スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大菩薩峠登山競走-前編

 2009-08-17
前夜、寝る寸前まではっきり決めていなかった交通手段。


結局、公共の交通手段(塩山駅7:23到着、

これだとスタートに間に合わない可能性があると明記されている)

で行くことにしました。


そのためには、私の最寄り駅の始発などでは間に合わず、

4時半過ぎに自転車で自宅を出発。

朝は、雲があったものの、朝焼けがとても綺麗でした。

が、電車の時間が気になり、写真は撮れませんでした。

京王線明大前駅を 5:07の電車で

高尾(6:06着)まで行きました。

JRに乗換えて高尾6:14発の電車で出発。


しかし、これをネットで前夜調べたら、

路線経路検索サービス会社によって、結果がまちまちで、

不思議なことに今回私が選んだ経路は、ほとんどの会社で

出てきませんでした(不思議、なので本当に間に合うのか不安が高まります)。



塩山駅に着くと、この電車での参加者が到着することを考えて、

送迎バスを待機させていてくださったようです。

また、ほとんどの選手は既に会場に到着しているらしく、

バス2台で余裕があるくらいの人数でした。

(昨年までは、駐車場経由で会場まで行っていましたが、

今年は駐車場との往復は別のバスを用意していたようで、10分ほどで会場近くに到着)

昨夜から心配していた会場到着でしたが、すんなりと来ることが出来、

バスを降りて少し歩きで登って、7:45過ぎには会場に到着できました。
DSCF5675.jpg


来年は、安心して電車で来ることが出来そうです。


今回、スタート時間を70分早めた理由は

「午後、ゆっくりと地元を楽しんでもらえるように」と言う考えからだったそうですが、

選手が間に合うかなど、心配で手を尽くしてくださったようです。

(準備しながら耳に入った、開会式の市長の談話)

因みに、昨年より100名位、参加者が増えたそうです。


この話を聞いたことで、「もう、何故スタートを早めちゃったの!」と言う

尖った気持ちも和らぎました。


とは言え、時間が有りません。

荷物を整理し、ゼッケンをつけ、トイレが済んだ時には、もう5分前(ヒェー!!!)
DSCF5676.jpg
これは開会式の会場を出て、坂を下ってスタートラインに向かっている写真。
とは言え、横から後方へ回らなくてはいけません。

スタートは真ん中辺りに並んで、NTTの時報をスピーカで流し、9:30にスタート。
DSCF5678.jpg
これは自分より後方の景色(甲府盆地が続いています)

山沿いを覆っていた雲も、この時には消えて、スッキリとした快晴になりました。
DSCF5677.jpg


スタート時間が早いことは、まだ涼しいうちにスタートできることでもあり、

日差しが強いながらも、走りやすい状況なのだろうと思います。


とは言え、ひたすら登り。

初めのうちはまだ、走れるので良いのですが、

直ぐに苦しくなってきます。


今回も、ウエストポーチにデジカメを入れ、ユニクロで買ったサングラスを着けて。


後編につづく
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/227-7de6bd49
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。