スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

トレイルレースで得た課題

 2009-10-07
初めてのトレイルレースから、10日。

学ぶことが多く、現時点での考えをまとめておきたいと思う。


・下り道による太ももの筋肉痛

こんな筋肉痛は、今まで経験したことがないほどで、

翌日から始まり、普通は1日で無くなるものがその後5日間も続いた。

筋肉痛が、“痛い”ものだったことを思い知らされるほど。

筋肉痛なのは太ももだけである。

この筋肉痛の原因は、急斜面の下り道を駆け下りたこと(とは言え標高差700m程度)

走っている最中、急斜面の下り道では、着地の衝撃を抑えるため

どうしても太ももに頼ってしまう。

レース中も、筋肉が限界の感覚で走っていた。

下りは遅い私ですが、太ももの筋肉はある方だと思いますが、

他の選手はどうしているのだろう?

genryu9491.jpg
この写真は、大会主催者がプロカメラマンに依頼して撮影したものを、
無料でダウンロードさせてくれるようにしてくれたもの。
参加料金は、ちょっと高いかと思っていましたが、
ここまでしていただけると、納得です。
(私だけが写っている写真なので、載せて問題ないでしょう)


こぼれ話

レースには、嬉しいことに外国からの選手もいて、家族で遊びに来てくださっていた。

その子供が人なつこく、会場全体の雰囲気もよくしてくれていました。

私も話をしたら、ニュージーランドから来たそうですが、

今、渋谷に滞在(?、私の英語ではニュアンスが理解できませんでした)だそうです。

レース中は、日本人選手の家族の子供達と、一緒に遊んだらしく、

会場に、国際的な子供達の声が響いて、とても良い雰囲気にしてくれていました。

日本人の子供が魚を捕まえたということで、

私が「誰と捕ったの?」と聞いたら

日本人の子が答えた一言、


「エイゴの国からやってきた子と」

この一言が、私にはウケて、いまだに思い出すと笑えてしまう。
genryu5917.jpg私も1発、撃たれました。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/240-7f1f7014
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。