出しています。
それは後日。

銀座4丁目をこれから左折。
DSCF4867.jpg

銀座4丁目を左折し、後続のランナーとはすれ違いが無くなり、
ひたすらゴールへ。
築地を通り、佃大橋へ。まだ雨が降っている。
DSCF4868.jpg

月島の辺り。
一般道ではあるが、自動車専用の道路なので、普段ここにはジョギングなどでは入れない。
ただ、応援する方が入れない場所なので、誰も見ていない。
やはり応援のありがたさを痛感することになった。
DSCF4869.jpg

先に見えるのが豊洲。
カメラのストラップが入っちゃいましたね。
DSCF4870.jpg

豊洲の辺り。このあたりでも応援の方がたくさん。
ここで、JogNoteで始めた頃からリンクさせていただいている
サンタさんがいるはずだったが、赤い帽子は見つからなかった。
DSCF4871.jpg

また雨が降り出し、強風が斜め右前から吹きつけてくる。
あと1kmも無いくらいで、この先を右に行った辺りがゴールなはず。
ラストに相応しい荒れ模様。
DSCF4872.jpg

この後、自分の中では大きな感動も無くゴール。

しかし、私は走っている時点で、ゴールしたらあることをしようと決めました。

次回を、東京マラソンのまとめの記事にします。

一体何が起こったのか、何が待っているのか、お楽しみに。
スポンサーサイト

東京マラソン・・その2、いよいよスタート

 2009-03-26
スタート直前の緊張が高まる中、
DJ(赤坂恭彦さんに声質や雰囲気が似ていますが、後から調べて山本ゆうじさんと言う方であることを知りました)
が、ノリの良い雰囲気で緊張を和らげてくれる。

国歌斉唱
新宿のビジネスが止まっている空に響くのが気持ちよい。
とても気高く感じました。

石原都知事からの挨拶は、「みなさーーん、」とフレンドリーな雰囲気の語りかけから始まり、
とにかく嬉しそう。
全く偉ぶったような感じがない、同じ目線で語る雰囲気は、とても好感が持てました。

5分前に車椅子競技のスタートの号砲。


そしていよいよカウントダウン

そして、号砲!

スタートラインでは、スモークのような煙が舞っている。
DSCF4808.jpgでも小さくて見えない。

歓声が上がり拍手が起こる。

さぁ、始まった、行くぞぉー!

さてここからスタートラインまでどのくらいかかることか。
DSCF4810.jpg
ちょっと間を置いてから、少しずつ動き出す。
でも歩く速度にもならない。

この東京マラソンがすばらしい一番の立役者であるボランティア。
不思議なことに、女性が多く、それも美人ばかり。

DSCF4811.jpg
とにかく、このボランティア無くして、この大会は有り得ないというほどの存在。
(ゴール後の記事に詳しく書きます)

徐々にスタートラインが近付いてくる。
DSCF4812.jpg

おっ、石原都知事だ!
DSCF4814.jpg

この大会の発案者であり、大会実行委員長。
こんなに嬉しそうな石原都知事を見たことがありませんでした。
本当に嬉しそうです。
(全員がスタートするまで、ずっと手を振り笑顔で送り出したそうです。
さすが、都知事も心を込めて応援してくれていることが感じられ嬉しいものです)
DSCF4815.jpg
結局、スタートラインまで私は、都知事に見とれて計り忘れたが、4分はかかったようである。
全体からすれば、かなり前です。

さてここから、走りながら写真を撮っているため、手ブレがかなりあります。
その点は許してください。
目を細めて観れば、良く観えるとか噂が・・・


走り出して少ししてから、今日の走り方を決めました。
これまでのフルのような、「タイム短縮以外考えない」走りではなく、
「精一杯走りながらも、写真を撮りいろいろなことを感じておこう」
そう決めました。


靖国通りに出て、先に見えるのはJRの緑色のガード
DSCF4816.jpg

徐々にガードが近付いてきました。
DSCF4817.jpg
(実はこのガードの下で、小便をする男性ランナーがたくさんいました。
やはりマナーは守らなくては。同性として恥ずかしいです。)

空はどんよりとしたまま。
新宿のデパートが並ぶ辺り。
DSCF4818.jpg

先に目を遣っても、どこまでもランナーだらけ。
思ったほどの過密状態にならないのは、なんだかんだ言いながらも、道路の幅が広いからだろう。
DSCF4819.jpg

曙橋の手前辺り
DSCF4821.jpg

このあと、自衛隊市ケ谷駐屯地前を通過。
正門前には、自衛隊の楽団の方が並んでいたが、
既にひと演奏終えて疲れた表情で休んでいた。
確かにずっと演奏は辛いはず。

その後、市ケ谷駅を経て、5kmを通過し、飯田橋駅を通過するところで、目白通りを右折。
DSCF4822.jpg

飯田橋一丁目の辺り
DSCF4823.jpg

西神田手前
DSCF4824.jpg

右と正面は、皇居のお堀。
どんな景色が見れるのか?
DSCF4825.jpg

大手町の辺り
DSCF4826.jpg

和田倉噴水公園の辺りと思うが、景色を見た記憶がない。
つまり、結構辛くなっていたのだろう。
DSCF4827.jpg

まさに、右には皇居。
でも観た記憶が無い。もったいないことをした。
DSCF4828.jpg

祝田橋を左折
皇居はここまで
DSCF4829.jpg

日比谷を右折して右は日比谷公園。皇居はここまで。
ちょうどこの辺りが10km地点。
まだまだ先が長い。
10km競技のランナーはここまでだが、一緒にスタートする必要性はあるのだろうか?
DSCF4830.jpg

内幸町手前
DSCF4831.jpg

これから新橋の近く。
とにかくこの時点では品川を目指し、折り返しではここを通ることに。
DSCF4832.jpg

次号に続く

東京マラソン、こんな感動するとは・・その1

 2009-03-23
私は普段、たやすく『感動』などと言う言葉は使わない。
ましてや仕事で「顧客を感動させる」などと言うことを分析したりも
しているので、嬉しいことは頻繁に感じお礼の気持ちを伝えるが
感動するということは、映画を観る程度ではなかなか無いものである。
それは見方によっては、感性の鈍りなのかも知れないが・・・


先に結論を言うと、

走り始めて11ヶ月、レースは7度目、フルは3度目。

しかし、今まで走ることで感動と言うほどのもは感じませんでした、

が、この東京マラソンで、思いがけず、大泣きしてしまいました。

それは、自分が完走出来たからではりません。

その訳は・・・



この東京マラソン出走にあたり、どう臨むか、自分の中で考えていたことがありました。
とりあえず、応募しておこうとエントリーして、予想外ながら当選。
参加できないランナーの方々は、ボランティアなどで参加しようと言う方が多い。
そうなれば、安易な気持ちややる気の無い気持ちで走るのは、あまりに失礼。

ならば必死に走る。

か、何かしらその思いに応えるように走るか・・・

そこで考えたのが、
デジカメを持って、ランナー目線でたくさんの写真を撮って、
このブログで報告しよう。


それが私の目標の一つとして考えました。タイムは3時間10分を目指して。



いよいよ東京マラソン当日。

ろくな睡眠時間もとれず、天気はちょっとどんより。
「まぁ、マラソンには好都合か」
バナナ、グレープフルーツなどと残り物のご飯を自分で食べていざ、出発。

3万5千人???
一体、どのくらいの人なのか想像がつかない。

新宿駅に7:20

電車の中から既にランナーと思しき人を何人も見かける。
改札を出るのに、もうちょっと渋滞。

スタート地点に近付くに連れ、徐々にランナーが増える。
DSCF4793.jpg

この地下道を抜けると、そこは・・・
写真も撮り忘れてしまったほど、多くのランナーで渋滞している状態。
DSCF4795.jpg

自分がどこへ行けばよいか判らないが、流れの中にいるのは確かで
その流れのまま進むと、ランナーだけが入れるスタートゾーン。
確かに区切られた中はランナーだけと言う方法が正解だと感じた。

さて、出走ランナーだけなのだが、もう雰囲気に飲まれてしまい、
人の多さに「早く準備してスタート地点に向かわなければ」
と焦ってしまった。

着替えと言うほどのことも無く、その場で上着を脱いで服をまとめ、
荷物預けのトラックの番号表示を探し出し、手荷物を預けました。

小さなウエストポーチにデジカメとパワージェルがあるのみで、
あとは全て袋に入れて預けました。

何とここで、荷物預けの大型トラックがズラーッと並ぶ前の
DSCF4796.jpg

荷物預かりのボランティアが並ぶ中、ひときわ存在感の大きな
リーダーが目に入ります。
なんと、ブログを拝見していたshimoさん(会うのは初めて)。
しかしランナーが多く、手を止めていただくのも恐縮で、
ゆっくり話せる雰囲気ではなく挨拶もそぞろになってしまった。
shimoさんは3年連続落選で、ボランティアを担当してくださっているとのこと。
走ることもかなりの大先輩にあたる方で、ジョギング暦11ヶ月で当選の私は
ちょっと申し訳なさ過ぎる。
とにかく、ボランティアの方々にはとても感謝していることを伝えました。
(雰囲気に飲まれ写真を撮り忘れた)

これだけの人ならば、トイレはすごいことになっているだろうと思いきや、
ほとんど並ばずに済んだほど、数が用意されている様に感じた。

スタートゾーンに急ぐよう、案内が連呼されている。
私も急いで行って見ると、自分の割り当てられたゾーンの前方1/4ほどに
ランナーが集まっている。
DSCF4797.jpg

後ろを振り返ると
DSCF4798.jpg

この時点で、8:00
まだ1時間以上ある。
雰囲気に呑まれここまで来たが、
まだ1時間以上待つのかと思うと、寒いし退屈。
アップもしていないが、後ろにはどんどんランナーが並ぶ。

その場で柔軟などしていたが、緊張もあって尿意が再び。
そこで、スタートゾーンの直ぐ横へ出て、アップを兼ねてちょっと走ったり跳ねたり。
でもスタート横のトイレはちょっと混んでいた。

用を済ませて戻ろうとしたところ、
何と、自分のゾーンがいっぱいになってしまったということで
後ろのゾーンに行くよう指示されてる。 え゛ーーーっ??
ここは素直に従わなくては。
DSCF4803.jpg
すると直ぐ横に、
DSCF4802.jpg
スタートの時は私との間に1人だけという近距離。

後ろを振り返れば
DSCF4805.jpg
まだこの先を右にも続いているはず。

前を見れば、
DSCF4807.jpg

因みに私はと言うと。すぐ横にいたボランティアの方にお願いしたら、
快く笑顔で写真を撮ってくれました。
DSCF4806.jpgこの時8分前

続きは、また明日書きます。


いよいよ明日

 2009-03-21
遂に東京マラソン前夜となってしまった。

気分としては、勉強をしていないまま期末試験を明日に控えた夜の気分です。

ここのところ、余裕が無いままで、走ることも闘志を高ぶらせることも
ちょっと手抜きになってしまった。
更には、食事もロクに取れていないし、睡眠もかなり少ない状態です。

前夜はいつもの大会のごとく、走ることを歓迎していない妻の気分もあり、
自分でスパゲティを作って食べた。
(いつも大会が近くなると、険悪な雰囲気になってしまう。)

でも言い訳は良くありませんね。

抽選に当たらなかった方にすれば、だったら代わりに走りたいよ、
そう思うでしょうね。

今の自分で、精一杯、走ってみようと思います。

でも、

天気が心配。

かなり荒れ模様で昼からは雨、という予報も。

うーーーん、考えても仕方ない。

濡れるなら、潔く濡れてゴールしよう。

目標タイムは・・・

やはり、スタートラインまで5分、そこから3時間10分として
3時間15分を目標にしようと思う。
でも、そう簡単には行かないのでしょうね。

デジカメはウエストポーチに入れて、走ろうと思っています。

出来ればですが、コースで写真を撮りながら走りたいと考え中。
でもそうなると、タイムよりも観光目的の走りになるはず。
この点はまだ思案中。


明日は多くの走りたいけれど当選しなかった人や、ボランティアの方々、
応援してくださる方々の思いを背負っているのだと思う。
支えてくれる方々には、感謝の思いです。

まだ準備もこれからですが、5時間くらいは寝たいものです。

ではみなさん、明日はよろしくお願いいたします。

事前受付に行ってきました

 2009-03-19
今日から、東京マラソンの事前受付開始である。
明日と明後日は、全く時間が取れないので、
今日の夕方に時間を空け、受付に行ってきました。
場所は、東京ビッグサイト。(東京に住みながら初めて来ました)
DSCF4778.jpg

ゼッケンを受け取った後は、いろいろな協賛企業のブースがあり、
とてもにぎやかでした。
まさにお祭り。
どのブースでも、「空いている今のうちにゆっくりご覧ください」
とは言うものの、比較できない私が感じるのはかなり混んでいるということ。

おそらく前日などは、ものすごい混み方をするのだろうと思う。
DSCF4779.jpg

不景気といわれながら、いろいろなブースの前を通ると、
パンフレットやら、試供品などどんどん荷物が重たくなってしまうので、
程々に頂きながら見学してきました。


帰ってきて、大会事務局から渡されたものを見直してみました。
DSCF4780.jpg
大切なのは、ゼッケンと計測チップ、
その他に、Tシャツ(メッシュ地で物は良さそう)、
参加者名簿(すごい人数、当日の9:10には37000人あまりがスタートか・・)、
厚手のビニールで大きい荷物預け袋、などなど・・

とにかく、当日の人だらけの大混乱がなんとなく恐ろしく思えてきました。

しかし、当日受付が無いことは、地方の人にとっては前日の早い時間に
東京入りしなくてはならず(代理受付がNG)、大変なこと。
何か良い方法があれば良いのにと思うのですが。

結局、仕事が終わらず、走る格好に着替えたまま夕食も摂らず深夜に・・・・

いよいよ東京マラソン

 2009-03-18
3月になって、インフルエンザが治ったと思ったものの、
その後、走ってもスピードが乗らず、力不足を感じるまま後を引いている。
いまだに、納得が行く走りが出来ていない。

今月は、想像もしていたが、仕事の波があり忙しい月で、
帰りが遅かったり、家でも仕事の続きで遅くまで何かをしている
そんな日が続いている。
そのため、なかなか走れない。

ごめんなさい、東京マラソンが遅いタイムになりそうなことへの
言い訳を探しているような、弱気な気分。

こんなじゃダメだ!と思いながら、自分の中で格闘しています。


今日はかなり暖かく、半袖短パンでも走り出せば全く寒くない。
夜に、走るのがとても気持ち良い季節が始まりそうです。
今日は、駒沢のショップの練習会に久々に顔を出しました。
他の方の、最近大会に出た話などを聞いて、
次は俺の番だな、と思いました。

当日までは無理をしない程度にランニングをして臨もうと思っていますが、
前日、前々日はかなりハードな仕事になりそう。

仕事も練習も含め、当日へ向けて頑張ります。

練習再開

 2009-03-07
長いこと練習もブログも、ご無沙汰してしまった。

仕事が忙しく深夜帰りが続いたり、春らしく雨になってしまって諦めたり、

先週末からは、遂にインフルエンザに罹ってしまった。

ジョギングを始めてから風邪はひかなくなたので、

大丈夫かと思っていたが、長男がかかって3日遅れで私も感染してしまった。

仕事は代わりが利かなかったので、休めずすっと働いたが、

その後の熱がなかなか下がらなかった。

前回のジョギングから8日も間を空けてしまった。

昨年4月に走り始めて以来、こんなに休んだのは初めてだった。

今日は15.8kmをゆっくりと走ったが、かなり体が鈍って閉まったのは言うまでもない。


2週間後には、人生の「運」の大部分を使って当選した東京マラソンがある。

参加できないランナーの分まで、納得してもらえるような走りをしたいと思っている。

せめてあと1週間は本気で走っておかなくては。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。