スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

富士登山競走-前半

 2010-07-26
前日は穏やかな気持ちで気持ちを集中させて過ごしたいものですが、

そうは行かないのが大人の常です。

前夜、バタバタとやることを済ませ、車で現地に深夜入りし、3時間ちょっとの睡眠。

やはり標高が高いためか、とても涼しい朝を迎えました。
P1000512.jpg


朝食に、バナナ2本とおにぎり2個。

富士山を見ると、「やはり、遠い、あそこまで行けるのか」
P1000513.jpgスタートである市役所の横から

と言うのが正直な気持ちでした。


受付の後、すぐにトイレへ行き、荷物を整理していると、

時間があっという間に過ぎ、慌しくスタートに並びました。
P1000517.jpg


スタートブロックは【B】で、その中でも後方寄りに並び、

いざスタート(ラインまで36秒)。

ウエストバッグをつけて走り出しました。


走り出してみて、今日の体調を感じてみると、

「足が重い。昨日は敢えて走らずにいたのに、

 足が跳ねるような元気さが無いのはなぜだろう?」

と、コンディションにはちょっと不安を感じたものの、

それはもう仕方ない話。

浅間神社までは、周りの選手を同じくらいのペースでした。
P1000518.jpg
浅間神社まで約16分

P1000519.jpg

神社を過ぎると、道幅も広くなり抜かす余裕も出てきます。


ここまで、ウエストバッグをつけていたのですが、

緩い登りで走るにあたり、足が重いことをカバーするために、

腰を使う走り(うまく表現できないですが)に変えました。

しかし、それには、ウエストバッグが邪魔であることに気付き、

ウエストバッグは片腕を通して首に巻きました。

すると、他の選手を抜かすことが出来るようになり、

かつ、足が疲れずにすんだように感じました。

これは今回、大きな収穫でした。

逆に足が軽く感じてそれに頼っていたら、すぐに足が参ってしまうところでした。


中の茶屋まで、38分(去年より1分短縮)

ここからも、腰を使うように走ることで、昨年より楽に走れたように感じました。

余裕を残しながら走ることも予定のうち(山頂までの辛さが未知なので)で、

歩かずに馬返し到着。 ここまで、1時間1分(昨年より1分短縮)

石段には、雨が降り出したかのような、ポツポツとした点が無数に。

それは前を行くランナーの汗。


馬返しからは、歩きに変え、歩幅小さくスタスタ登りました。

とにかく早く5合目に行かないと、渋滞にはまる、という危機感がありました。

辛さとしては、上半身は(特に呼吸)は、まだ余裕があるものの、

ふくらはぎの筋肉に頼りすぎている感覚がありました。

それをかばったのか、姿勢が悪いまま腰の筋肉を使い、

ふくらはぎと腰の筋肉のバランス(どちらも辛い)に悩みました。


それほど苦しいとまでは感じないまま、佐藤小屋(5合目)到着。

ここまで、1時間52分。

(昨年より6分くらい短縮:つまり馬返しからが頑張れたことに)

ここで、ウエストバッグから取り出したのが、空の500mlのペットボトル。

給水所で、このペットボトルにポカリスエットを入れていただき、

未知の世界であるこの後に備えました。

少し登って視界が開けると、一般的な5合目から横に進んだところに。
P1000520.jpg

上を見上げて、闘志を燃やすと共に、気付けばブログで拝見したことがある方が。

(写真中央に小さい黄色の上着の方)ハリ天狗さん。

一方的に声を掛け挨拶。

続く
スポンサーサイト

泣けたー!

 2010-07-23
自己目標をなんとかクリア出来ました。

ゴールしたら涙が止まらなくなりました。

詳細は後日書きます。
P1000555.jpg

行ってきます

 2010-07-22
今夜、出発します。

なかなか、仕事などで慌しい準備で

睡眠時間の確保は難しいかも。


ちょっと気負い過ぎかもしれませんが、

行ってきまーす。

行ってきます の続きを読む

いよいよ富士登山競走

 2010-07-22
ジョギング始めて2年と3ヶ月経ちますが、

走り始めて間もない頃から、この大会に出場することが目標の一つでした。


最後に富士山に登ったのは、今から15年以上前。

ハンググライダーで山頂からテイクオフするため、

機体をブルドーザーで荷揚げしてもらい、

2年に亘り3度挑戦しましたが、毎回強風などにより断念しました。


去年は初参加だったのですが、天候により5合目までの競技となったので、

富士山との相性が良くないのかとも思っていました。


天気はまずまずなのでしょうか。


持って登るものをまとめてみました。
  • デジカメ  これは外せません
  • サングラス 天候次第
  • パワージェル 
  • 手袋  手を使うことになるかも
  • 水  検討中 ペットボトル300ml位
  • トイレ用の百円玉
  • 靴下はくるぶしの上まであるもの
  • 靴は前に履いていたジョギングシューズ
このくらいを考えています。

高山病も心配ですし、気温低下も気になりますが、

今年だけと思わずに臨もうと思います。


今夜は緊張感に包まれています。

もうすぐ登山競走

 2010-07-19
一昨日に梅雨明けして、この休み中は、真夏空の猛暑。

毎朝ジョギングしながら見据えてきた富士登山競走も、

あと3日に迫り、緊張感と共に過ごしています。

毎朝、富士山の写真をライブカメラで確認していますが、

今年は雪もまだ歯っきり残っている場所がありますね。



これまでのまとめをすれば、


初参加だった去年は、いかに大変か比べるものすら無かったので、

試走と、鷹ノ巣山での練習数回を行いましたが、


今年は仕事のために、斜面を駆け上る練習が全く出来ません。

でも、試走はなくても、良い結果が得られることも証明できれば、

そんな風に思っています。


私にとっての課題は、馬返しまでの1時間がどうしても気になったので、

そこまでのタイム短縮につながるよう、毎朝休まずに走り続けてきました。

その狙いが吉となるか、そうであっても練習がタイム短縮につながるか、

結局は、緊張が高まる一方です。



自分で再確認する意味で

スタート
 │
 17分
 │
浅間神社 17分
 │
 22分
 │
中の茶屋 39分
 │
 23分
 │
馬返し 1時間2分
 │
 54分
 │
5合目 1時間56分(余力は残さないつもりで)  


明日辺りからのんびり走っておくだけにしておこうかと考えています。

あきる野市のパン屋 「La Fougasse」

 2010-07-10
土日はほとんどが仕事なのですが、

急に午後の仕事がキャンセルになり

思いつきで子ども達と秋川へ川遊びに行ってきました。


今年は雨が多い印象だったのですが、川の流れ自体は安定しているのか、

中州は草がボウボウで、流れの緩いところは川底に苔も多かったですね。
DSCF7011.jpg

でも逆に生き物には好都合なのか、水中の小魚や虫、エビなどがたくさんいました。
DSCF6995.jpg
背中に鮮やかな緑色があるカエル発見。田舎育ちの私ですが、初めて見ました。


さて、出発が遅かったのですが、近くまで来たので、

以前から気になっているパン屋さんに行って見ました。

あきる野市草花の「La Fougasse」

この店の存在を知ったのは、尊敬するブログ「ランシモ」さんの記事。

DSCF7012.jpg

最近パン好きにになった私ですが、

私が以前住んでいたところに、今私が住んでいる近くから

3年前に引っ越してきたお店(ややこしいかな?)。

閉店に近い時間でしたが、ラスト1本のバゲットと、ハード系のパンを購入。

マダム(と呼んで良いのかわかりませんが、想像するに店長の奥様。とは言え若い女性)

と、ちょっとお話しましたが、とても好感のもてる話し方で、もっと話してみたくなる方です。

カフェが開きたくてたどり着いた場所だそうですが、

確かに店内のテーブルは、落ち着ける緑豊富な小川と木々の景色が見れるようです。

店内も、木のぬくもりで統一された、落ち着ける雰囲気です。


今日はテイクアウトですが、次回はランチに是非行って見たいと思います。

富士登山競走の案内が来ました

 2010-07-09
昨日、富士登山競走の案内が届きました。



御嶽マラソンや大菩薩峠登山競走が今年から消滅してしまい、

(このことは本当に残念に感じていますが、

 熟慮した上での判断なので、尊重しなくてはなりません)

登山系競技を楽しみにしていた私にとっては、

この大会が今年の唯一の大会になりそうです。



案内から読み解くと、まず、参加人数枠を増やし、

それに伴う措置がいくつかあるようです。

山頂コースの参加人数は、3000人超(男2700人、女性400人)

スタートの並び順は、タイムによって大きく3ブロックに分け、

私は真ん中のブロックに並ぶようです。(一番人数の多いブロック)


山頂コースは、過去のタイムによる参加制限が設けられたことも考えると、

実力伯仲の選手のかたまりでバラけないまま走ることになりそうです。

そのことから、5合目直前での渋滞の始まりも、

昨年よりは早まることが考えられるかも。


そんなことより、体調が最近の暑さで弱っている感じがするので、

そちらを何とかしなくてはなりません。


あと2週間です。

緊張は徐々に高まってきています。

結果に納得できるように当日を迎えたいものです。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。