スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

自転車で転倒!

 2008-06-08
やってしまった!

一昨日、自転車で得意先へ移動途中、転倒してしまった。

単独の転倒で怪我も無く、周りの人や物に被害を及ぼすことも無く、
その点は「良かったぁ」と安心しました。

でも倒れて体の側面から落ち、太ももの筋肉を打ってしまった。
それがとても痛い。


いつも私は自転車で移動することが多い。
スーツで、平均20-30km、遠い時には往復50kmくらいを走っている。
道路交通法が改正され、自転車の通行規則が明確になったが、
以前から車道をかなりの速度を出して(ハァハァ言いながら)走っている。
時間の節約にもなり、トレーニングにもなると思い、最近では行動範囲が拡がっている。


そもそもどんな状況だったのか。

転倒した時には歩道を走行しており、スピードは出ていなかった。
人も少ない狭い歩道だった。
(車道も極端に狭い場所だったのでスピードを落として歩道に入った。)

今から考えると、速度を落とした事で、気を抜いたと思う。
更には最近の雑務が溜まっていたことで疲れてボーっとしていた。

右に自転車が止めてあり、

そのハンドルが気になったので、

少し左にハンドルを切るため、

左後ろを首を回して確認した(人や自転車はいない)

前を向いて、自転車をよけたつもりが、

置いてある自転車のハンドルと、自分の自転車のハンドルが接触

自分のハンドルが完全に引っかかり右に取られ、

左前方に投げ出されるように、体の左側面から落下し着地。

周りを確認。(人や物には危害を及ぼしていない)

(ハズカシー!)直ぐ立ち上がって、

この後、珍しくプレゼンがあったため、慌ててスーツのほころびを確認。

良かった、スーツは奇跡的に大丈夫!

因みに、腕の辺りは血がにじんでシャツについていたため、
次の取引先では上着は脱ぐわけには行かなかった。

直後に思ったことが、ネガティブな独り言(思うことも)は言うまいと決めた。

先日読んだコーピングの本でセルフトークの大切さが書いてあった。

「参ったな」「ドジだな」などの言葉も考えないようにと決めた。


でも、体の左側面が、痛い!

骨折はしていないが、痛い! 走れないかも・・・・

その後、痛みが酷くなり、階段の昇り降りが出来ないまでになってしまった。

太ももの筋肉を打ったため痛いが、これは筋肉が損傷して減ってしまうのか心配。

でも生きていればこういったこともあるだろう。

そんなことも含め経験してゆくことは、ベテランランナーへの通過点だろうと思った。

大きな事故を引き起こさないための戒めにもなる。


翌日も普通に歩くの事すら支障があったものの、今日は普通に歩けるようになった。
ご安心ください。
シップをして徐々に良くなっています。
あと1,2日で走れるだろうと思っています。

でも、1週間後には、初レースが待っている。
事前にコンディションを完全にするには、余裕が少ないものの、
レースに慣れることが目的の出場なので、それも良いでしょう。


とにかく、これを読んで下さった方も、自転車や車に乗る時には、

くれぐれも、気をつけてください。
スポンサーサイト
コメント
自転車は怖いですよねー。私も傘をハンドルにかけていたところ、タイヤに挟まって転倒したことがあります。気をつけてくださいね!レースも近いことならなおさらね。
でも毎日乗ってるならいいトレーニングですよね♪私は一度、品川近辺から秦野まで往復160kmの自転車の旅に行ったことがあります。ひたすらこぎ続けて・・ぐったりでした^^;
【2008/06/08 18:48】 | かおちん #cwHBdaMk | [edit]
かおちんへ、コメントありがとうございます。
やっぱり自転車に長年乗っていると皆、大小いろいろな経験があるものですね。
ところで160kmの自転車ツーリングとは、すごいですね。
かおちんはスポーツをするときはダイナミックですね。
【2008/06/09 19:14】 | HappyWind #dPPT3HLQ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/53-7c73fba5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。