スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

富士登山競走-後編

 2011-07-29
五合目からの戦いの始まり。


昨年の私のタイムを大雑把に考えれば、

前半(五合目まで) 1時間50分

後半(五合目から) 2時間



私は後半が10分ほど長くかかっているが、

上位の選手ではその差が少ないようである。


富士登山競走の醍醐味としても、登りが早くなくては。

つまり、私がタイム短縮を狙うには、五合目からの後半を

いかに攻めるかが重要となる。

昨年は八合目辺りから栄養不足を感じる状態になり、

登るパワーが無くなってしまったようで、その点の克服や

トレーニングの成果として、大幅な記録更新を狙いたかった。


さらにその後半2時間をわかりやすくすると、

八合目まで 1時間半

山頂まで 30分




登りで私が意識することは、自分のペースを乱さないこと。

呼吸ペースと足取りのペースは、他の選手に影響されずに

自分のペースを一定に、別の言い方をすれば、ペースダウンさせずに、

一定を維持することが大切と考えた。



↑ここまでが理屈

実際に登り始めてみると、周囲の選手とは実力伯仲で、

追い越したり抜かされたりすることがあまりなかった。
CIMG3534.jpg

しかし筋肉はギリギリのところで踏ん張ってくれている状態でだった。
CIMG3535.jpg
岩場では、手袋をした手も使って登る。
CIMG3539.jpg

八合目の関問を通過した時点で、「おや、計算間違いだろうか、速くなっていない」

そんなことに気付き、明らかに3時間40分切りは間に合わないことを悟る。
CIMG3544.jpg

気持の上では、昨年より速いペースでコンスタントに登ってきたのに。

下を見ればこんな感じ。
CIMG3540.jpg

8合目から上では確かに空気が薄いのか、呼吸の効率の悪さと、

頭がぼーっとする感覚を感じる。

でも昨年とは違い、栄養の枯渇は感じずに済んだ。

前日までの栄養の蓄積と、レース中の補給が少しは良い結果になったようである。


鳥居を過ぎ、もう少し。

脚の筋肉がギリギリの状態で、これ以上パフォーマンスを発揮できない感覚だが、

ラストスパートは気持だけでペースアップ出来て、何名かのランナーを抜かすことができた。

そして駆け込むようにゴール。

タイムは3時間45分弱。

昨年より7分の短縮。

筋肉がプルプルしそうな感覚で立っているのがつらく、すぐに座らせていただいた。
CIMG3550.jpg

あらためてタイムを考えたが、3時間40分を切ることはできず、

昨年からの短縮幅の小ささに、ちょっと納得がいかず、

何が悪かったのかと、すでに反省モード。
CIMG3551.jpg

じっとしていられず、4時間までにゴールするランナーを見届けたら、
CIMG3553.jpg

お鉢めぐりに出発。
CIMG3559.jpg

昨年は蝶を2匹見つけたが、今年は逢わなかった。

山頂の郵便局から、長男宛ての暑中見舞いを出して、ゴール地点に戻ったら、
CIMG3567.jpg

ここから、長い下山のはじまり。

ここでは、明日以降にダメージを残したくなかったので、

マイペースにゆっくり下りた。

おかげで、翌日以降、筋肉痛は全くなかった。


下山中、足をくじいた息子を背負って下山する父親を見たので、

「交代しましょうか」と声をかけた。

お父さんはそうしたかったようだが、息子さんが私を見て

交代して欲しくない素振りをしたので、お父さんの頑張ります

の言葉を聞き、先に下山してきた。

あの父子は無事に下りてきたのだろうか、

もう2度と山に行きたくないとは思っていないだろうか? 今も気なる。



ゆっくり下山してきたため、びんたろさんに会えなくなってしまい、

再会はお預けとなった。


登山競走のことを考え、摂生に努め、毎朝のジョギングを自分に課し、

階段中心の行動をして、食生活と栄養の管理をして臨んだ今回の大会。

タイムを縮めるために立てたいくつかの仮説に基づき練習をし、

結果が出ない点もあったため、また新たな仮説も今年、立てることになった。


とは言え、来年への気持ちは、今はまだ白紙である。
スポンサーサイト
コメント
さすがです。
ホント素晴らしい~~~。ナイスラン!!!
そのタイムだと全く渋滞ないですね。そんなところ走って見たいです。
負けず嫌いな自分ですが、Happy Windさん好記録がうれしい!!
でも、負けんよ(笑)
歳だけは(爆)
【2011/08/02 23:22】 | びんたろ #- | [edit]
びんたろさん、ありがとうございます。
気持ちの中では先を走っているびんたろさんに追いつこうという気持ちでいつも練習してきました。
平地では、びんたろさんには全く及びませんので、まだまだ目標の存在として追いかけさせていただきますよ。
でも次は、違う種目で追いかけようかとも・・・
【2011/08/03 13:16】 | Happywind #dPPT3HLQ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/299-764dd5c9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。