スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

やっとジョギング再開

 2009-10-19
実はここの所、体調を崩していました。


ジョギングを始めて1年半。

これまで恒例の如くひいていた風邪もひかず、

体調も良かったのですが、

家族のインフルエンザの看病やら、

ここへ来て精神的に疲れが出たようで頭痛がしたり、

こんなに走らない日が続いたのは初めてです。

走る代わりに、ギターを弾いていました。


次の目標をどこに据えるかまだ決まっていませんが、

一番練習しやすい季節を逃すのはもったいないですね。

やはり、秋の山を走り抜けたい、そんな気持ちが強いです。
スポンサーサイト

鎌倉で、フラッシュバック

 2009-10-16
今回の記事は、走ることとは全く関係なく、ゴメンナサイ。

観光&スピリチュアルネタです。


先週末に、仕事で鎌倉へ行ったことを書いておきたくて・・・

鎌倉で、フラッシュバック の続きを読む

今この瞬間にも走っている選手が

 2009-10-12
もう明け方近い時間であるが、全く寝付けないまま

結局は起きてパソコンに向かっている(明日も仕事があるのに)。

音楽も聴かず、静寂の中、虫の声だけが聴こえています。

なぜなら、

昨日の昼にスタートしたハセツネの山岳レースが、

真っ暗な今、この瞬間にも大半の選手が走っているかと思うと、

眠れなくなってしまった。

友人であったり知人の選手がいるわけでもないのに。


パソコンでゴールした選手の結果速報が更新されるのを見ているが、

トップレベルの選手でも、ゴールは20時半過ぎ、つまり真っ暗。


気になる理由

・コースが私にとって馴染みの深い山域

・そこを夜走るなんて、自分にとっては考えられない

・そしてこの大会が、ベテラン選手の最も憧れるものだから


自分には、まだその能力も無く、夜走ること自体がとんでもないと

思える競技であるが、申込の殺到状況からしても、出走していない方も含め

多くの人の強い思いが集結している事は間違いない。

決して安易な気持ちで参加してはいけない大会でもあります。


そんな大会に敬意を持ちつつ、

全選手、無事に走り通して欲しいと願っています。

トレイルレースで得た課題

 2009-10-07
初めてのトレイルレースから、10日。

学ぶことが多く、現時点での考えをまとめておきたいと思う。


・下り道による太ももの筋肉痛

こんな筋肉痛は、今まで経験したことがないほどで、

翌日から始まり、普通は1日で無くなるものがその後5日間も続いた。

筋肉痛が、“痛い”ものだったことを思い知らされるほど。

筋肉痛なのは太ももだけである。

この筋肉痛の原因は、急斜面の下り道を駆け下りたこと(とは言え標高差700m程度)

走っている最中、急斜面の下り道では、着地の衝撃を抑えるため

どうしても太ももに頼ってしまう。

レース中も、筋肉が限界の感覚で走っていた。

下りは遅い私ですが、太ももの筋肉はある方だと思いますが、

他の選手はどうしているのだろう?

genryu9491.jpg
この写真は、大会主催者がプロカメラマンに依頼して撮影したものを、
無料でダウンロードさせてくれるようにしてくれたもの。
参加料金は、ちょっと高いかと思っていましたが、
ここまでしていただけると、納得です。
(私だけが写っている写真なので、載せて問題ないでしょう)


こぼれ話

レースには、嬉しいことに外国からの選手もいて、家族で遊びに来てくださっていた。

その子供が人なつこく、会場全体の雰囲気もよくしてくれていました。

私も話をしたら、ニュージーランドから来たそうですが、

今、渋谷に滞在(?、私の英語ではニュアンスが理解できませんでした)だそうです。

レース中は、日本人選手の家族の子供達と、一緒に遊んだらしく、

会場に、国際的な子供達の声が響いて、とても良い雰囲気にしてくれていました。

日本人の子供が魚を捕まえたということで、

私が「誰と捕ったの?」と聞いたら

日本人の子が答えた一言、


「エイゴの国からやってきた子と」

この一言が、私にはウケて、いまだに思い出すと笑えてしまう。
genryu5917.jpg私も1発、撃たれました。

雨でも、反省ジョギングがしたくて

 2009-10-05
しっかり雨が降っているものの、

古いシューズに帽子をかぶってジョギングをしてきました。


その理由は、


今日、仕事の関係の方と、ちょっとしたすれ違いが発生していることがわかりました。

かといって、誤解を解くような必要性に迫られているわけでもなく

相手の方にとっても、私とのことは、もう重要ではない状況。


でもまた、仕事のつながりが出る可能性もありますし、

なんと言っても、私としてはこのままにすると気持ちが不快です。


そこで、雨ですがジョギングしながら、気持ちの整理をしたくなり、

雨の中へ、走り出しました。


誤解が発生したきっかけについて、私の言い分というのもあるのですが、

言い訳が頭に浮かぶうちは、まだ気持ちが自分に向いている証拠。

相手に対して、どんな連絡をしたらよいのかその文面、

その後の展開が望む結論に至らないとしても、納得したいという覚悟、


これらを整理して考えるには、走っている最中が一番です。


走り終えたときには、自分を正当化したいという欲は無い気持ちになりました。

冷静に、まずはお詫びの気持ちだけになってメールを書こうと、

気持ちが定まりました。

今日は、自転車で移動

 2009-10-04
私は、土日関係なく仕事のことが多いのですが、

今日は、天気も良く、気持ちよい秋の日になりそうなので、

ちょっと遠いのですが、自転車で移動してみました。


都営新宿線の篠崎駅の近くの江戸川まで、

自転車で往復に挑戦。

因みに自転車は、通勤用のクロスバイク。

もちろんスーツに革靴。(往きは汗をかかないように、帰りは汗をかき通しで)。

片道30kmほどの距離があるようですが、

天気も良かったので、気持ちよく良いトレーニングになりました。


自転車での遠出は、やってみたいものの、学生時代など

チャレンジしないままで今に至っています。

大人になると、なかなかタイミングを量りかねてしまいますが、

それは弱気になっているからかな?


周りが、ドン引きするようなチャレンジ、まだまだやってみたいと思う私です。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。