スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

久々に20km超え

 2009-04-30
最近、長く走ることに飽きてしまい、ついつい短い距離でのランニングになってしまう傾向が強い。

昨日、久々に、駒沢公園を10周した。

と言うか、出来た。

最初は1kmを5分程度のペースから、じわじわと加速し、

後半は、1kmを4分10秒ペース、ラストは4分まで上げて走れました。


走りながら、長く走れた理由を考えてみました。

 ・体調がそれほど疲れていない(ランニングの疲れが取れている)

 ・考え事をしたい気分

上記2つが長く走るのには必要なんだろうと気付きました。


考え事でも、逆に走れないこともあります。

 ・集中できていない、気持ちが折れてしまう時。

 それは辛いことがあったとき。


改めて考えてみると、

 悩み = どう対処してよいかまだ決まっていない問題

   走りながら、最善策を考えるのには都合が良い


 辛いこと(つらみ) = 自分の中で受け入れることが出来ないこと

   走っていて、ついつい足が止まってしまう
   潜在意識では受け入れたくない、信じたくないことでしょう
   例えば失恋とか
   受け入れることが出来れば対処の仕方を考え出して
   悩みに変わるのでしょう

ポジティブシンキングとは、起きている事柄を受け入れて、

どう対処するかに集中して考えることでしょう。


今日のランニングで改めてわかった教訓

・悩ましいことは、まず受け入れ(事実は変わらないことを認識し)て、
 どう対処するかに集中しようとしてゆくことが、解決への王道


今日の内容は読んでいてつまらない、

と言うか、こいつ何を言ってんだ?と感じる方も多いでしょう。



実は、最近更新が無かったプリンセスキャンディさんに、

様子伺いでメールしたところ、ここのところ悩み中。

なんとその悩みのネタは、私が今、悩んでいることと一緒だったので、

びっくりと言うか、笑ってしまいました。


まぁ、走ることで、精神面のバランスを保つことと、

笑顔を忘れないことは大切ですね。



こーんなくだらないことを改めて考えながら、走っていました。
スポンサーサイト

走るとウエストポーチが動く

 2009-04-28
ここ数日、朝走る時間が作れるので、

6時半までにはメールの処理などをして8時前までを目安に走っている。

ちょっとひんやりした、爽やかな朝の空気がとても気持ちよい。
DSCF5009.jpg


先日、写真を撮ろうとウエストポーチにデジカメを入れて走って、

面白いことに気付いた。(私にとって面白いだけですが)


ウエストポーチを背中に回して走っていると、

そのポートが徐々に左腰に寄ってきて、

更に放っておくと、お腹の前にまで来てしまう。

つまり、上から見ると、ポーチが腰の周りを時計回りに移動する。


これはなぜか?

やはり、ランニングフォームや走り方など、左右差があることには違いない。


自分なりに、体を傾けてみたり、片足だけ蹴り出しを強くしてみたり

いろいろ試してみるものの、極端にポーチが移動するわけでもないので、

何が原因なのか判りませんでした。

でも何かしら、今後の改善のヒントにはなるのだろうと思います。


フォーム改善は、ベテランになっても課題なんだろうな、と想像しています。

先日、どこかの雑誌で、リュックに入れたペットボトルが縦に揺れない走り方が、

理想のフォームに近いというような記事を読んだことを思い出しました。

今度、試してみようと思います。

お気に入りのアイス

 2009-04-26
たまには、美味しいもののネタで。


普段から、アイスクリームなどはそれほど食べるわけではないが、

先日、母親がこれは美味しいと言ったので、私も食べてみたところ、

とても好きになったアイスがある。

高級なもので美味しいものもたくさんあるだろうが、

これはお手頃、

シャトレーゼ
「自家焼きシュガーコーンアイス バニラ&ベルギーショコラ 」
DSCF5012.jpg


割とさっぱりしたしたアイスで私好みだが、

まず、トップにかかっているチョコレートやカップの内側に塗られているチョコレートが

ベルギーのチョコで苦味が強くコクがある。

このチョコは単独よりも、甘いアイスクリームと相性が良いように感じる。

アイスクリームは、これまたコクがあるバニラで、不思議なことに

クリーム自体がそれほど堅くない。

口の中に入ると、トロッっと融ける感じで、あっという間に食べてしまう。

コーンの先までしっかりとクリームが入っていて大満足。

コーンが、これまた、内側のチョコのコーティングのおかげなのか

カリッとした食感を保っていて、自家焼きと謳うだけあって、

単独ではがして食べても美味しいものである。
DSCF5013.jpg

これでもって、1個147円。

この価格で、これだけ美味しいなんて、さすが。

まだ2個しか食べたことがありませんが、

私の中でアイスクリームといえば、これが思い浮かぶようになりました。

時には、ジョギングを頑張るときに、

ちょっとした自分へのごほうびとして、食べるのも良いですね。


これでまたひとつ、頑張る動機付けに出来るかな。


何年も前から工場見学にも行ってみようと思っているので、

今年の夏あたりには行動に移してみよう。

走り始めて1年

 2009-04-16
ふと思い返して調べたら、走り始めてから1年経ちました。

(昨年の4月9日でした)

思いつきで走り出し、数値記録をつけて向上させることと、

励みになることを狙って、ブログをすぐに書き始めた。


いままでジョギングが長く続いたことは無かった。

学生時代も、短距離も長距離も、足は遅く、走るのは苦手。

バドミントン部だったが、走りこみは避けて通ってきた。

でも、育ちが田舎だったこと、普段から体をよく動かしながら

生活をしてきたことが良かったのか、

初めて駒沢公園を走った時には、そこそこのタイムだった。

(今見直してみてビックリ)

逆の言い方をすれば、ジョギングデビュー初日と、今の走りを比べると

ほとんど上達していない。

ト・ホ・ホ・・



この1年間、ジョギングで得るものは、それなりにあったと思う。

これから、どのくらい続くのだろうか。


その頃から目標にしていたことがあり、いよいよと言う気分です。
(詳細は後日)
tokyo2.jpg

今年の桜

 2009-04-08
今年は、開花宣言の後で桜冷えがあり、
長い時間桜を楽しむことが出来ている。

今日は実家へ行くついでに、奥多摩湖の桜がどうなっているかを見に行ってきました。
まだ咲き始めたばかりで、見ごろはあと2週間後位かもしれません。
DSCF4989.jpg
これは「ひょっこりひょうたん島」のモチーフになったといわれる場所。
水位が下がると出てくるのですが、それは夏の渇水にもつながるので気になります。

この写真に写っている対岸の、「いこいの路」を何度かジョギングしようと考えています。


今日は、実家へ行って畑を耕しました。
場所が、平地でなかったりもするので、毎年、鍬で耕しています。

一日中、耕し続けたため、かなりハードなトレーニングになったと思えます。
気のせいかも知れませんが、一日中、息が上がりっぱなしのまま汗もかき続けでしたが、
ここ1年のジョギングのおかげで体力的にはかなり楽になったように感じました。

実家の周辺では、桜はまだで梅が咲いていました。
それはどこじゃい?とつっこまれそう。

通りがかる毎年楽しみな枝垂桜
DSCF4992.jpg


私が、一番好きな桜の名所は、東京の国立市の駅の南側を東西に走る
2kmくらいの通り(通りの名前を知らないのですが)
DSCF4996.jpg
広めの通りを、桜の枝がトンネルのように覆っています。
桜なども含め、町に溶け込んでいる感じもあって、私の中では一番のお気に入り。
夜でしたが、満開でした。

ここの桜を見ることが出来ると、「今年も桜を見た」と言う満足感が得られます。

東京マラソン・・その4、ゴール後の感動

 2009-04-06
道路から右折して敷地に入ると、その先にゴールゲートが見える。

いつもながら、少しでも早く到達するよう、ここに来てからラストスパート。
(でも端から見たら全く変化無いと思うが)


私は走っている最中に、ゴールしたらあることをしようと考えていました。


それは、


「顔を合わせたボランティア全員に、

『ありがとう』と言おう」



ゴールをしたら、座るような広場も無いので、
とりあえず、立ったまま両膝に手を当てる様に下を向き息を整える。

マラソンを完走した頃には、何とかゴールまで辿り着くことに必死で、
以前にも書いたが、もう邪念も見栄も欲も無くなる

とりあえず、「終わった」と、心の中でつぶやき、
後からゴールする選手がいるので、前へ進む。


ここからが、この東京マラソンの一番のハイライトコースが待っていたのだ。

進む道が狭い2列(どちらも同じで自由)のどちらかに進むと、


「おめでとうございます」と笑顔で
靴の計測チップを外してくださる。
足を突き出して外していただくなんて、失礼なので、
「ありがとうございます」といいながら自分で外したが、
遠慮しなくて良いですよ、と手を貸してくださった。


その先へ進むと、チップを回収しながら、

完走メダルを首へ掛けてくれる

  「おめでとうございます」拍手と笑顔で迎えられ
  ひとりひとりに「ありがとうございます」を言う

その先へ進むと、完走記念のタオルを掛けてくれる。

  「おめでとうございます」拍手と笑顔で迎えられ
  ひとりひとりに「ありがとうございます」を言う

DSCF4873.jpg

アミノバリューをどうぞと差し出してくれる

  「おめでとうございます」拍手と笑顔で迎えられ

  ところが、ありがとうが・・・声にならない


東京水のペットボトルも差し出してくれる

振り返るとこんな感じ
DSCF4874.jpg

  ひとりひとりにお礼を言おうとすると、

  涙がどんどん出てきて、声にならない。

  大人になって、こんな感情、記憶が無い。

  涙が出てくる自分に大混乱。

  何で涙が出るのかが、自分で全く判らない


  自分が完走したことなど、どうでも良いことである。

  それどころか自分に酔っていては勿体無い。


バナナを差し出してくれる

  もう言葉にならないので、ひとりひとりに抱きついて感謝を伝えたいくらい。


ミカンを差し出してくれる


企業からエアーサロンパスもプレゼント
  

ビッグサイトの中に入り手荷物返却スペースで手荷物を受け取る。

まったくもってスムースな誘導。
ここでも、ボランティアの方々へ「ありがとう」を言いながら涙が止まらない。

DSCF4875.jpg

因みにタイムは
5km 28分  スタートラインまでが4分くらいかな
10km 49分 
15km 1時間11分
20km 1時間34分
25km 1時間57分
30km 2時間21分
35km 2時間47分
40km 3時間15分  
Finish 3時間27分 初フルと同じ

今回、タイムに固執しようとせず、
ボランティアの方々への御礼を伝えたいと思いながら走ったことが、
思わぬ感動という、お金を出しても用意しても味わえない感情を
もたらしてくれた。

走ることで、とても貴重な経験をすることが出来た自分は幸せ者だと思う。



東京マラソンの一番すばらしさは、

ゴール後のここの花道。


完走し、邪念も見栄も欲も無い空っぽになり、

ボランティアの方々への感謝の気持ちで通るこの花道のために、

42kmが必要だった
んだなと、後になって思います。


来年は、今年出走できなかった方の番です。

このタオルとメダルを見ると、そのゴール後のことを思い出します。
DSCF4988.jpg


この大会に出て、不便さや面倒を感じたことは、一切ありませんでした。

これは、主催の東京都の方の気迫に満ちた思いが万全の体制に形を変えたものだと思う。

しかし、体制(仕組み)だけでは100点が最高の評価だが、

意欲を持った笑顔のボランティアの方の自主性が加わり、

100点満点を大きく超える結果をもたらしてくれたのだと感じています。


東京都のスタッフの皆様、ありがとうございます。

  これからは、仕事をもっと頑張ってたくさん納税できるよう頑張ろうと思います。
  えっ?

ボランティアの皆様、本当に感謝の気持ちでいっぱいです、

  来年は、自主的にボランティア側にまわり、ランナーの方々を支えたいと思います。

  連続で出場しようなどと考えては失礼に感じてきました。


帰りに、豊洲で応援してくれていたチームサンタさん達に
もお礼が言いたくなり、飲み会に潜入。

天候はいまひとつでしたが、最高の日になりました。

春休みなので昭和記念公園へ

 2009-04-03
東京マラソンの締めくくりの記事の前に、

(今日のネタはジョギングではありませんので)

子どもが春休みで、普段、何もしてあげていないので、
何かしらイベントを作らないといけないので。

昨夜は急遽、ドラえもんの映画を観に連れて行ったものの、
始まりのいろいろな映画の予告は「スゲー」などと言っていたものの
本編が始まって10分ほどしたら「ドラえもん観たくない」と駄々をこね始め
結局終わるまでロビーで過ごしました。
ト・ホ・ホ

子どもが春休みなので、東京都立川市にある昭和記念公園に行ってきました。

こういったところで、体力を消耗してもらうのが一番です。

中央にある広場はこんな感じ。
こんなに広い広場は、他に浮かびませんね。
DSCF4934.jpg

花が咲いていて、きれいです。
桜はまだ咲き始めですね。
DSCF4968.jpg

奥には菜の花がきれいに咲いていました。
これだけ一面になっていると、とてもきれいです。
DSCF4965.jpg
(昔、後輩の役者が結婚する時に、ドレス姿で菜の花一面の中で笑顔でお姫様抱っこされている姿を上から撮った、芸術的な写真が思い出されます。場所は静岡でロケだったとか言っていた。ここに載せたいのだけれど、個人の写真なので、勘弁)

ポピーも咲いていました。
DSCF4969.jpg

ここは、大人から子どもまで様々な楽しみ方が出来て、
一周することすら大変なほど、広い公園。

4/19、4/29、5/5(こどものみ)は、入場料が無料とのこと。
ランニングコースも自分で考えれば走れそうなので、
無料の時に走ってみるのも面白いかも。


子どもが一番楽しめるのは何と言っても、これ。
トランポリン。
DSCF4935.jpg

どんな感じなのかが伝わるように、動画投稿の練習も兼ねて


他でも、このタイプのトランポリンがあったら良いのにと思います。
因みに、我が家にも、私が仕事の息抜きにと購入した、直径90cmのトランポリンがあります。
気分転換には重宝しています。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。