スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

パン作り記-納得できるパンが食べたい

 2010-10-09
ここ数年、フランスパンのバゲットを買っては、

美味しいパン屋を探して、食べ比べをしていた。


いよいよ、自分で作りたい欲求が高まり、パン作りに挑戦を始めました。

そのきっかけになったのは、お米でパンを作るホームベーカリーの製品化。


お米といった、日本で生産でき、これまで食べてきたものを使うことには大賛成。

とても期待しました。

現時点では、販売開始に向け、予約殺到とか。


しかし、詳細を知ると残念な気持ちになりました。

それは、「グルテン」という小麦粉から抽出した成分を入れる必要があること。

(お米のパンなどを作るために製品化した、入手が面倒なもの)

結局は、「小麦粉で作るパンにお米を加えてみました」と言う代物になる気がする。



ならば、お米だけでパンは作れないものだろうか、

「納得できるパンを自分で作ってみよう」、そう決めました。

ホームベーカリーも使わずに。


初夏、まず一度、試してみようと挑戦。

山型パン用の型を購入し、
DSCF7290.jpg

市販のイースト(一般的なもの)を使い、小麦粉、塩、砂糖、バター。

標準的なパンらしいが、今から考えると、砂糖を使い過ぎ。

実際に作る際に計量してみて、「こんなに砂糖を入れているのか!」とショックだった。

DSCF6725.jpg

出来上がりは、技術が全く伴っていないこともあり、「パン」とは呼び難い代物でした。

もちろん、美味しくない。

でも、味には、市販の菓子パンと同程度の甘みが感じられた。

つまり、「私達が食べているパンは、大量の砂糖が入っている」こともショックでした。



その後、フランスパンを食べ比べながら、悩んでたどり着いた結論。

「これではいけない!」


この数ヶ月、パンがどういうものであるべきか、自分なりに考え、

パンに対して、信念を持つようになり、より積極的にパン作りに取り組みたくなりました。

そこで、考えたのは

「純粋で余計なものを入れていない、食べ飽きないパン。」

当然、油脂類も安全なもので必要最低限にする。

ショートニングや大量の砂糖、着色料、保存料

特に防腐剤(合成保存料)やトランス型不飽和脂肪酸は、

子どもに与えたくありません。

トランス型不飽和脂肪酸については、昨日消費者庁が、来年夏を目処に

表示の義務化の案を発表してくれた。



酵母は、小麦のうまみを引き出せ添加物の少ない作り難いパンに向いている、

「白神こだま酵母」を使ってみます。
DSCF7289.jpg
これが、売っている店が限られ、入手するまで時間がかかりましたが、

限られた販売店のひとつが、なんと東急ハンズでした。驚きました。

因みに、一番ポピュラーなイーストは、香りが好きになれないということもありますが。


第二作目

材料は、余計なものを入れたくない、と考え、小麦、塩、酵母、水のみ。
DSCF7291.jpg

意外と、膨らまなかった。
DSCF7293.jpg

なぜかと考えたときに、大きな失敗に気付いた。

塩を入れ忘れた。 あちゃーー。

塩が入ってないと、グルテンの生成も促進されず、味に締まりも無い。
DSCF7294.jpg
パン生地も潰れたような感じで、食感も悪い。

子どもたちも、一口食べたら、「美味しくない」とそれ以上食べない。


そして、第三作目

今度は塩も忘れず。
DSCF7300.jpg
DSCF7301.jpg

やっぱり膨らまない。

おそらく、手際が悪いので時間がかかり過ぎで、過発酵なのかも知れない。

でも味はちょっとずつパンらしくなって来ている。


第四作目

膨らんだように見えるが、材料を増やしたから、そう見える。
DSCF7323.jpg

でも、パンらしく見える。
DSCF7326.jpg

膨らみもよくなり、断面の気泡(クラム)も前よりはかなり改善している。
DSCF7325.jpg
DSCF7324.jpg
DSCF7327.jpg

味は、残念ながらまだまだ。

ただ子ども達は、ピーナツバターをつけてかなり食べてくれた。

自然なものを食べて欲しいが、予めどれだけ入っているかわからず無意識に食べているよりは、

後から塗ったピーナツバターの量が見えるので、

まぁ、いいっか。


自分なりの方向性と課題が見えてきた。

これからもっと追求してみようと思う。


電気オーブンレンジだと、限界もあるよなぁ、と思っていたら

石窯の自作キットの存在を見つけた。

いずれは、パン焼き窯も自作を考えてみようかなぁ。

スポンサーサイト
コメント
すっすっ凄い・・・!
奥さんじゃなくて、HappyWindさんが作られるんですねぇ・・(全国のダンナさんに見習ってほしい・・)
私もパンが大好きなんですが、最近はまったく作っていません・・(反省)
私もこの酵母を使っていますよ(少し匂いが残りますね)
市販のパンは色んなものが入り過ぎている事が気になるんで、
日頃は「グリーンコープ」(西日本)の食パンを注文しています。酵母もそこで注文してます。

http://www.greencoop.or.jp/syohin/bread.html

安心して食べれる、美味しいパンがいいですね・・
研究・・宜しくお願いします・・


【2010/10/12 13:05】 | のら #- | [edit]
のらさん、ありがとうございます。
のらさんは作っていたんですね、先輩ですね。
家内は10年くらい前からホームベーカリーを使うのですが、同じパンにしかならないのがつまらなく感じてしまって、私は一切てを出していません。
酵母の香りが残る理由はまだ私も判ってません。

とにかく、知らないうちに、いろいろなものが当然のごとく入っていることに、自分がストップをかけなくてはいけないと思うようになりまして。
信頼できる入手先は、大切ですね。
時々、アドバイスをお願いしたいくらいです。
まぁ、男の趣味ですから。
【2010/10/14 23:11】 | HappyWind #dPPT3HLQ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/284-b87c0da3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。