スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

足音が違う

 2008-07-29
昼に、ある大学の前を通ったら、炎天下の中をランニングしている人が数名いる。

暑い日中ではなく、夜走れば良いものを、と思うが、
そういっている自分も、片道15kmくらいの顧客先へ、自転車で向かっている。

その時、一人で走るランナーとすれ違った。

細身で、体がバネのような印象を受ける元気良い走りだった。
それでいて、他のランナーと違い涼しい顔をして走っている。
若いと、そんな余裕も持ちながら走れるのかなぁ、
と羨ましくなった。

うん?何かが違う!


すれ違った瞬間に、自分の走りとは何かが違うと感じた。


何だろう?

・・・・・・

足音が違うかもしれない。

文字で違いを表現するのは難しいが、

私の足音は、「パタッ、パタッ」

すれ違ったランナーは、乾いた感じの「ギュ、ギュ」


この違いを自分なりに考えると、2点の原因に辿り着いた。


1つは、シューズのソールの厚み

しっかり見はしなかったものの、そのランナーのシューズはの靴底は

薄くクッション性が少ないように感じる。

つまり、上級者向けのシューズでは無いだろうか。

(私のはビギナー向けの一般的なシューズ)


もう1つは、足が着地している時間

そのランナーは、バネを感じさせるような足の動きをしていて、記憶の中の映像では

私よりも接地している時間が短い。

でもピッチが速いとか、ストライドが長いという印象は無かった。

違いは、足を振り子に見立てたときに、そのランナーの足は、

足が上がっている分、振り子のスピードが速いように思う。


どちらが好ましいかはっきりとした根拠は無いが、

そのランナーは涼しげに走っていて、もっと速く走るのは容易そう。


では私が、近付くにはどうしたらよいか?

私の振り子(足)は太くて重い!

とにかくカバーするには、足の筋肉を鍛えるしかないかもしれない。


ピッチ走法は、足を太くしなくて済むと聞いたことがあるが、

私の体だと、それでは速く走れないようである。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happywind40.blog43.fc2.com/tb.php/91-277702a9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。