スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

富士登山競走-後編

 2010-08-02
五合目を過ぎてからは、いくら登っても上が続く景色は変わらず。
P1000524.jpg

初めのうちは順調でした。


私が心配したのは、カロリー不足と高山病。

カロリー不足にならないためにと、パワージェルを

五合目過ぎでひとつ、八合目手前辺りでひとつ補給しました。

ついでにおまじない程度に、指先大の練梅をラップに包んでいたのを途中で。


パワージェル2つは、あって良かったと感じました。


高山病対策としては、無理しない心拍数の維持と水分補給。

途中の給水ポイントで水を飲むと、頭がスッキリして

足が軽くなる感覚を数回感じました。

きっと効果があるのだろうと思います。

なのでペットボトルの水を途中でこまめに摂りながら登りました。

呼吸も大きく荒れるほどではなく、

足の筋肉はつりそうな感じがあるのを抑えつつ、

歩幅短く小刻みに登りました。


途中、大きな声で 「塩!塩!」「砂糖!砂糖!」と

リズム良く掛け声をかけてくれているお二人がいました。

ボランティで塩と砂糖を用意してくださっている方でした。

(ここまで登ってくるのも大変な場所でした。)

お礼を言いながら、手のひらに塩を頂き、元気も頂きました。
P1000525.jpg


八合目までは周囲の選手を抜くペースを維持していました。

が、八合目を過ぎてから、徐々に元気がなくなってしまいました。

パワージェル2つも摂ったし、水も摂っている。

でもボーっとした感じにもなってしまい、

周囲の選手を抜くペースも落ちてきました。
P1000526.jpg

途中で抜かした女性選手にも抜かし返されてしまい、

自分でも「どうしたんだろう、力が湧かない」と感じていました。

一歩 前へ踏み上がるたびに、フラ~ッ とする感覚でバランスを崩しかけ、

(軍手をした手で)周りの岩に手を付くことが多くなりました。

ペースダウンしながらも、休みはせずに登り続けました。


上はあまり見ていなかったため、ゴールは突然やってきた感じでした。



私は、この大会での目標を一昨年から見据えて練習を続けてきました。

その目標は、タイム 4時間以内のゴールでした。



2010sancho1.jpg

馬返し通過 1時間1分
五合目通過 1時間51分 (馬返しから50分)
八合目通過 3時間19分 (五合目から1時間27分)
            (八合目から山頂まで32分)

ゴールで目に入ってきたタイム、

それは3時間51分台でした。



「ついにやったぞ!、ここまで来れた!」

そんな気持ちと、この瞬間を夢見て走ってきた2年間の時間、

応援してくださっている方々、などなどめぐる想いと共に、

涙が出てきました。


自分にも「ここまでよく頑張った」と、

自分の肩に手をトントンとしながら言っている気分でした。



この瞬間の気持ちは、人生で滅多に感じることが出来ない貴重なものでしょう。


この後、お鉢廻り&下山が待っています。(続く)
スポンサーサイト
コメント
おめでとうございますぅ・・
それにしても、素晴らしいタイムですね・・
今まで頑張ってきた自分に、最高のご褒美!・・

つづく・・となっていたんで、下山の様子も楽しみに待ってます。
お疲れ様でした・・
【2010/08/02 13:48】 | のら #- | [edit]
のらさん、ありがとうございます。
自分で立てた練習計画をこなし、しっかり練習したといえるかもしれません。
「自分を褒めてあげたい」と言う言葉が、重みをもって感じられました。

頻繁には無理ですが、時々、こういった達成感を味わえるように、これからも頑張れたら良いですね。
【2010/08/06 02:05】 | HappyWind #dPPT3HLQ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/277-dddd168d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。