スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

続 西湖レース2【富士登山競走のコースでトレーニング・登り編】

 2008-06-16
続 西湖レース2

レースの後、ゆっくりとウェアやシューズなどを見た後、
車に乗り込みカーナビにセットした行き先は、『北麓公園』。

西湖のレースに参加しに来たものの、私の中で楽しみだったメインディッシュは、
こちらだったのです。

富士登山競走に出ようなどとは考えていませんが、トレーニングとして登ってみたかったのです。


これまで富士山山頂へは3回ほど(いずれも20代の頃)登ったことがあります。
内2回は、グライダーを業者に山頂まで運んでもらい、山頂からのテイクオフを試みましたが、
どちらも強風で実現しないまま終わりにしてしまいました。


レースでは、アミノ酸飲料のおかげもあってか、疲れた感覚は全く無く、
準備運動はバッチリといった、スタミナたっぷりの状態でした。
(ただ昼にはバナナ2本しか食べなかったことが、後々大きく響くとは・・・)
さて、車を停めたのは、北麓公園にある大駐車場。
【本日の閉門時間17:30】という看板があり、14時過ぎに出発。
吉田口登山道からいざ出発。

早速、緩やかな登りの舗装道路を走るものの、たったこれだけの緩い登り
がこんなにもきついとは・・・と先の不安が大きくなる。

舗装道路が終わる【中の茶屋】へやっと到着 ここまで約3.0km18分
DSCF3706.jpg
ここからコンクリート舗装の長い道が続き
DSCF3707.jpg

やっと【馬返し】まで到着 ここまで 約3.4km 18分
DSCF3710.jpg
DSCF3712.jpg
ここがスタート地点でもあるのに、もうくたくた。
本当のことを言えば、ここに来るまでに数回歩いてしまった。
小休止。
ここまで車で来ている人も多いようである。

一合目の小屋 ここまで 25’35
DSCF3713.jpg

二合目の小屋 ここまで4’50
DSCF3714.jpg
この辺りになると、走るよりも歩いている時間が長くなってしまった。
かなり苦しいものの、神秘的な森の雰囲気が爽やかで、ワクワクする。
こめかみの血管がドクンドクン脈打つのがはっきり判る。
血管が破れはしないか、気になるほど。

三合目の小屋 ここまで13’10
DSCF3718.jpg

四合目の小屋跡 ここまで6’45
DSCF3721.jpg

五合目の一つ目の小屋 ここまで9’45
DSCF3722.jpg

五合目の二つ目の小屋 ここまで4’20
DSCF3724.jpg

道路に出て、ここまでにするかなと小休止。ここまで10’30
(ここが五合目なのかなと、気が緩む)
DSCF3726.jpg


登ることに夢中で気付かなかったが、お腹が空いて堪らない。
アミノ酸飲料だけしかリュックに入れてこなかった。
車中のバナナが目に浮かぶ。

ところが、webでみた光景をまだ見ていない気がするので、どうしても上が気になる。
でも下山にかかる時間を考えると、そろそろ引き返さなければいけない。


この時に私は、下山にかかる時間を甘く見て、

なんと上へ進み始めてしまった。

この事を、後で後悔するとは・・・・

続きは次回に。
スポンサーサイト
コメント
Happy Windさんすごいなー。行動的!
でも初ハーフの後に登るとは、ほんとハーフが物足りなかったに違いないよね(笑)
でも実は、こういうとっぴな行動は私もよくやるので、すごく共感できます。
続きが楽しみだねーo(*^▽^*)o~♪
【2008/06/17 08:37】 | かおちん #cwHBdaMk | [edit]
かおちんへ、突拍子も無い行動を起こすこと(本人はそれほどとは思っていないのですが)はよくやりますが、似てますね。
でも思い立ったが吉日、その瞬間がベストタイミングで、とにかく行動ですよね。
でもこれって、「血液型」って言われてしまうのかな・・・
【2008/06/18 06:16】 | HappyWind #dPPT3HLQ | [edit]
こんにちは! 
いやーハーフの後登るとは凄いっすね!!

あたしも富士ヒルクライム(チャリレース)の後登りましたが、もうボロボロ・・・

中の茶屋~馬返しが18分だと5分10秒/キロ位だから、山の神様達といい勝負かもですよ。。。

もう来年はやるっきゃ無いですね。
富士登山競走(=チマタでは変態ドM達のレース)で待ってまーす(笑)
【2008/06/18 12:37】 | Leeds #- | [edit]
Leedsさん、ありがとうございます。
確かにボロボロになりますね。
登山競走は考えてはいけないトップクラスの方々の参加するものと思っていたのですが、ちょっと興味が出てきてしまいました。
今年の夏に山頂まで登ってみて、そのタイムで考えてみようかなとも思い始めています。
そうなるとこれからの1年間、かなりのトレーニングをしないといけませんね。
【2008/06/19 06:38】 | HappyWind #dPPT3HLQ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/61-0c868ef3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。