スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

フラット走法?

 2008-09-03
仕事の忙しさがまだ当分続くようで、走ることも難しくなってきている。

今日は、駒沢のランニングショップの練習会があり、
しばらく参加していなかったので、行ってみた。
因みに、競技場の施設は、9月に入ってから3週間ほど、
施設改善に伴い利用停止になっていた。

そのためか、いつもと違う場所で集まっていた。


そこで、ベテランの方の走りはどこが違うかを雑談していたら、

「着地は、かかとから。おへそが前へ引っぱられるような感覚らしい。」

そんな話が出た。
私の着地はと言えば、地面と足の裏が平行のままである。
そのため、上体はやや前かがみ。

そういわれてみると、速いと感じる方の走りは、足が上がってかかとから着地。

私も見よう見真似で意識して、かかと着地をしてみると

・ストライドが長くなる
・そのためピッチが落ちる(同じ速度でも、ゆっくり走る気分)
・また足が着地している時間が長いようにも思う
・加えて、慣れていないためか、普段使ってない筋肉が疲労

この日は、この走法で通してみた。
慣れておらず、使う筋肉が違うことは良くわかる。


帰ってから調べてみると、意外なことに、割合は少ないが、
私が自然にそうなった足裏全体での着地の走り方のほうが、
省エネでお薦めらしい。

意外!

これは、その人の足に合った走法を模索すれば、どちらでも良いということだろう。
(私は足が太くて重たいからこの走り方になったような・・・)

良い気付きを頂いた。


練習メモ

昨日
公園まで 8’45
1周目 10’00
2周目 9’40
3周目 9’30
4週目 9’30
5周目 9’30
6周目 9’25
自宅まで 9’00
総距離 15.9km

今日
公園まで 8’50
1周目-4周目 計測せず
5周目 10’15 かかとからの着地を実践
6周目 10’10
7周目 10’00
自宅まで 9’30
総距離 18.0km

ストライドが長くなったためか、後ろ足で蹴りだす際に
足の爪に負担がかかるらしく、久々に血まめが酷くなり、
中指は爪が無いため痛む。

最終的に、どちらが良いかは、両方の走り方をもっと試して見ないとわからない。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/114-be866e01
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。